気になる記事&nbsp&nbsp

Jabez – King James 1909

JABESH, JABEZ.

ジャベス – Douglas Tenney

(Heb.),

1.ゼカリヤを殺して一ヶ月間イスラエルを治めたシャルムの父(2列王15:8-13)

2.Yaveh, dry(乾いた)。 ヤベシュ・ギレアデの略称(1歴代10:12)。”勇士たちは皆起きて、サウルの死体とその子らの死体を取り、ヤベシュに運び、その骨をヤベシュの樫の下に埋め、七日間断食をした。” NKJV: ヤベシュ、ギレアドにあり)。 JABES, IN GALAAD.

3 参照。 (ヘブライ語のヤーベルツ、ドレルセ)。 ユダの一族の長(1歴代4:9)で、その子孫は律法学者、ケニヤ人(1歴代2:55)「ヤベシに住んでいた律法学者の一族はティラト人、シメアト人、スカト人で、レチャブの家の父ハマテから来たケニヤ人であった」とある。 そして、ヤベツはその兄弟たちよりもすぐれており、その母はヤベツと呼び、「わたしが悲しんで彼を産んだから」と言っていた」。 そして、ヤベツはイスラエルの神を呼んで言った、「ああ、あなたが私を祝福し、私の領土を広げ、あなたの御手が私とともにあり、私を悪から救い、私が害されることがないようにしてください。 そして、神は彼の願いを聞き入れた。 ゾベバ(第一歴代誌4:8)「コスはアヌブとゾベバとハルムの子アハルヘルの一族を生んだ」。

4. Jabezはまた、ユダの未確認の都市で、そこで書記たちが商売をしていた(1 Chronicles 2:55)

Jabez – Simple Bible Dictionary

tip, BIOG CIUD HOMB HOAT vet,=”arid place”(乾燥地帯)。

(a) イスラエル王シャルムの父(第二列王記15:10) “ヤベシュの子シャルムは彼と共謀し、民の前で彼を打ち殺し、彼の代わりに君臨した”. (第二歴代誌13:2)「彼はエルサレムで三年間治めた。 彼の母の名はミカヤ、ギベアのウリエルの娘である。 アビヤとヤロブアムの間に戦争が起こった” (第二歴代誌14:2)「アサはその神、主の目に善く、正しいことを行った」

(b) ユダの王子(第一歴代誌4:9-10)。

(c) ベツレヘムに近いユダの都市、律法学者の居住地(第一歴代誌2:55)「ヤベシュに住んだ律法学者の家族は、ティラート人、シメアート人、スカート人、すなわちレチャブの家の父ハマテから来たケン人である」

Jabesh – Alfonso Lockward辞書

(乾いた場所)。 OTの人名・地名

1. = Jabesh-Gilead、またはギレアドのJabesh。 シャルムという人物の父。 ジェロボアムの子ゼカリヤ王を殺害した者「サマリアで一ヶ月間君臨した」(2列王15:10-15)

. エルサレム近郊と思われる場所で、「律法学者の一族・・・ティラート人、シメアート人、サッカート人・・・」が住んでいたそうです。 …レチャブの家の父ハマスから来たケン族」(第一歴代誌2:55)「ヤベシュに住んでいた律法学者の家族はティラート人、シメアート人、スカート人であり、これはレチャブの家の父ハマスから来たケン族である」

. ユダの子孫。 “彼は兄弟より優れていた” “イスラエルの神を呼んで言った” “ああ あなたは私に祝福を与えるだろう” “彼は兄弟より優れていた”

Jabez – Hispanic World Dictionary

(Heb., yavesh, dry).

1. ゼカリヤを殺し、一ヶ月間イスラエルを治めたシャルムの父(2 Kings 15:8-13).

2. ヤベシュ・ギレアデの略称(1歴代10:12)。”勇士たちは皆起きて、サウルの死体とその子らの死体を取り、ヤベシュに運び、その骨をヤベシュの樫の下に埋め、七日間断食をした。” NKJV: ギレアドのヤベシ。 JABES, IN GALAAD.

3 参照。 (ヘブライ語のya’berts、ache)。 ユダの一族の長(第一歴代誌4:8)”コスはアヌブとゾベバとハルムの子アハルヘルの一族を生んだ “とある。 ヤベシュはユダの未確認の都市で、律法学者が商売をしていたところである(1歴代2:55)。「ヤベシュに住んでいた律法学者の家族は、ティラテ人、シメアテ人、スカテ人、すなわちレチャブの家の父ハマテから来たケン族だった」

5.

ジャベス – アドベンチスト聖書辞典

ジャベス(ヘブライ語のYâbêsh 、「乾いた」、ヘブライ語のYabêts 、意味不明、しかしこの名前では「悲しみ」と結びついているので、何らかの形でその考えが名前と結びついており、「彼は悲しむ」あるいは「悲しみ」の意味になる可能性があります)。 1.トポニムのJabesh of Gilead*()の短縮形。 2.イスラエル人で、その息子シャルムはイスラエルの王位を奪ったが、在位はわずか1ヶ月()。 3.ある写字生が住んでいた町()。 おそらくユダ州にあったのだろう。 4.ユダの人で、母親が苦しみの中で彼を産んだので、その名前をつけた()。 彼の個人的な敬虔さのために、神は彼を祝福し、彼の財産を増やした。

ジャッブ – 顕著な辞書

1. (セカダルの可能性) ギレアデの北部の町で、ヤベシ・ギレアデとも呼ばれる。 審判と王の歴史に記載されている。 (士師記21:8)「彼らは言った、「イスラエルの部族のうち、ミズパで主のもとに上らなかった者があるか」。 そして、ヤベシ・ギレアデの者は誰も陣営や集まりに来ていないことがわかった。” (サムエル記上11:1)「アンモン人ナハシュは上って行き、ヤベシ・ギレアデに陣を敷いた。 ヤベシの人々はみなナハシュに言った、「わたしたちと契約を結んでください、そうすればあなたに仕えます」。 (第一歴代誌10:11-12); JABES-GALAAD.

2参照。 (可能性:パサパサ) イスラエルの王シャルムの父。 (第二列王記15:10,13-14).

コメントする