職場で対立したときの対処法

職場で対立が生じ、正面から向き合いたいが、同僚を怒らせたり動揺させたりせずにそうする方法がよくわからない、ということは誰にでもあることでしょう。 職場で必要な対立に直面したとき、私たちはしばしば最悪の事態を恐れ、その恐怖を否定的な行動で表してしまうことがあります。

私たちは生活のほぼすべての場面で難しい会話をしていますが、それは人間関係を改善するための積極的な手段であることが多いので、職場でも敬遠しないことが大切です。

私たちは皆、本当に調和のとれた職場を夢見ており、外部の影響がない創造的思考の場がありますが、もちろん現実にはそのようにうまくいくことはほとんどありません。

CEOから下層に至るまで、共感、マインドフルネス、感情的知性をもって対立を処理するモードを設定すれば、職場のプロセスを計り知れないほど改善することができます。 この言葉を聞くと、私たちはしばしば口論や暴言、あるいは適切に解決できないほど行き過ぎた対立を想像します。 しかし、対立は必ずしも怒りや感情の高まりに満ちたものである必要はないのです。

対決に臨むときは、相手との仕事の進め方を改善するために必要な、健康的な方法だと考えてください。 相手の欠点を指摘しているのでしょうか? 正しい方法で行えば、あなたは、相手が個人的なハードルを乗り越え、自分の成長を前進させる手助けをする人になれるのです。 もしかしたら、何かが正しく行われなかったり、時間通りに行われなかったりした理由を質問していませんか? もちろん、対立の中には他より難しいものもあります。 これが、どちらかの当事者を動揺させる可能性のある微妙な話題であれば、慎重な方法でアプローチすることが重要です。

取るべきステップ

仲間を受け入れる
対立を権威の連鎖の上にエスカレートさせると、対立している相手が貶められたと感じることがよくあるものです。 仲間同士で問題に取り組むことで、尊敬と信頼が生まれ、解決策が生まれやすい穏やかな空間が生まれます。 シニアスタッフを巻き込む前に、問題に取り組むことができるのであれば、そうしてください。

問題を明確に定義する

対立に入る前に、話し合いで何を達成したいのかを明確に打ち出すことだ。 そうなるに至った事情は何だったのか。 冷静に、簡潔かつ明瞭に、取り組むべき問題を頭の中で明確にし、否定的な意見や感情的な反応が判断を鈍らせることがないようにしましょう。 さて、理想的な結果はどうでしょうか?

Choose neutral ground

あなたはおそらく、このような立場になったことがあるでしょう: オフィスや役員室に呼び出され、内輪の話をすることになりました。 その会議に向かって歩いている間、あなたはのんきにリラックスしていたでしょうか、それとも心配でたまらなかったでしょうか。 対立の場は、各人がどのようにアプローチするかが重要です。 可能であれば、堅苦しい席は避け、中立的でありながらプライベートな空間でコーヒーを飲むことをお勧めします。 各人が相手と同じように快適だと感じれば、恐怖を伴う感情的な反応が少なくなります。

論理と感情を組み合わせる

場所を決めて問題を明確に定義したら、次は対立そのものにどう取り組むか。 重要なのは、論理的な反応と感情的な反応のバランスを見つけることです。 どちらか一方に偏りすぎると、双方にとって満足のいく結論に至らないので、自分と相手の感情を常に考えながら、できるだけ明確で事実に基づいた対応を心がけましょう。 適応力を高めることも忘れずに。純粋に事実に基づいたアプローチでは、同僚の感情的な反応やニーズを考慮できないかもしれません。

常に共感を選ぶ

対立している相手の立場に立つことは、常に平和的解決の鍵となり、心の知能を保つための核となります。 常に、相手が提示する正当な理由や緩和状況を真摯に聞き、対立から前進するための計画を立てる際に、それらを深く検討するようにしましょう。

The Resolution

多くの職場での対立で、スパイラルが忘れがちなのが、何を達成しようとしているのか、ということです。 解決は、単に問題をハッシュ化するのではなく、競合に取り組むすべての試みで、常に目標である必要があります、将来的に発生し続ける可能性があります。 優れた解決策の鍵は、両者に適した、明確に達成可能な道のりを持つものである。 ですから、ただ最終的な目標を挙げるのではなく、その最終目標に向かってどのように努力するかを一緒に考えてください。 改善の期限を設定するのは避け、問題解決への道のりをあらゆる段階でサポートすることです。 質問や相談に応じる門戸を開いておけば、前進するにつれて対立の必要性は少なくなるはずです。

チェックリスト

対立を成功させるためのステップをすばやく覚えておく方法です。

  • まずは落ち着いて
  • 問題を明確にする
  • 中立的な場所を選ぶ
  • おしゃべりするように頼む
  • 問題に取り組む
  • 解決を模索する
  • 最後まで聞いてくれてありがとう

The Wanted to keep up to date with emotional intelligence news and features? ここをクリックして、ブログを購読してください

コメントする