日本全国の海水浴場と、行く前に知っておきたいルール

日本は6852もの島からなる群島です。 それでも、海岸線の長さはなんと18,486マイルもあり、海岸線が多い国のトップである。 (これより多いのはカナダ、グリーンランド、ロシア、インドネシア、フィリピンだけで、そのうちの最初の3カ国は極寒の海である)。 つまり、日本には素晴らしいビーチがたくさんあるのです。 また、日本には独自のビーチ文化があります。

まず、ビーチのルールを知ってください。 Jihun Sim/

日本は主権国家として長い歴史があり、武道が好きで、ほとんどすべての活動に正確な規則があります。 水泳や海水浴も例外ではありません。 日本には18の武道があり、水泳はそのうちの一つである。 日本水泳連盟もあり、「伝統的な泳法」の保存に努めるとともに、幅広い年齢層が参加できる競技会も開催しています。

その一環として、有名な武道家たちは鉄砲水の中で泳ぎに対する意識を高める訓練をしていることが知られています。 棒や鉄砲を振り回したり、侍の鎧を着たりしてみると、この島国での水泳の歴史の一端を理解することができるだろう。

ルールとしては、海開きというのがあって、それ以前は泳いではいけない!ということ。 その前に泳ぐことはできません!これはビーチによって異なる時期に行われます。 海開きの前に、海水浴客から身を守るために、主催者は海岸をきれいにし、網を張ります。 また、日本の公共的な清潔政策により、ゴミ箱を見つけることはほとんどないので、ビーチに行くときは、詰め込んだものを出してください。

さらに、日本社会で唯一タトゥーのあるヤクザ、または暴力団の歴史から、公共の水泳場に行く前にタトゥーを隠す必要があります。

さらに嬉しいことに、多くの欧米諸国と異なり、日本には容器開放法がないため、ビーチでアルコール飲料を飲むことができる。

Photo: eyedear/

日本のビーチの楽しい伝統には、スイカと棒を使ったマルコポーロのようなものである「すき割り」もあります。 目隠しをされ、ボーケンと呼ばれる長い木の棒を渡され、くるくる回された後、ビーチに敷かれたタープの上でメロンを叩き割るのですが、その間、観客は彼を惑わそうとします。 そして、誰かが成功すると、みんなでべたべたのごちそうを食べるのです。

クラゲなどの危険を知らせる看板を探さなければならないかもしれないが、水着、ブギーボード、ボディボードを貸し出し、食事やアルコールを提供し、更衣室を提供している海の家を探すこともできる。 また、1年に1度しか花火が打ち上げられないアメリカとは違い、日本では花火大会は夏の風物詩です。 地元の花火大会について聞いてみましょう。

日本は南北に長く、生態系が多様なため、ビーチも火山砂、小石、白砂とさまざまで、お好みでどうぞ。

房総半島・一宮~釣ヶ崎海岸

写真提供:日本経済新聞社 日本の海辺/

占領下のアメリカ兵が日本人に初めてサーフィンというスポーツを紹介したのは沖縄でしたが、2020年のオリンピックで初めてサーフィンの競技が行われるのは一宮町の釣ヶ崎海岸でした。 一宮町は房総半島に位置し、東京湾を挟んで首都圏からすぐのところにあります。 プロやローカルを見るには、30号線の南端にあるビーチ沿いの鳥居を見つけること。

幸いなことに、1980年代以降、一年中サーフィンを楽しみたい人たちで賑わう一宮は、今後さらに観光客に優しくなることでしょう。 日本のほとんどの小さな町が若者で空っぽになる中、一宮は、新しいサーフショップ、レストラン、住宅ができ、年間60万人の観光客が訪れるなど、活性化が進んでいます。

神奈川県湘南地方-鵠沼海岸と江の島海岸

Photo: okimo/

「日本のカリフォルニア」とは、東京南西の江ノ島を中心とする神奈川県の湘南地域の愛称である。 カリフォルニアにヨーロッパ系アメリカ人が入植して以来、海水浴場として栄え、勤勉と犠牲の国でありながら、どこか享楽的な雰囲気が漂っている。 それは、昔々はエリートだけがビーチで寝そべって過ごすことができたし、またそのような余裕もあったからだ。

サーフィンなら、鵠沼海岸駅近くの鵠沼海岸。 7月と8月はライフガードが常駐しています。 ビーチバレーコートは無料で利用でき、温水シャワー、足洗い場、ロッカー、傘、ビーチトイ、ラウンジチェアはどこでもレンタルできます。 江の島の海水浴場は、ライフガードが巡回し、海水浴小屋が立ち並んでいます。 海水浴の後は、稚児ヶ淵を訪れましょう。稚児ヶ淵には高架歩道があり、できれば夕暮れ時に富士山を見ることができます。

近くの江の島岩屋洞窟は、海岸の浸食によってできたもので、何世紀にもわたって崇拝されてきた。 真言宗を開いた弘法大師や鎌倉幕府を開いた源頼朝が訪れたとされる。 ろうそくを借りて、像や展示物を見ることができます。

大阪府泉南市-ピチピチ・ときめき・たんのわビーチ

大阪府泉南市のたんのわときめきでは、日本で唯一の常設ビーチバレースタジアム「しおさいビーチバレー」を見ることができる。 真夏の「大阪マリンフェスティバル」が開催される里海公園内にある「ぴちぴちビーチ」と「ときめきビーチ」がおすすめです。 イルカパークには、タコの滑り台やターザンロープのブランコがあり、小さな子供も楽しめます。 たんのわ海水浴場では、アサリ採りが楽しめます。

