神武

JIMMU 、日本の初代天皇、最高神アマテラスの直系の子孫で、一般に現在の日本の天皇の祖先と考えられている。 天照大神の子である天忍穂耳(あめのおしほみみ)は、天から地上に降りた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を産んだ。 その子、ヒコホホデミはウガヤフキアエズを生み、その子が神武である。

神武はかなり後になって付けられた中国風の名前で、本来の名前はカムヤマトイワレヒコである。 神武は「神」の意、大和は古都の地名である。 この名前の意味するところは、「イワレヒコ」である。 イワは “岩”、アは “出現する “という意味である。 神武の元の名前であるイワレヒコは、「岩から出た(生まれた)立派な人」という意味である。 彼は東征を成功させ、660年に大和で即位した。 しかし、歴史家はこの年代を否定する。なぜなら、当時日本人はまだ散在した部族社会で暮らしていたからである。 西日本に統一的な政治組織が生まれたのは、紀元前2世紀になってからである。 しかし、神武が大和に遠征したときの描写は、生き生きとしていて、リアリティがある。 この物語自体が後世に皇祖を美化するために捏造されたとは考えにくい。 5422>

参考文献

天照大神、日本宗教論、神話研究、

参考文献

Aston, W. G., trans.All Rights Reserved.「天照大神と神話」、『日本宗教論』、『神話研究』、『日本宗教論』、『日本宗教論』、『日本宗教論』、『神話研究』、『日本宗教研究』、『日本宗教論』、『日本宗教論』、『日本神話』。 日本書紀: Aston, W. G., trans., Japanese Chronicles of Japan from the Earliest Times to a.d. 697 (1896).日本書紀(1897)。 5422>

Chamberlain, Basil Hall, trans. 古事記: 古事記』(1882). 2d ed. W. G. Astonによる注釈付き. 東京, 1932; 再版, Rutland, Vt., and Tokyo, 1982.

角林文雄. 日本書紀神代の巻全集. 東京, 1999.

Philippi, Donald L., trans. 古事記. Princeton, 1969.

角林文夫(1987, 2005)

コメントする