望遠と広角|レンズ選びの注意点

望遠と広角の写真撮影の話に戸惑っていませんか? とにかく、大きな問題は何でしょうか?

望遠レンズは何に使うのか

望遠レンズは、焦点距離が長く、被写体や遠くの風景に近づくために使用されるレンズです。 ズームレンズである必要はなく、単焦点レンズでも望遠レンズは存在します。 ちなみに、望遠レンズには、大きく分けて3つのカテゴリーがあります。 また、”崖 “や “崖崩れ “など、”崖崩れ “と呼ばれる現象は、”崖崩れ “と呼ばれる現象であり、”崖崩れ “と呼ばれる現象は、”崖崩れ “と呼ばれる現象であり、”崖崩れ “と呼ばれる現象は、”崖崩れ “と呼ばれる現象であります,モンクレール 店舗。 仝囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮々と冱うのがある。 焦点距離が長くなると、カメラに入る光の量が少なくなり、画像が暗くなります。

「憧れ」を実現できる望遠レンズ。 また、被写体と背景を圧縮して、被写体の大きさを相対的に変化させることができます。

被写界深度を浅くし、望遠レンズで撮影すると、圧縮により背景のボケが大きく滑らかになります。

望遠レンズのベストな使い方

写真家が望遠レンズを使う主な理由は、近づく必要なくアクションに近づけるからです。 その大きさや作りから、中望遠から超望遠レンズは高価で、大きな投資となるでしょう。 そのため、ほとんど使わないレンズに貴重な現金を無駄にしないためにも、思い切って購入する前に、その元が取れるかどうかを把握しておくとよいでしょう。8 GM望遠レンズ、ノートリミング望遠レンズで撮影する理由を紹介します。

  • プロの野生動物や自然写真で、動物を邪魔しないように近づく必要がある場合
  • スポーツイベントで、傍観者から撮影しながらもアクションに近づける場合
  • フォトジャーナリズム または、重要な瞬間を邪魔しないように撮影する必要があり、安全な距離から撮影できるイベント
  • 天体写真
  • 月面写真
  • 背景から被写体までの視覚距離を短くすることです。

  • ボケ味を生かす

広角レンズは何に使うの?

広角レンズは、望遠レンズに比べて画角が広く、34mmから下は14mm程度の超広角レンズや魚眼レンズになることが多いようです。 望遠レンズに問題があるように、超広角レンズにも問題があります。今回は画像の歪みですが、クリエイティブな歪み画像を作るために特別に撮影する写真家もいるので、必ずしも問題ではありません。

広角レンズは画像に何をするのか?

広角レンズで撮影すると、画像の水平方向の範囲が広がり、レンズによほど近づいていない限り、ほとんどすべてにピントが合うようになります。 広角になるほど画像は歪みます。 超広角レンズ、または魚眼レンズは、180度全周を取り込むことができ、歪んだ視点を作り出すために特別に使用されることがよくあります。 また、画像の中心部はより遠くに見え、歪んだ遠近感を与え、面白さと奥行きを加えることができます。 これはユニークでクリエイティブなイメージを与えることができますが、特にポートレートを撮影している場合、誰もが歪んだ写真を望んでいるわけではありません。

Best Ways to Use a Wide-Angle Lens

良いニュースは、広角レンズは一般的に望遠レンズよりもはるかに安価であることです。 しかし、画像に直線を求めると、後処理で多くの歪曲収差を修正しなければならなくなります! 広角レンズを有効に活用する方法をいくつか紹介します。

  • 風景写真-山並みや大きなシーンを撮影します。 また、高いビルのように、大きな被写体に近づいてもフレーム内に収めることができます。
  • これらのレンズは、クリエイティブな建築写真に最適です。 広角レンズは、遠くにいなくても街並みやビルを撮影することができ、また、直線のその歪みを作成します。
  • 不動産写真 – 広角は、内部と外部の撮影ができます

望遠 vs. 望遠の違いは何ですか? 広角結論

そして、望遠VS広角の勝者は…両方!

馬が合うというか、それぞれのタイプのレンズには長所と短所があり、異なる種類の写真には貴重な存在なのです。 この記事では、このテーマにまつわるあらゆる混乱を切り抜け、最終的にあなたがお金を使う前に、どのタイプのレンズを最も使用するかを決定するのに役立つことを願っています。 もちろん、それぞれのレンズを1本ずつ持っていれば万全です。

コメントする