NEGATIVE PE RATIO – What to Do?

最近、マイナスのPEレシオについて心配する読者からメールをいただきました。

「PERがマイナスのとき、どうすればいいのか」

例えば、A株が
PER = -17.65
P/B = 0.35

例えば、B株が
PER = 9.25
P/B = 4.25

この状況でどうすればいいのか? もっと株を買うべきか、この株を売るべきか、この株を保有すべきか」

まず、あなたの頭が正しい場所にあるので、これは素晴らしい質問です。 あなたはバリュエーションの重要性を掴み始めていて、複数のバリュエーションを使って分析しながら銘柄を比較していますね。 これは、確かなファンダメンタルズ分析への素晴らしい足がかりとなります。

あなたの質問に答える前に、私はあなたの投資判断について個人的にアドバイスすることができないという注意点を提示しなければなりません。 法律違反です。 そのため、これらが実際に所有している可能性のある銘柄である場合、私は何をすべきかを指示することはできませんので、ご自身の判断で行ってください。

さて、株を買うとき、私は「株式市場を理解するための7つのステップ」にあるように、3つの破れないルールをしっかり守っています。 その3つのルールとは、次のようなものです。

1. 利益がマイナスの株は買わない
2.株主資本がマイナスの株は買わない
3.配当のない株は買わない

すぐに気がつくと思うが、個別銘柄では利益がマイナスであることは大きな警告サインである。 (年間収支のマイナスのことです)。 企業が利益を生み出すという本来の機能を果たせないのであれば、これは問題であり、その企業には手を出すべきではない

以前は赤字だった企業が厳しい状況から立ち直り、新たな高みへと舞い上がるという話は聞いたことがあると思います。 しかし、回復の話を聞くたびに、回復せず、株主を殴り続けている会社が10社はある。

私を信じて、毎年毎年、利益、つまりプラスの年間収益を生み出し続けている成功した会社をたくさん見つけてください。 これらは、しばしば事実上最高の投資を行うものです。

株式が負のPEレシオを獲得する方法は非常に簡単です。

そのため、PBRが0.35と非常に魅力的であるにもかかわらず、マイナスPER17の上記の株式Aの例は、実際にはバリュープレーというよりもバリュートラップを示唆しています。 私の研究を見てください。 私は、過去20年間の主要な倒産を広範囲に調べ、倒産しそうな企業の特徴がどのようなものかを学びました。 このような場合、「このままではいけない」ということで、「このままではいけない」ということで、「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」「このままではいけない」ということで、「PEレシオがマイナス」になったわけです。 マイナス決算の企業は、時限爆弾です。

あなたのような慎重な投資家は、そのようなドラマに身を置くべきではありません。

PEレシオがマイナスになることは絶対に避けるべきです。

B株に関しては、私は他の株と同じように扱います。 PERは低いが、それに対応するPBRは高い。 今、Bのような銘柄を保有していたら、おそらく保有すると思う。 しかし、買い増しするかどうかということになると、市場の他の機会と自分の選択肢を比較検討しなければなりません。

言い換えれば、より低い評価額でより良い株のアイデアを見つけることができれば、私はむしろ株Bではなくそこに新しい資金を投入します。

コメントする