3 Reasons Not to Sleep With Your Phone in Your Bed

携帯電話所有者の約半数が、ベッドの横に携帯電話を置いてうたた寝したことがあるそうです。 しかし、携帯電話に寄り添うことは健康を害する可能性があります。枕が燃えているのを見つけて目覚めたテキサスの若者に聞いてみてください。

Camille Chatterjee

Updated February 08, 2021

スマートフォンでインスタをスクロールしているうちに眠ってしまった、あるいはわざとベッドに置いたままうたた寝してしまった経験はありませんか? Pew Internet Projectによると、携帯電話所有者の44%が、重要な電話やメールを見逃さないために、ベッドの横に携帯電話を置いたままうたた寝をしたことがあるそうです。 しかし、良かれと思ってしていることですが、携帯電話に寄り添うことは、あなたの健康を害する可能性があります。 その理由は、

枕に火がつくかもしれない

テキサス州のあるティーンは、最近、焦げた臭いで目を覚ましました。 原因は? 枕元に置いていたサムスンのギャラクシーS4が一部溶けてしまい、シーツやマットレスも焦げてしまったそうです。 具体的には、サムスン製以外の携帯電話の交換用バッテリーが原因だったようです。携帯電話の取扱説明書には、互換性のない携帯電話のバッテリーや充電器を使用しないよう警告されています。 また、取扱説明書には「寝具や厚い素材で覆われていると火災の危険がある」と書かれています。 結論。 携帯電話のアクセサリーはメーカー純正品にこだわり、携帯電話をベッドの上に放置しないようにしましょう。

RELATED:

携帯電話(およびタブレット、テレビ、LEDスクリーン搭載のその他の機器)は、ブルーライトと呼ばれる光を発しています。 これは、ブルーライトの波長が昼間の光に似ているため、私たちの体がいつでも昼間だと勘違いしてしまうからかもしれません。 眠りたいときに眠れるように、就寝の2時間前にはすべての電子機器の電源を落としましょう。 さらに良いのは、まどろむ間、携帯電話やノートパソコンを別の部屋に置いておくことです。

RELATED.JP

RELATED: 睡眠がもたらす11の驚くべき健康効果

携帯電話の健康リスクは不透明

携帯電話の使用がガンを引き起こすと証明する研究はなく、実際、あらゆる種類の健康リスクとの関連性はまだ明確ではありません。 一般に、携帯電話の電磁波は、X線やマイクロ波からも放出され、多量に発生すると腫瘍の成長につながる可能性があるため、少量であれば全く問題ないと言われています。 しかし、世界保健機関(WHO)は2011年、特に頭皮や頭蓋骨が大人より薄く、放射線の影響を受けやすい子どもの使用には、発がん性がある可能性があると警告している。 もし、発がん性の心配があるのなら、電話の代わりにテキストを送ったり、電話を耳から離したり、イヤホンやスピーカーフォンを使うなどして、なるべく携帯電話を頭の横に置いたまま眠らないようにしましょう。

コメントする