物流センターと倉庫の役割

流通センターと倉庫の役割

倉庫と物流センターは一見同じように見えますが、実は異なる性質を持っているのです。 倉庫は商品を一定期間保管する施設であり、物流センターは注文に応じて短期間(通常は毎日)商品を保管する傾向がある。 上の図では、サプライチェーンに配送センターしかない場合、生産部門(製造工場など)は、小売店向けの配送センターに商品を補充するために常に委託生産する必要がある。 グローバルに展開される長いサプライチェーンでは、生産ユニットの生産物を一定期間保管し、委託品をコンテナなどの大きな荷物にまとめる倉庫の利用が必要になることがよくあります。 このような倉庫は、長距離のコンテナ輸送により、遠く離れた配送センターへの補充に利用されることがよくあります。 また、小売店からの注文を近くの物流センターで受けることができるため、短納期化というメリットもあります。 また、より大きな車両とより高い積載率によって、規模の経済から恩恵を受ける可能性もある。

コメントする