分割検体検査

DOT規制の薬物およびアルコール検査では、分割検体が標準的な方法です。 分割検体検査は、他の尿検査とほとんど同じように行われます。 しかし、ドライバーの採取した尿は2つのサンプルに分けられる。

分割検体検査の背景

分割検体検査は、ドライバーやその他の従業員を偽陽性から保護します。 この検査方法は、1991年にOmnibus Transportation Employee Testing Act (OTETA)が可決され、運送業界では必須となった。 OTETAの分割検体規定は、検査機器の不具合、検査機器の取り違え、正当な薬物や食品の存在によって引き起こされる偽陽性から運転者を保護することを目的としていた。 OTETAの下では、従業員のみが第2検体の検査を要求することができる。 DOT、雇用主、または医療審査官(MRO)は、2つ目のサンプルの検査を命令する権限を持っていません。 また、雇用主も分割検体による薬物・アルコール検査から利益を得ます。

分割検体検査の支払い

従業員がMROから最初の検体が陽性であると通知された後、72時間以内に2番目の検体の検査を要求することができます。 従業員が2回目の検査費用を支払えない場合、FMCSAは、検査が適時に実施できるよう、雇用主が費用を負担するよう求めています。 これに続き、雇用主は、適用される団体交渉方針または書面による会社方針に従って、従業員に払い戻しを求めることができる

コメントする