What Hard Hat Color Do You Need on Your Job Site?

Active work sites can be busy and potentially dangerous place.

ハードハットは、作業者の頭部を快適に保護するように設計されており、職場での怪我を減らすのに大いに役立ちます。 しかし、一般的に受け入れられている業界標準がいくつかあり、他の多くの現場と一致する、より安全で整理された作業環境を提供するのに役立ちます。

ここでは、現在施行されている連邦標準に関するいくつかの情報、特定のハードハットの色が通常何を表しているか、なぜあなたの職場を色分けしたいと思うかもしれません。 OSHA ガイドライン

The Occupational Health and Safety Administration (OSHA) implemented industry-wide guidelines for hard hat in 1970s.そのようなハードハットの業界標準があります。 高熱による火傷、電気傷害、落下物や飛散物、衝撃傷害を引き起こす可能性のある不規則な表面や動く表面などの可能性があるあらゆる作業環境において、労働者は保護ヘッドギアの装着が義務付けられています。

OSHA は、どのような種類の仕事にハードハットが必要かという明確なガイドラインを提供していますが、特定の労働者の役割にどの色を使用すべきかは指定していません。

ハードハットのカラー オプション

1919 年にブラードによって初めて特許を取得し、真のハードハットの初期のバージョンのひとつは単一色、つまり黒でした。

特定の業界や現場によって違いはありますが、一般的に受け入れられているハードハットの色の意味は以下の通りです。

ホワイト ハードハット
他の色の海で見つけるのは簡単ですが、ホワイト ハードハットは通常、マネージャー、建築家、エンジニア、現場監督などの監督者ポジションの人が着用するものです。

グリーンハードハット
一般的に現場の安全管理者や検査官が着用し、新入社員や研修生もグリーンを着用する。

イエローハット
重機やアースムーバーを操作する労働者、一般建設労働をする従業員がよく着用するのはイエローだ。

Brown Hard Hat
溶接など高熱の作業を行う作業員は、通常Brownを着用する。

Orange Hard Hat
その高い可視性から道路工事従事者はほとんどオレンジ色の帽子を着用。

Blue Hard Hat
Electricians and carpenters often wear blue hats.Have a new hires and site visitors.

Blue Hard Hat
They are often wear blue hat.

Red Hard Hat
消防士や緊急訓練を受けた従業員は、赤い帽子をかぶることが多い。

灰色のハードハット
これは、作業現場の訪問者に発行されることが最も多い。

ピンクハードハット
これは女性労働者に最も人気がある傾向があるハードハットである。

Benefits of a Color-Coding System

She is no federal or state rules that govern what each hard hat color signsifies, you are free to choose any color of safety headgear for your work site. しかし、すべての従業員を同じ色にすることを決めても、法律を破ったり罰金を払うことにはなりませんが、指定されたカラーコーディングシステムを持つことを検討したいと思うかもしれないいくつかの正当な理由があります。

  • 色分けシステムは、従業員が質問をしたときに特定の人を見つけやすくすることで、勤務の合理化に役立ちます。
  • 監督者は、従業員の特定のグループが現場で作業している場所を一目でわかります。
  • 役割別の色はほとんどの現場で標準となっており、一般に認められた規則に従っていれば連続性を確保できます。
  • 安全頭巾は必ずメーカーから希望の色を購入しましょう。 塗料やその他の着色料には、ハードハットの外殻を弱めたり傷つけたりする可能性のある化学物質が含まれており、職場での怪我につながる可能性があります。

    Choosing the Best Hard Hat Color for Your Worksite

    Using the color-coded system has the potential to make your job site run more smoothly and can even make the work environment safer.Type of color-coded system (カラーコードシステム) は、現場をよりスムーズに、より安全にすることができます。

    しかし、安全ヘッドギアを選択する際に考慮すべき最も重要な要因は、高品質の構造と、従業員が行う特定の種類の作業に製品モデルが適合しているかどうかです。 ハードハットが仕事に適した色であっても、それが適切な材料で作られていなかったり、適切な安全機能を備えていなければ、それは間違った選択である。

    必ずOSHAガイドラインを参照して、従業員が行う特定の作業に対する推奨スタイルを決定し、次に希望の色で適切な安全ヘッドギアを注文していただきたい。 色は品質の高い構造と安全機能よりも重要であることはないとはいえ、幅広い色の選択が可能なため、現場に最適な色で適切な機能を見つけることが容易になるはずです

    コメントする