UnderstandingPrejudice.org。 The Psychology of Prejudice

The Contact Hypothesis

偏見を減らすために最も多く研究されている技術のひとつが、グループ間接触です(Hewstone & Brown, 1986)。 ゴードン・オールポート(Gordon Allport, 1954, p.281)は『偏見の本質』の中で次のように仮説を立てている。

偏見は(個人の性格構造に深く根ざしていない限り)、共通の目標を追求するために多数派と少数派が対等な立場で接触することによって減少する可能性がある。 この接触が制度的支援(すなわち法律、慣習、地域の雰囲気)によって承認され、2つのグループのメンバー間で共通の利益と共通の人間性を認識させるようなものであれば、効果は大きく高まる」

この主張は、現在「接触仮説」として広く知られ、幅広い研究支援を受けている。 25カ国からの203の研究–9万人の参加者を含む–のレビューにおいて、Thomas PettigrewとLinda Tropp(2000)は、94%の研究が接触仮説を支持していることを発見しました(つまり、94%の時間、グループ間接触が増加すると偏見が減少する)。 接触を利用して偏見を減らすことの問題は、接触仮説が間違っていることではなく、オールポートが示した条件を満たすことが非常に困難であることである。 現実世界の多くの環境では、イスラエル人とパレスチナ人、白人と黒人、長年の市民と最近の移民など、地位が不平等なグループ間の対立や競争によって偏見の火が焚かれる(Esses, 1998; Levine & Campbell, 1972)。 競争と不平等な地位の条件下では,接触は偏見を減らすどころか,むしろ偏見を増大させることさえある。 たとえば、アメリカにおける学校分離の期間中とその後に行われた研究のレビューでは、以下のように述べられている。
重要なのは、共通の目標を追求するために協力的で相互依存的な相互作用につながる状況を作り出し、人々が「我々と彼ら」から「我々」に再分類するようシフトすることである(Desforges et al., 1991; Dovidio & Gaertner, 1999; Sherif, Harvey, White, Hood, & Sherif, 1988)。 教室での研究により、協同学習の技法は人種や民族の区分を超えて生徒の自尊心、士気、共感を高め、また多数派の生徒の成績を損なうことなく少数派の生徒の学力を向上させることがわかった(Aronson & Bridgeman, 1979)。 これらの手法の中で最も早く研究されたものの一つである「ジグソー教室」は、生徒を人種的に多様な小グループに分け、各生徒に与えられたテーマに関する重要な情報の断片を与える(それによって、各グループメンバーが他のメンバーにとって不可欠な存在となる)ものである。 ジグソー法はもともと人種的偏見を減らすために特別に開発されたもので、数十年にわたる研究により、積極的な異人種間接触を促進する効果が高いことが示唆されている(Aronson & Patnoe, 1997)。

Page 24 of 27





©2002-2021, S. Plous

コメントする