結論の概念

結論とは、ある問題の終わりを、その問題によって区切り、特定することである。 あるテーマについて議論した後、結論に達することがよくある。議論の後、問題が明確になり、総合としての結論で締めくくられるが、一般的には簡潔かつ正確で、合意に達した基本点を示す。

研究作業では、証明しようとした仮説を立てた後、得られた結果についての個人的な結論で作業を終えることがよくあり、その際に理論の枠組みに含まれるそれに至るまで辿ったステップに総合的に言及される。 結論を読む人は、実施された研究と得られた結果の心象を得ることができなければならないが、それは、すでに本文中で引用された内容の一部をそのまま抽出した要約ではなく、提示されたデータから得られた結果が抽出されたものであることを示す論理的なつながりのあるものでなければならない。

論理学において、推論の結論は前提から得られる最終命題で、前の命題ですでに知られているデータから始めて、新しい何かを主張するものである。

文学では、結論は、始まりや導入、問題の核心の後、物語のプロットの結末と一致します。

結論という言葉は、例えば、「彼の人生は終わった」「仕事は終わった」「結婚は離婚に終わった」と言われるとき、有限なものの終了として、単に終わりとしても使用されています。

コメントする