石川県能登半島・千里浜なぎさドライブウェイ

Photo: mTaira/

自動車と海岸を一緒に考えることはあまりありませんが、自動車(と自転車)愛好家は石川県能登半島の千里浜なぎさドライブウェイを訪れ、3月中旬から11月末にかけて5マイルに及ぶ硬い砂浜をドライブすることができます。 写真撮影や貝殻拾いをしたり、食事もできます。 焼きハマグリやサザエのつぼ焼きなど、日本酒やビールと一緒に味わいたい。 周辺には、岩盤、海塩事業、棚田など、魅力的な環境と人工物があります。

伊豆半島・下田 白浜海岸

Photo: okimo/

伊豆半島・下田の白浜は日本有数の白い砂浜で伊豆急下田駅よりバスで10分ほどで到着することができます。 ユネスコによると、世界で唯一、「2つの活火山弧がぶつかり合い」、「連続した火山地質学的歴史」を持つ場所として、伊豆半島全体がユネスコ世界ジオパークに指定されている。

ビーチだけでなく、下田にはペリーが主張した日本の開国の証拠となる砲艦があります。 また、ハイキングも楽しめます。 門脇灯台、吊り橋、フラワーパーク・ミュージアム、蓮徳寺などがある城ヶ崎海岸はいかがでしょう。 この地域には温泉もあります。 海を眺めながら温泉に入りたいなら、1958年に建てられた静岡の旅館「望水」を予約してください。

岩手県本州・浄土ヶ浜

Photo: yoshimi maeda/

ビーチだけでなく海も体験したい人は、東京から新幹線で2時間半、5時間ちょっとで浄土ヶ浜に行けます。 本州の北端、岩手県にある。 日本の渚百選にも選ばれている、透明度の高い入り江に面した海岸です。

2011年、津波によって一部の施設が破壊されたが、すべて再建された。 ビジターセンター、そこからビーチまでの遊歩道、そしてボートクルーズのオプションがあります。 中でもマリンハウスから出航する青の洞窟クルーズは、コバルトブルーの海が広がる海上の洞窟「青の洞窟」まで、船でしか行くことができないクルーズです。

小笠原諸島-小湊海岸とコペペ海岸

Photo: tororo reaction/

東京からはるか遠く(正確には620マイル)、フェリーで25時間半かけて小笠原諸島に到着することができます。 それは完全に価値があるものでしょう。 沖縄と同様、6月から10月までが海水浴シーズンです。 小笠原諸島最大の有人島である父島は、気温が77度と快適で、白い砂浜と青く澄んだ海があなたを誘うでしょう。 シュノーケリング、日光浴、海水浴のパラダイスです。

小湊海岸バス停の近くには小湊ビーチとコペペビーチがあり、後者にはこの島特有の珊瑚を示す水中標識があります。 ウミガメの刺身や島寿司、サワラの握り寿司(わさびではなく、からしで食べる)などがあります。 Siravich Suvithayasiri/

北海道のかもめ島はトロントとほぼ同じ緯度にあり、海辺というイメージはあまりないかもしれません。 江差港の防波堤であり、夏には海水浴やキャンプ、釣りが楽しめる絶好の場所です。 幅660フィート、長さ0.62マイル、海岸線1.6マイルのこの半島は、快適なアウトドア活動と歴史の勉強をするのに最適な場所なのです。

海から球根のようにそびえる神聖な平石は、自然の素晴らしさを表す神道のシンボルである注連縄で飾られています。 その昔、島の名産であるニシンが海から消えたという。 占い師が水や酒などの不思議な液体の入った瓶を海に投げ入れると、ニシンが戻ってきたという。

その瓶自体が、日本海の神を表す平石(へいし)という岩になったのです。 江戸時代には、ヒンズー教の水と漁民の女神サラスヴァティーにちなんで弁天島として信仰された。 7月最初の週末に、地元の神社で祝福を受けたたくましい青年たちが、ふんどし一丁で1,000キロの新品のしめ縄を担いで岩場を泳ぎ出す。 2日間にわたる祭りは、ボート競技、民族衣装のパレード、太鼓の演奏、カラオケ大会などが行われます。

沖縄-与那覇前浜ビーチ(宮古島)、西浜ビーチ(波照間島)

写真: 7maru/

日本の反対側には、21の輝く南国の島、沖縄があります。 フロリダ州マイアミと同じ緯度に位置する宮古島は、日本一のダイビングスポットとして知られ、年間を通してダイバーを受け入れています。 NAUIの資格を取得するためのスキューバダイビング指導は3日間で55,000円(約500ドル)と格安です。 宮古島ダイビング・アクアティック・アドベンチャーズのダイビングツアーでは、3つの島でマンタ、熱帯魚、サメ、海中洞窟、難破船、ウミガメ、サンゴを見ることができる。

宮古島のビーチといえば、与那覇前浜が東洋一のビーチといわれるが、それに匹敵するのが沖縄最南端の有人島、波照間島の西浜。 新石垣空港からバスとフェリーで2時間半、ターコイズブルーの海と絹のような砂浜は最高のバケーションになる。

More like this

コメントする