数学が苦手だと思っていませんか? 数学トラウマ」

私は数学を教える方法を人々に教えており、この分野で30年働いています。 9064>

人々が自分の話を私に話してくれるとき、共通のテーマがあります。 9064>

同僚のシャノン・スウィーニーやクリス・ウィリンガムと一緒に、教員免許を取得した人たちを対象に行った調査では、誰が数学者なのか、また数学者でないのかという概念が、私の研究を後押ししています。 9064>

数学のトラウマは、不安や恐怖、間違っていることに対する衰弱した恐怖として現れます。

数学のトラウマには複数の原因がありますが、親や教師が直接影響を与える力を持つものがいくつかあります:数学が得意であることの意味についての時代遅れの考えです。 これには、人間が実際のコンピューターであった数十年前に重要であったスピードと正確さが含まれます。

速度と計算を結びつけることは、学習者を衰弱させるのです。

しかし、多くの人が私に逸話として話していることが、研究によって確認されています。 Tying speed with computation debilitates learners. 時間制限のある数学のテストに苦労している人は、恐怖を感じることが多く、ワーキングメモリがシャットダウンしてしまうのです。 9064>

さらに、時間制限のある数学的事実のテストで成功した学生は、数学が得意であるということは、単に計算が速くて正確であるということだと信じているかもしれません。 この信念は、数学のアイデンティティを脆弱にすることにつながります。 生徒は、自分が何も知らない、あるいはそれほど速くないことが明らかになるのを恐れ、より難しい問題に手を出さなくなる可能性があるのです。 9064>

基本的な数学の事実を速く思い出すことは、学習にとって良いことだという神話は、深く悪質な根を持っています。 この神話は、子供たちに計算を得意になってほしいという善意から生まれたものです。 しかし研究によると、3×5=15というような事実を簡単に思い出せる能力は、まず算数の演算を理解することから始まるということが分かっています。 言い換えれば、数学的記憶を構築する最初のステップは、その数学の仕組みを理解することです。

意味を理解するステップをスキップすると、理解がもろくなり、認知的に高価な暗記になります。 暗記だけをしていると、新しい事実がそれ自体で一つの島のようになり、より簡単に忘れてしまう。 それに対して、数学の事実のパターンを理解することで、関連する事実を思い出すのに必要な認知的負荷が軽減される。

では、流暢な事実をサポートするために、親や教師は何をしたらよいのでしょうか。 数独やケンケン、ある種のカードゲームなど、数字で遊ぶゲームやパズルは、数学的事実を使う知的欲求を生み出し、子供たちが事実を流暢に話せるようになります。 9064>

Reframe mistakes as explorations.

Reframe mistakes as explorations.は、言葉や絵や物を使って自分の考えを説明するよう子供に求めることで、自分の考えの重要性を確認することができます。 正解がないことは、すべての考え方が間違っていることを意味するわけではありません。 子供たちに自分の考えを説明するように求めることは、彼らが今何を知っていて、次に何を学ぶ可能性があるかを理解するのにも役に立ちます。 子供がどのようにして答えを得たかについて質問することで、何がうまくいっていないのか、修正する価値があるのかについて考えさせることができます。 答えが間違っているとか、正しいとかいう放送をすると、正しい答えだけが重要だという信念を強めてしまいます。

第二に、害を与えないことです。 親が子供に「自分は数学者ではない」というメッセージを与えないようにすることが重要です。 これは、子供たちが自分たちの学習能力について信じていることに悪影響を与える可能性があります。 また、子供が数学を学ぶには苦しまなければならないという主張にも注意しましょう。

多くの大人にとって、今日の数学の授業は、私たちが経験したものとはまったく異なっているのです。 アメリカの学校は、スピードと正確さ-時には「ドリルとキル」とも呼ばれる-から、数学について話し合い、意味を理解する方向へと進んできた。 数学教師の教育者たちは、これらが良いことであるという点で意見が一致しています。 より深い理解は、問題を解決するための複数の方法を結びつけることから生まれると知って、子どもが学んでいることの中にある深い意味を探してください」

自分が数学のトラウマの生き残りであることを認識したら、心を強く持ってください。 あなたは一人ではありませんし、癒す方法はあるのです。 それは、数学が広くて美しいものだと理解することから始まります。 元の記事を読む(

)

コメントする