WIP Insanity。 丸編みの二重編み

以前にも書きましたが、二重編みのリブの編み方のチュートリアルを書いたのは、その種の情報の検索でたくさんの訪問者を得ていたからです。 さて、私の訪問者統計で多く得られるもう一つの種類の検索は、丸編みの二重編みの方法です。 というわけで、こちらも書いてみようと思います。 幸いなことに、これは複雑な概念ではないので、大きなチュートリアルにはなりませんが、 🙂

まず最初に、二重編みが実際にどのように機能するかをカバーする、二重編みについてのチュートリアルを読むことをお勧めします。

また、私が両面編みの「正しい側」と「間違った側」について話すとき、本当はお互いを区別するためにラベルを付けているだけであることを心に留めておいてください。

  1. 輪を作る。
  2. ねじれないようにしながら輪を作る。
  3. 右側が常に自分の方を向いていることを意識しながら、模様を作る。

以上です。 丸編みの二重編みで知っておくべきことは、平編みの二重編みですでに知っていることで、不思議なことは何もありません。 むしろ、平編みより二重編みの方がずっと簡単です。”さて、どっちを向いているかな?”と考える必要がありませんから。 チャートの四角形に直面したときにやるべきことは決して変わらないからです。

どういうことかというと、例えば、チャート上にAの色の四角形があるとします。 この正方形が意味するところは、右側を向いているときは、Aの色で一針編み、Bの色で一針縫う必要がありますが、反対側を向いているときは、Bの色で一針編み、Aの色で一針縫うということです。 しかし、二重編みの場合は、常に同じ面が自分の方を向いています。 ですから、先ほどの図のA色の四角は、A色で一針編んでからB色で一針編むということになります。

そして、これだけです。 他はすべて同じで、1つの色で両方の糸を裏にして1針編み、次の1針は別の色で両方の糸を表にして縫うのです。

コメントする