Get all the dirt.

アメリカ初の大劇作家

20世紀初頭、ユージン・オニールが舞台に書き始めたとき、アメリカの劇場はボードビルとロマンティック・メロドラマに支配されていた。 ストリンドバーグやイプセンなどヨーロッパの劇作家の影響を受けたオニールは、偽りの感傷を排除し、人間の心の奥底を探るような演劇をアメリカで作り上げることを誓った。 1914年、彼は「私は芸術家でありたい、さもなくば何もない」と書いている。 その他、『ジョーンズ皇帝』『毛むくじゃらの猿』『エルツの下の欲望』『偉大なるブラウン神』『喪服はエレクトラに』などの人気作で、国際的な賞賛を浴びました。

オニールは新しい演劇技法を試し、異人種間結婚、男女平等、無意識の力、物質主義がアメリカの魂に及ぼす影響など、論争の的になる問題に果敢に挑みました。

タオハウスで書かれた彼の最後の作品のうち3つは、他の作品よりも際立っています。 氷菓』『夜への長い旅』『見果てぬ夢』である。 これらの自伝的戯曲は、「忠実なリアリズム」をもって、彼の他のほとんどの戯曲の背景にある、父、母、兄の呪われた姿を描いている。 9807>

30年にわたるキャリアの中で、ユージン・オニールはアメリカの演劇界を永遠に変えた。 1913年)
2.The Web(1913年)
3.Thirst(1913年)
4.Warnings(1913年)
5. 無謀なこと (1913年)
6. 霧(1914年)
7. パンとバター(1914年)
8. 映画人(1914年)
9. 東のカーディフへ(1914)
10. 堕胎(1914年)
11. 隷属(1914年)
12. 狙撃者(1915)
13. 個人的な方程式(1915年)
14. 朝食の前に(1916)
15. ナウ・アイアスク・ユー(1917)
16. イン・ザ・ゾーン(1917)
17. アイレ(1917)
18. 故郷への長い航海(1917)
19. カリブの月」(1917)
20. ロープ(1918)
21. 地平線の彼方』(1918)-1920年ピューリッツァー賞受賞
22. シェル・ショック」(1918年)
23. 夢みるキッド(1918)
24. 十字架の作られる場所(1918年)
25. エクソシズム(1919年)
26. 藁」(1919)
27. クリス・クリストファーソン(1919)
28. ゴールド(1920)
29. アンナ・クリスティ(1920)-1922年ピューリッツァー賞受賞
30. ジョーンズ皇帝(1920年)
31. ディフレント(1920年)
32. ザ・ファースト・マン(1921年)
33. 毛むくじゃらの猿(1921)
34. 噴水(1923年)
35. 溶接された(1923)
36. オール・ゴッズ・チラン・ゴット・ウィングス(1924年)
37. 楡の木の下の欲望(1924年)
38. マルコ・ミリオンズ(1925)
39. 偉大なる神ブラウン(1926)
40. ラザロは笑った(1926)
41. 奇妙な間奏曲(1928年)-ピューリッツァー賞受賞
42. ダイナモ(1929)
43. 喪に服してエレクトラになる(1931年)
44. あゝ、荒野 (1933)
45. 終わりのない日々(1933年)
46. 詩人の手ざわり(1935-1942)
47. More Stately Mansions (1936-1939), Unfinished
—- 1937年、ユージンとカルロッタはタオ・ハウスに引っ越す —-
48. アイスマンがやってくる』(1939年)
49. 夜への長い一日の旅」(1941)-1957年ピューリッツァー賞受賞
50. ヒュージ』(1941年)
51. A Moon for the Misbegotten (1943)

Online Resources

eOneill.com – 電子オニールアーカイブ。厳選した劇の全文、オニール作品の制作アーカイブ、その他学術的なリソースが含まれます。
Wikipedia – 「ユージン・オニール」の項目
Eugene O’Neill Society – ユージン・オニールの人生と作品、そして彼の作品が多くの場合、扇動者とモデルである演劇と劇場の振興と研究に取り組む非営利の学術的・専門的組織。
The Eugene O’Neill Theater Center – 1964年にジョージ・C・ホワイトがアメリカで唯一ノーベル賞を受賞した劇作家を記念して設立したオニールは、National Playwrights Conference、National Music Theater Conference、National Theater Instituteなどの拠点になっています。 また、オニール・センターは、隣接するニューロンドンにあるオニールの幼少期の家「モンテ・クリスト・コテージ」も管理・運営しています

コメントする