呼気一酸化窒素検査

呼気一酸化窒素検査とは

気道にむくみや炎症があると一酸化窒素ガスの発生量が増加することがあります。 この検査はFeNO測定と呼ばれます。 この検査は、吸入ステロイド治療の効果や肺の炎症の程度を把握する手段です。

どのように作用するのか? これは10億分の1またはPPBとして測定されます。 アレルギー専門医は、呼気を読み取ることができる特別な携帯用装置で検査を行います。 あなたは立ったまま、携帯型測定器に接続するチューブ付きのマウスピースを使用します。 看護師が、長く安定した呼吸ができるように指導します。

呼気一酸化窒素検査の前後に何を期待できますか?

FeNO検査の60分前から飲食してはいけないので、早めの朝食か遅めの昼食をとってください。 もし、その日の早い時間にタバコを吸ったり、アルコールを摂取した場合は、アレルギー専門医に知らせる必要があります。 呼吸器感染症もFeNOの値に影響を与えることがあるので、体調が悪い場合はアレルギー専門医に相談してください。 この検査は、診察時間内に当院で行う簡単な検査です。 検査後、そのまま一日をお過ごしいただけます。

コメントする