Beethoven’s First Symphony: The Past Meets the Future

  • 1,509shares
  • 1.5Facebookでシェア
  • 38Twitterでシェア
  • 1
  • 0
  • 0

ベートーヴェンの第1交響曲は、大胆で若々しい活気に満ちた新人のように生き生きと湧き上がっている。 1800年4月2日、ウィーンのブルク劇場で初演されたこの曲は、一つの世紀に別れを告げ、次の世紀を待ち望んでいるようです。 当時、ドイツで最も権威のあった音楽雑誌「Allgemeine musikalische Zeitung」は「久しぶりに面白い演奏会だった」と報じている。 2307>

ベートーヴェンの第1番は、今でも古典的な交響曲であることに間違いはないだろう。 ハイドンやモーツァルトの影響が感じられる。 反抗的な若きベートーヴェンを指導したハイドンは、その5年前に最後の交響曲(第104番)を完成させており、モーツァルトの記念碑的な交響曲「ジュピター」はすでに12年前の作品であった。 ベートーヴェンの交響曲第1番は、純粋で広いハ長調の旋律で、「エロイカ」などの後期の交響曲のような衝撃的で革命的な火花はない。 しかし、この曲を聴くと、何か新しいものが生まれていることがわかる。 ベートーヴェン独特の声が感じられる。 これは巨人の交響曲であり、他の巨人の中で大胆に自分の位置を占めようとしているのです。 1800年当時の聴衆は、この曲が、手に負えないオペラの聴衆を黙らせるために必要な、力強い音楽の「秩序への呼びかけ」で始まると思っていたかもしれません。 例えば、ハイドンの交響曲第102番の冒頭は、オーケストラ全体が深いオクターブのBフラットになり、注意を引くと同時にホームキーを確立しているのを聴いてみてほしい。 ベートーヴェンの12小節の序奏は、ドミナントとトニックの和音列で始まり、母星を感じさせない、「間違った」ところから始まります。 最初の解決はヘ長調の輪郭を示し、2番目はハ長調をほのめかすだけで、3番目はト長調につながる。 そして、徐々に、音楽は雑草の中から抜け出していくのである。 初演を聴いたある評論家は「このような始まりは、広いオペラハウスでの壮大なコンサートの幕開けにはふさわしくない」と書いている

続く音楽は、突然の転調、ダイナミックの急激な変化、ベートーベンのトレードマークであるスフォルツァンドの刺戟に満ちている。 楽器の “合唱団 “の間で高揚した会話が繰り広げられる。 序盤のこのパッセージでの、スリリングな声の織り成しを聴いてほしい。 この膨大な音楽的登場人物の間の対話の感覚は、ほとんど目まいがするほどである。 アルゲマイネ・ミュージカル・ツァイトゥング誌の批評では、「管楽器が過剰に使われており、全体としてオーケストラ音楽よりもハルモニ(管楽合奏)の方が多い」と困惑している。 第1楽章のコーダ部では管楽器のハ長調の謳歌が持続し、ベートーヴェンの交響曲第5番の勝利の終楽章の種が聞こえてきそうだ。

第2楽章(Andante cantabile con moto)は、3/8拍子の優雅で魅力的なダンス風の旋律で幕を開ける。 まず、それを淡々とした一声で聴く。 そして、もう一声、三声と続き、最後には楽章全体が花開く。 ベートーヴェンはここで再び、古典派交響曲の常識を打ち破り、小編成の親密さに引きこもるのではなく、フルオーケストラを使用したのである。 第2楽章では、各小節の基本となる3拍子の感覚を時折狂わせるようなリズムのトリックに注目してください。 しかし、冒頭の小節が動き出すと、ハイドンの交響曲の優雅で堂々としたメヌエットの第3楽章とはかけ離れたものであることに気づかされます。 まるで、若き日のベートーヴェンが不遜な悪ふざけをして、我々の期待を裏切り、笑っているかのようだ。

最終楽章(Allegro molto e vivace)は、第1楽章の冒頭にあったような「秩序を求める」音楽で始まります。 そして、究極の音楽的なからかいとして、ヴァイオリンの中で、上行する3音の断片が暫定的に立ち上がります。 やがて私たちは、1音1音、シンプルなスケールが構築されていることに気づく。 そして、すぐに走り出す。 2307>

5大レコード

  • ベートーヴェン: 交響曲第1番 ハ長調 Op. 21、リッカルド・シャイー(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管) Amazon
  • クリストファー・ホグウッド&アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック
  • Sir John Eliot Gardiner and Orchestra Révolutionnaire et Romantique
  • Leonard Bernstein and the Vienna Philharmonic
  • Arturo Toscanini and the BBC Symphony Orchestra
  • 1.交響曲第1番 ハ長調 Op,509shares
  • 1.5Facebookでシェア
  • 38Twitterでシェア
  • 1
  • 0
  • 0

1.

コメントする