Biography ofWilliam Wordsworth

William Wordsworthは1770年4月17日にイギリス・カンバーランド郡コッカーマスで生まれました。 ワーズワスは、クリストファーとアン・クックソンの間に生まれた7人の子どものうちの2番目であった。 両親は彼が13歳になるまでに他界している。 一時期、別の親戚に育てられた後、ワーズワースは湖水地方のホークスヘッド文法学校に預けられる。 そこで彼は、文学と古典の名門教育を受けるとともに、イギリスの美しい田園風景にもふれた。 1787年、ワーズワースはケンブリッジのセント・ジョーンズ・カレッジに進学する。 1787年、ケンブリッジのセント・ジョン・カレッジに入学したワーズワスは、競争社会の中で勉学に励むことなく、詩を書き始めた。 1790年、ワーズワースは夏休みを利用して革命期のフランスを長期にわたって徒歩で旅行することを決意する。 そこで見た政治情勢に触発され、共和制に共鳴するようになる。 大学卒業後、フランスに戻った彼は、アネット・ヴァロンと出会う。 二人は情熱的な交際を始め、キャロラインという娘をもうけた。 キャロラインの誕生後まもなく、ワーズワースは資金繰りに行き詰まり、やむなくイギリスに戻ることになった。 1795年、親戚の遺産で、最愛の妹ドロシーと再会する。 1795年、親戚の遺産で最愛の妹ドロシーと再会し、やがて兄妹は一緒にサマセットに移り住み、詩人サミュエル・テイラー・コールリッジの近くに引っ越した。 ワーズワースとコールリッジは互いに刺激し合う関係を築き、やがて1798年に『リリカル・バラッド』を出版し、英国ロマン派の幕開けとなる。 この本には、ワーズワースの「ティンタン寺院の数マイル上で書かれた詩」とコールリッジの「The Rime of the Ancient Mariner」という、二人の代表作とも言うべき作品が収録されている。 1798年、ワーズワース、コールリッジ、ドロシーの3人はドイツに移り、ワーズワースは『前奏曲』と「ルーシーの詩」と呼ばれる詩集の制作に取りかかる。 1799年、ワーズワースは湖水地方に戻り、残りの生涯をここで過ごすことになる。 ワーズワースは、サミュエル・テイラー・コールリッジやロバート・サウジーとともに、「湖水地方の詩人」として知られるようになった。1802年、アン・ヴァロンと円満に別れた後、ワーズワースは幼なじみのメアリー・ハッチンソンと結婚した。 1802年、アン・ヴァロンと別れた後、幼なじみのメアリー・ハッチンソンと結婚し、5人の子供をもうけるが、そのうち2人は1812年に悲劇的な死を遂げている。 ワーズワースは、家族や妹とともにイギリスのグラスミアに移住した。 1843年にはロバート・サウジーの後任として桂冠詩人に任命されるなど、広く成功した。 1850年4月23日、胸膜炎のため死去。 グラスミアの聖オズワルド教会に埋葬される。 彼の偉大な自伝的詩『前奏曲』は死後に出版された

コメントする