現代のセキュリティシステムの生みの親 – Marie Van Brittan

この4つの覗き穴を使って、身長の異なる人物を撮影した。 それぞれののぞき穴からの映像は、無線制御のワイヤレスシステムを通じて、ブラウンの寝室に置かれたモニターに送られた。 双方向のマイクで、外に立っている人とコミュニケーションをとることができる。 もし、外にいる人が泥棒や不審者であれば、アラームボタンを押して、近くの見張り番や警察、近所の人に知らせることができる。

マリーとアルバートは、1966年に「テレビ監視を利用したホームセキュリティシステム」という名称で特許を申請した。 1969年に受理された。

マリーの発明したセキュリティシステムは、ビデオ監視、遠隔操作のドアロック、押しボタン式のアラームトリガー、セキュリティプロバイダーや警察へのインスタントメッセージ、双方向の音声通信など、彼女の最初の機能をベースにした後のセキュリティシステムに役立っています。 彼女の発明は、現代のセキュリティシステムの先駆けであり、オフィス、アパート、ホテル、住宅で使用されている

Brown は、強い決意と意欲を持った女性だった。 彼女の人生は極めて私的なものであった。 彼女の言葉や名言が見つからなかったので、アメリカの有名な劇作家であるウェンディ・ワッサースタインの言葉を付け加えておきたい。 この言葉は、マリーの性格を端的に表しています

コメントする