Richard Neutra’s Kaufmann House epitomises desert modernism in Palm Springs

Palm Springsでモダニズム週間中の最高の建物を紹介するシリーズの第2回は、このスタイルの住宅建築で最も尊敬されている例の一つ、Richard NeutraのKaufmann Houseを紹介します。

1946年に建てられたこの箱型の2階建ての住宅は、カリフォルニアの砂漠の乾燥した気候に合わせて、フラットな屋根、薄い外壁、日陰の屋外スペースなど、近代建築の多くの決定的な要素を持っています。

Photograph by Stephanie Kloss from her California Dreaming series

大きな岩、サボテン、ヤシ、砂地の庭などの景観とともに、風を通す屋内と屋外スペースを作り出す、すだれ状の金属の壁が特徴的です。 96>

Photograph by David A Lee

パームスプリングスの家は、朝日と夕日を最大限に楽しむために、主に東西方向へ配置されています。 96>

大きなガラスのスライドドアを開けると、垂直で可動式の金属製フィンが並んだパティオがあります。 96>

Photograph by Flickr user Rocor

家のプランは十字型で、中央に四角いリビングとダイニングルームがあり、両翼が基軸方向に伸びています。

南棟は、巨大な石の壁で区切られた2つの屋根付き通路からなり、もう1つのオープン通路は、中庭を通り、2つのゲストベッドルームへと北に続いています。

Photograph by Flickr user Joe Vare

カウフマン邸は、現代建築運動の中心人物だったノイトラが建てた最も有名な作品の1つです。 ノイトラは、カリフォルニアの温暖な気候に適した住宅を設計し、十分なグレージング、箱型の構造、明るいファサード、屋外リビングエリアなどを用いて賞賛された。

建築家は、オープンで多目的のスペースを持つ「何でもできる」デザインの重要性を唱え、「変化する家」という概念を、1947年にロサンゼルスタイムズ紙に執筆した記事の中で作り上げた。

Photograph by Tom Blachford from his Midnight Modernism series

1892年にウィーンで生まれたノイトラは、建築家アドルフ・ロース、マックス・ファビアニ、カール・メイレダーの下で学びました。 1923年に渡米し、フランク・ロイド・ライトや親友のルドルフ・シンドラーらと仕事をするようになる。 ノイトラは1930年に独立し、シンプルな幾何学模様、きれいなライン、風通しのよい構造に基づいて、カリフォルニアの住宅を数多く設計しました。

Photograph by Tom Blachford

彼のプロジェクトのいくつかは、ハリウッドから2時間東という場所のおかげで、20世紀半ばに近代建築家の温床となったパームスプリングスに配置されています。 1950年代から60年代にかけて、映画スターや有名人が建築家を雇い、当時流行していた現代的な週末の住居を建てました。

カウフマン邸は、一時期アメリカの歌手バリー・マニロウが所有していましたが、その後1990年代にマーモル・ラジナー+アソシエイツによって改修が行われました。 プールハウス、テニスコート、屋根に並ぶシートメタル・フェイシアなど、細部が復元されています。

Photograph by Tom Blachford

敷地もノイトラの構想に合わせ拡大し、元の建築に合うようにユタの石切場から採掘した石材が使用されました。 96>

Photograph by Tom Blachford

Palm Springs は、毎年恒例のモダニズム週間が行われる2018年2月15日から25日まで、そのモダニズムのメッカとしての地位を讃えています。

Dezeenは、このイベントに合わせて、アルバート・フライとロブソン・チェンバースによるトラムウェイ・ガスステーション(現在はパームスプリングス ビジターセンター)をすでに取り上げたシリーズの一環として、この街のミッドセンチュリーの建築物の最も重要な例を毎日公開している

コメントする