音楽と喜び、感動はどうつながっているのか?

嫌なことがあっても、適切なジャムをかければ良くなりますし、退屈な通勤も、お気に入りの曲をかければ、より一層楽しくなります。 しかし、なぜ音楽は私たちにこれほど強いインパクトを与えるのでしょうか。

Image via .

歴史上ほぼすべての社会で、音楽が(独立して、または文化交流を通じて)現れていることから、私たちは音楽が人類にとって特別な意義を持っていることを理解しています。

2001年、モントリオールのマギル大学の研究者たちは、磁気共鳴画像法 (MRI) を使用して、音楽を聴いている人が、報酬系に関連する大脳辺縁系および対側頭葉系の脳領域の活動を示していることを示しました。 この報酬系は、セックスやおいしい食事などの報酬として、快感を感じさせるドーパミンを配給する。 依存性のある薬物も、脳内のドーパミンの生成と放出を促すことで作用しています。

とはいえ……

正直なところ、私たちはその理由をよく分かっていません

でも、いくつかの説はあるのです。 哲学者であり作曲家でもあったレナード・マイヤーは、「音楽から得られる感情的な反応は、私たちの期待に関係している」と提唱しました。 彼は、感情の形成は欲望に依存するというそれまでの理論(信念・欲望・意図モデル)を基礎にした。 ある欲求を満たすことができない場合、欲求不満や怒りの感情が生まれるが、欲しいものが手に入れば、その報酬としていい感情を得ることができる。 欲求不満から実際に手に入れるまでの時間が長ければ長いほど、手に入れたときの気分がよくなるという理論です。

マイヤーの考えでは、音楽はパターンで動くので、人間の脳は無意識に次の音や音のグループを予測しようとする。 もしそれが正しければ、脳は自分自身に報酬としてドーパミンを投与する。 正解でなければ、もっと頑張ろうと思い、成功すればもっと高いドーパミンを得ることができる。

これはいい理論ですが、検証するのは非常に難しいです。 その主な問題は、音楽は非常に多様であり、予想を作成したり、予想に反したりする方法が事実上無限にあるため、何をテストすべきかが明確でないことです。 曲はすぐに盛り上がったり下がったりしますし、盛り上がった曲はそのまま盛り上がり続けると思うかもしれませんが、いつまでもそうであるわけではありません。 耳障りな不協和音が不快であることは分かっていますが、ここには文化的な要素も含まれているようです。

期待は、今聴いている特定の曲がこれまでにどのように進化してきたか、類似の曲と比較してどうか、これまで聴いてきたすべての音楽とどのように調和するかによって、大きく左右されます。 私たちは皆、音楽が「こうあるべき」という潜在的な理解を持っており、それは文化によって大きく左右されます。

また、音楽には生理的な作用もあるようです。 過去の研究では、速いテンポの曲のビートに合わせて心拍や呼吸のパターンが「個人の好みに関係なく」、つまりその曲が「好き」かどうかに関係なく加速することが示されています。

もう1つの可能性は、音楽が、音声を制御し処理する脳の領域を活性化することです。 人間は非常に声が大きく、社会的な生き物であるため、音声で感情を伝えることに慣れている。 つまり、音楽は音声の一種であり、感情を伝達する手段であると考えられる。

音楽は非常に豊かな遊び場であり、それは無限であると証明することも可能です。 また、その楽しみ方は非常に多くの非常に主観的な要因に左右され、経験を定量化する試みはさらに複雑になっています。

科学的な観点からすると、なぜ音楽が私たちの背筋を凍らせるのかを問うことは非常に興味深いことです。 しかし、個人的な観点からは、それができることにただただ感謝するのみです。

コメントする