Illuminate SF'’s annual Festival of Light brings holiday cheer to San Francisco

今年の光の祭典には、ゴールデンゲートパークの150周年を記念したインスタレーションが新しく加わりました。 日没後にSkyStar Observation Wheel(毎日午後10時まで営業)に乗った後は、隣接する120年の歴史を持つSpreckels Temple of Music Bandshellをチェックしてみてください。 12月10日からは、ピーコック・メドウで、SF在住のアーティスト、チャールズ・ガデケンの魅惑のワンダーランド「エントワインド」を体験することができます。 2月29日まで開催されるこのインスタレーションでは、実物よりも大きな彫刻のような木々にイルミネーションの天蓋、2000個のLEDライトで構成された茂み、そして雨粒、吹き付ける草、池の波紋など、自然を感じさせる照明効果が盛り込まれています。

夜景を楽しみたい方は、ライト・アート・トレイルを徒歩でたどってみてください。 エンバカデロのウォーターフロントでレオ・ヴィラリアルの「ベイ・ライツ」を見てから、ハーヴェイ・ミルク・プラザの「ホープ・ウィル・ネバー・ビー・サイレント」を見て終了です。 途中、ジェニー・ホルツァーの「ホワイト・ライト」(セールスフォース・トランジット・センターのグランドホール内のLEDスクリーンにマヤ・アンジェロウなどの作家の言葉を表示)、ヘイズ・バレーのパトリシアズ・グリーンに仮設されたダナ・アルバニーの高さ17フィートのロボットにヒントを得た彫刻「タラ・メカニ」、全米で最も高いパブリックアート作品、ジム・キャンベル「デイ・フォー・ナイト」(セールスフォース・タワーの最上部にあり、130フィート)など9作品を見学することができます。

また、Brian Goggin と Dorka Keehn の「Language of the Birds」や、Laura Haddad と Tom Drugan が Pier 92 の187フィートのファサードにある穀物エレベーターとサイロ用に描いた壁画「Bayview Rise」などの昔懐かしい作品の写真を撮っておくことも可能です。 夜には、カラフルな作品は、変化するコミュニティを表現するために光が変化する「イルミネーション・アニメーション」に変わります。

// November 26 through January 23, 2021,illuminatesf.com

コメントする