Dizygotheca elegantissima False Aralia1

Edward F. Gilman2

はじめに

レース状の幼葉には7~10枚の細いギザギザが手のひらのようについています (図 1)-

幼い葉には2本の指があります。 展開したときは銅色ですが、その後、非常に濃い灰緑色になります。 成熟した葉は全く違う印象で、重く、葉の幅も広く、粗いシルエットになる。

図1.葉は2種類とも同時に存在することがある。

ニセアラリア

一般情報

学名:Dizygotheca elegantissima

発音:diz-zee-goe-THEEK-uh el-uh-gan-TISS-simuh

一般名:ニセアラリア

科:ヒノキ科: ウコギ科

植物タイプ:低木; 木

USDA丈夫ゾーン。 10B~11(図2)

ゾーン10と11の植栽月:通年

原産地:北米原産ではない

用途:容器または地上のプランター、デッキやパティの近く、室内での栽培に適している、アクセント

利用可能:その耐性の範囲内で多くの地域で通常利用可能

図2.植え付け時期:6月~9月

図2.植え付け時期:10月~11月

図2.利用可能な地域: 北米全域 斜線部は植栽可能な範囲を示す。

Description

Height: 6 to 25 feet

Spread: 3 to 15 feet

Plant habit: upright

Plant density: オープン

成長速度:中程度

質感:良い

葉の配置:スパイラル

葉のタイプ:掌状複葉

葉縁:掌状。 lobed; serrate

Leaf shape: oblong

Leaf venation: none, or difficult to see

Leaf type and persistence: evergreen

Leaf blade length: 8~12インチ

葉色:紫または赤

秋色:紅葉なし

秋の特徴:派手ではない

図3.葉の色:紫または赤

図3.葉の色:赤

葉色:赤

ニセアラリアの葉

花色:白

花柄:夏咲

実の形:不明

実長:.mm以下.5 inch

果皮:多肉質

果実色:茶色

果実特性:目立たず、派手ではない

幹と枝

幹/樹皮/枝:派手、典型的には多幹または塊状の幹

現在の年の幹/小枝色:: green

Current year stem/twig thickness: thick

Culture

Light requirement: plant grows in part shade/part sun; plant grows in the shade

Soil tolerances: slightly alkaline; clay; sand; acidic; loam Drought tolerance: high

Soil salt tolerances: the same level, sosoal: 不良

株間:該当なし

その他

根:通常問題なし

冬の興味:特になし

優れた植物:特になし

侵入性:侵入性は知られていない

害虫抵抗:侵入性は知られていない

冬の興味:冬でも根は張る。

用途と管理

ニセアカシアは、屋内でも屋外でも、その独特の葉が背景の壁に興味深い影を落とすコンテナや玄関先で、観葉植物として熱帯の外観を提供する。 剪定して小さな木にすることもできます。

やや枝分かれした常緑小高木で、明るい光に強く、明るい日陰で最もよく育つ。

繁殖は空気層、挿し木、または種子によって行われる。

害虫と病気

線虫は土壌で問題となり、ダニとスケールは葉で深刻な問題となることがある。

大きな懸念となる病気はありません。

脚注

この文書はFPS180で、UF/IFAS Extensionの環境園芸部門のシリーズの1つです。 原著発行日1999年10月。 2014年2月に改訂されました。 EDISのウェブサイトはこちらhttp://edis.ifas.ufl.edu.

Edward F. Gilman, professor, Environmental Horticulture Department, UF/IFAS Extension, Gainesville, FL 32611.

食品農業科学研究所(IFAS)は、人種、信条、肌の色、宗教、年齢、障害、性別、性的指向、配偶者の有無、国籍、政治的意見または所属に関して差別のない機能を持つ個人および機関にのみ研究、教育情報およびその他のサービスの提供を許可する平等機会機関(Equal Opportunity Institution)である。 その他のUF/IFAS Extension出版物の入手に関する詳細は、各郡のUF/IFAS Extension事務所にお問い合わせください。
U.S. Department of Agriculture, UF/IFAS Extension Service, University of Florida, IFAS, Florida A & M University Cooperative Extension Program, and Boards of County Commissioners Cooperating.フロリダ大学・IFAS Extensionサービス、フロリダ大学・IFAS Extensionプログラム、郡委員会協力。 UF/IFAS Extension担当学部長 ニック・T・プレイス

コメントする