脊柱管狭窄症の症状

Common and not so typical symptoms of cervical and lumbar spinal stenosis.

Written by Joshua M. Ammerman, MD

It’s important to recognize and understand symptoms of spinal stenosis potential because having this knowledge will get early diagnosis and treatment.Why are you know that should get the best for you? 症状は通常、脊柱管が狭まり、神経根が圧迫され、神経の刺激、炎症、痛みが生じることで発症します。 腰部と頸部の脊柱管狭窄症は、加齢に伴い徐々に進行するこの疾患の影響をよく受けます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の最も一般的な症状は、腰、お尻、太もも裏の痛みで、立ったり歩いたりすると悪化するものです。 このような症状は神経原性跛行と呼ばれます。 腰部脊柱管狭窄症の人の多くは、立っているときや活動しているときだけ症状が出ます。 多くの場合、前屈みになると不快感が一時的に和らぎ、座ると楽になります。

  • スーパーでカートのハンドルに前屈みになると痛みが軽減しますか?

これは、腰に脊椎狭窄症のある人にわりとよく見られるシナリオです。 前屈や座ったり、横になると痛みが和らぐのは腰部脊柱管狭窄症の典型です。

  • 跛行が神経原性でも偽跛行でもないことを理解することが重要です。 跛行の症状は仮性跛行と似ていますが、原因は異なります。 跛行は、足の筋肉の血行不良が原因です。

その他の一般的な症状としては、腰痛や腰部神経根症があります。 坐骨神経痛として広く知られている腰椎椎間板症は、腰の患部から臀部や脚に放射状に広がる痛み、しびれ、脱力感、および/またはうずき感です。

  • 腸と膀胱の警告: 腰部脊柱管狭窄症の重症例では、膀胱または腸を制御する神経が圧迫され、部分的または完全な失禁につながる可能性があります。 もし、膀胱や腸のコントロールに問題がある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

頸部脊柱管狭窄症の症状

頸部の脊柱管狭窄は頸部神経障害を引き起こすことがあり、症状にはうずき感、しびれ、弱さを伴う疼痛が含まれることがあります。 これらの症状は、首から肩、腕、手などに放射状に広がることがあります。 頸部脊柱管狭窄症による痛みは、急性、一時的、時折、または慢性と表現されることがあり、その強さは軽度から重度まで様々です。

その他の症状としては、

  • 頭痛
  • バランスをとるのが難しい、転ぶ危険が増す。
  • 細かい運動能力(例えば、手書き、シャツのボタン付け)にも影響があるかもしれない。

頸部脊柱管狭窄症の症状で深刻と考えられるのは、頸髄症に伴うものである。 頸髄症は、脊柱管が首の脊髄を圧迫するほど狭くなることで起こります。 首の神経が圧迫されると、肩や腕、手に影響が出ることがありますが、脊髄症は腕と脚の両方に影響が出ることがあります。 頸髄症の一般的な症状には、首の痛み、こわばり、うずく感覚、しびれ、脱力、不器用、バランス問題、歩行困難、腸や膀胱の問題、性的機能不全などがあります。

脊椎狭窄症は必ずしも症状の原因ではない

画像研究(例えば、MRI、CTスキャン)で、患者の症状がない脊椎障害を発見できることがあります。 これが、身体・神経学的検査、病歴、症状から得られる診断結果を確認するために、画像検査が行われる理由のひとつです。 脊椎とは無関係の問題でレントゲンやその他の画像検査を受けた人の多くが、脊椎症、骨棘、椎間板膨張症であることを発見しています。

脊柱管狭窄症は、背骨の白髪と呼ばれています。つまり、加齢に伴い、徐々に身体が変化していくことが多いのです。 頸部や腰部の脊柱管狭窄症の症状が明らかになるまでには、時間がかかることがあります。 首や腰の痛み、症状が続く、悪化する場合は、医師に相談しましょう。

続きを読む

脊柱管狭窄症の原因

コメントする