豪華なスピードメーターチャートの作り方と使ってはいけない理由

スピードメーターチャート使用論

最初に言っておきますが、ネットで何を読んでもダメなんですよね。 このサイトであれ、他のサイトであれ、エンドユーザーのことは自分が一番よく知っているはずですから、スピードメーターチャートを使うかどうかは、自分で判断してください。

ダッシュボードを作成する際の最初のルールの 1 つは、オーディエンスを理解することです。 スピードメーターチャートで伝えようとしているメッセージをよりよく理解できると思うのであれば、誰もあなたを説得することはできないはずで、そうしてください。

さて、それはさておき、ダッシュボードでの速度計チャートの使用を推奨しないオンライン サイトがたくさんあり、その理由の多くは正当なものです。 しかし、私は、この種のチャートを使用することには利点があると信じています。

実世界では、ゲージは重要な情報を伝えるために長い間使用されてきました。 自動車、飛行機、重機、そして一部のエスプレッソマシーンにさえも使用されています。 その結果、ゲージは直感的に理解できるようになりました。 ダッシュボードを作成する際にも、これを利用することができます。 結局のところ、ダッシュボードを作成するポイントは、ユーザーが理解しやすく、行動を起こしやすい方法で重要な情報を伝達することなのです。

Just keep mind that:

  • Use speedometer charts only when appropriate.これは、適切な場合にのみ速度計のチャートを使用することです。
  • トレンドや履歴データを伝えるのは苦手です。
  • ダッシュボードで多くのスペースを占有する可能性があります。

    速度計チャートの作成方法

    完成品は次のとおりです。

    速度計チャートを作成するには、2 つのドーナツ形チャートと円グラフを使用します。

    ステップ 1: 2 つのドーナツ チャートの最初のものを作成する

    最初に、Excel リボンに移動し、[挿入] をクリックしてチャートセクションに進み、下のスクリーンショットに見られるドロップダウンからドーナツ チャートをクリックしてください。

    右クリックして「データの選択…」を選択します。

    対話ボックスが開いたら、「編集」をクリックしてください。 ここで、3つの表のうち最初の表のデータを選択します。

    これができたら、以下のドーナツグラフができます。

    でも、半円になっていないし(くどい!)向きが間違っていることに気づくはずです。

    チャートを右クリックして、「データ系列のフォーマット」を選択…

    「最初のスライスの角度」の下に 270 と入力してキーボードの Enter キーを押します

    これでチャートは正しい方向に回転されます。

    次に、下半分のデータ系列の色を削除して隠し、データラベルを追加し、チャートを適切にフォーマットすることにします。

    チャートの下半分を右クリックし、「データ系列のフォーマット…」を選択して、メニューから「塗りなし」を選択します。

    次に、必要なら他のデータ系列も色を変更します。

    次に、データラベルを追加します。

    チャート上で右クリックして、「データラベルのフォーマット…」を選択します。

    「セルからの値」を選択して、最初の表のラベルを選択します

    最初の表がやっと終わりました!次は2番目のドーナッツチャートにしましょう!…と、いうわけです。

    ステップ2: 2つ目のドーナツチャートを作成します

    チャート上で右クリックし、「データの選択」を選択します

    「追加」をクリックします

    適切なデータ系列を選択しOK

    一度、実行してみてください。 は、最初に作成したチャートと同じ手順を繰り返すことになります。 チャートを270度ひっくり返し、最も適切と思われる色でフォーマットし、ラベルを変更します。

    1つ注意すべき点は、スクリーンショットでは、上部のラベルがすべて数字の 10 を示しているように見えます。 テーブルのデータを表示するためにラベルを変更する必要があります。

    ステップ 3: スピード メーターの作成

    ここまできたら、あと 1 つだけ行うべきことがあります。

    もう一度チャートを右クリックして、「データを選択 …」を選択し、前と同じように「追加」を選択します

    最後のテーブルでデータを選択

    OK ボタンを押すと、以下のようなチャートが表示されます。

    これはポインターのようには見えませんが、修正しましょう。

    Excel のデフォルトはドーナツチャートなので、円グラフに変更する必要があります。

    グラフを右クリックして、「グラフの種類の変更」を選択します。

    ここで、3番目のグラフのドロップダウンを「円」に変更し、副軸オプションにチェックを入れます:

    完了したら、先と同様にチャートを270度回転させてみてください。

    このグラフには3つのセクションがあります。 灰色の領域、青の領域、および下のスクリーン ショットの 11 時の位置にあるオレンジ色のスライバです。

    円グラフのセクション 1 と 2 から色を削除する必要があります(前にグラフ領域を選択して色を「塗りなし」に変更したときに行ったのと同じです)。 終了すると、チャートは次のようになります。

    すべて完了!

    …or, are we?

    速度計チャートを作るときにもう 1 つやってみたいことがあります。 スピードメーターで表される数値で自動的に更新されるテキストボックスを追加するのです。 この小さな追加により、チャートはより直感的で読みやすくなります。 ダイナミック テキスト ボックスを追加する

    リボンの [挿入] タブで [テキスト ボックス] を選択する

    数式バーで、「=」記号を入力し、ポインター データのあるセル(私のシートでは、セル H2)を参照する

    次に、テキスト ボックスボックスを適切だと感じる人にフォーマットしてください。

    この投稿があなたの毎日のExcel操作に価値を与えてくれたらうれしいです! このようなグラフを作成するための良い方法はありますか? 私がここで述べたことに反対ですか? LinkedIn で教えてください。

コメントする