J-2 Work Permission

J-2滞在資格の場合、米国移民局(USCIS)に雇用許可証(通称:EADカード)を申請することが可能です。
USCISでの手続きにはかなりの時間がかかり、EADを受け取るまで就労はできません。
それでは始めましょう!
まず、就労許可の申請時には、米国に滞在し、J-2のステータスでなければなりません。
2種類の政府関係書類と7種類の補助書類が必要です。 ご安心ください。 書類のチェックリストやその他の関連情報は、すべてISSOのウェブサイトに掲載されています。 私の妻がJ-2就労許可を申請したときも、必要な情報はすべてこのサイトに掲載されていました。
最初の書類は、USCISが申請を受理したことを通知するためのフォームG-1145の原本です。
次に必要な書類は、フォームI-765申請書の原本です。 このフォームで、まだ社会保障番号をお持ちでない方は、社会保障番号の取得を申請することができます。 雇用を開始するためには、EADに加えてSSNが必要です。
次に、補足書類を簡単に確認します。 ISSOのウェブサイトから具体的な手順を参照することができます。
まず、あなたとJ-1配偶者両方の現在および過去のDS-2019フォームのコピーが必要です。 各フォームの最下部に署名していることを確認してください。
また、あなたとJ-1配偶者のパスポートのバイオグラフィーデータページのコピーもお送りください。
次に、あなたの最新のJ-1およびJ-2ビザのページのコピーです(カナダ出身の方は、ビザが免除されているため必要ありません)。
あなたと配偶者の最新のI-94到着記録のコピーも必要です。 写真は申請書送付時に30日以上経過しているものは不可です。
さらに、就労許可を申請する理由を説明する簡単なカバーレターが必要です。
最後に、USCISに手数料を支払わなければなりません。 個人小切手、銀行小切手、郵便為替で支払うことができます。 クレジットカードの使用は、問題が報告されているため、ISSOでは推奨していません。
申請書をUSCISに送付する前に、必要なものがすべて揃っているかを再度確認してください。 USCISに申請書を送付する前に、全ての書類が揃っているかを再度確認してください!ページや署名の不足を含め、全ての書類が揃っていない場合、USCISは申請を拒否することができます。
ISSOはFedExやUPSなどの宅配便を利用することを強くお勧めします。宅配便は配達を保証し、追跡番号を提供してくれます。

コメントする