Ronald E. McNair Post-Baccalaureate Achievement Program

Ronald Ervin McNairは1950年10月21日にサウスカロライナ州のレイクシティで生まれました。 1971年、ノースカロライナ州立大学(グリーンズボロ)で物理学の学士号を優秀な成績で取得しました。 1976年、マサチューセッツ工科大学で物理学の博士号を取得した。 博士号取得後、1万人の応募者の中からNASAでの研修生に選ばれる。 1984年、博士はアフリカ系アメリカ人として2人目の宇宙飛行士となった。 2年後の1986年1月28日、2度目の宇宙飛行の際、スペースシャトル「チャレンジャー号」の爆発事故で7人の乗組員の一人として命を落とした。 ロナルド・E・マクネア博士の早すぎる死を受けて、1989年、米国教育省は博士に敬意を表して「ロナルド・E・マクネア・ポスト・バカロレア・アチーブメント・プログラム」を創設しました。

Ronald E. McNair Scholars Program は、大学院への進学を目指す学生を対象としたプログラムで、連邦政府 TRIO Programs に含まれ、低所得者や第一世代の学生、歴史的に認められていない学生の多くを支援しています。 マクネア所長、プログラム・コーディネーター、大学院生アシスタントが、専門的な学習アドバイス、入学手続き、学資援助申請などの支援を行います。

夏季には、有給の研究インターンシップであるサマー・リサーチ・インスティチュートに参加し、

  • 深い研究体験
  • 教員と1対1で働く
  • 大学院への出願方法を学ぶ
  • 全国の他の学部生とネットワークを作る機会

などを提供する。

コメントする