光計測用語集

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

Absorptance

表面または媒体内での光(放射)の消滅で、放射(光線)エネルギーが物質と相互作用して異なる形態のエネルギー(通常は熱)に変換することによって起こります。 吸収は、反射および透過エネルギーの合計と入射エネルギーを比較する際の「ミッシングピース」である。 吸収された放射束または光束の合計と入射束の比は、吸収率と呼ばれます。 吸収率の標準単位はパーセント(%)または0から1の間の係数である。 ある波長の透過率が70%であれば、その材料の吸収率は30%です。

Actinic

化学変化を引き起こす能力を示す放射線の特性です。 この業界では、この用語は通常、紫外線とその生物系への影響に関して使用されます。 アクチニックストリップは紫外線処理において、光源の強度を監視するために使用されます。 露光量に応じてストリップの色や光学濃度が変化します。 光源のアクチニックハザードの判定に使用されるILT光測定システムの一覧は、光放射ハザードアプリケーションのページをご覧ください。

Ambient Light

環境光とは、別の光源からの光放射を測定する検出器を取り巻く環境に拡散した光のことをいいます。 この光は光源から測定された信号に寄与しています。 有効な測定を行うには、各測定値から環境光または背景光の寄与を差し引く必要があります。

Aperture

放射エネルギーが通過できる穴。 角度開口は、最も発散する光線が穴またはレンズを通過することができる角度である。 レンズの口径はf/#で表現されることが多い。 f/#は、レンズの焦点距離と直径の比です。 焦点距離100mm、直径25mmのレンズは、f/4の開口部を持ちます。

Attenuator

センサーに到達するエネルギー量を減少させる装置。 このため、このような場合にも、アッテネータを使用することができます。 QNDS、QNDS2、QNDS3フィルタは、検出器でのフラックス密度をそれぞれ10、100、1000分の1に低減する減衰器です。 10nmの帯域幅は、10nmの放射の範囲を示しています。 この場合、たとえば500nmと510nmの間、1000nmと1010nmの間、またはスペクトル内の任意の場所で等しいサイズのセグメントとなります。

バンドエリミネータフィルタ

フィルタカットオフ以上の波長を通過させ、バンド内の波長を抑制するフィルタです。 ノッチフィルタとも呼ばれます。

Beamwidth

光源を頂点とする光の円錐形の角度幅。

Black Body

黒体は、それに衝突するすべての放射エネルギーを吸収する物体です。 黒体は加熱されると明確に定義された特徴的なスペクトルを放出し、これは検出器のスペクトル応答性を特徴付けるのに使用することができる。

Calibration

検出器からの信号出力を、標準として定義された検出器(通常は同一の照明条件下で国立標準技術研究所(NIST)が定義)の出力に正規化する処理。 また、特定の波長および測定距離における出力エネルギーが、標準機関(NIST)によって定義された標準ランプにトレーサブルである標準光源(ランプ)を使用することによっても校正が可能です。 1カンデラは1ルーメン/ステラジアンに相当する。 ビーム強度(Beam Candela)と平均球面強度(Mean Spherical Candela)の両方の表現に使用されます。

Candela, beam (cd or eff cd) photometric intensity measurement

Sampling a very narrow angle of the input beam, beam candela is only representative of the lumens per steradian at the peak intensity of the beam.入射ビームの非常に狭い角度をサンプリングして、1ルーメン/ステラジアンを表す。 サンプリング角度を定義する必要はない。

Candela,effective (eff cd)

Candela, Mean Spherical (cd) photometric intensity measurement

カンデラ(カンデラ)とは、光源が点滅する際の感度を加重平均した光ビーム強度の単位です。 積分球で測定した平均球面カンデラは、ルーメンでの光源の総出力を球の4πステラジアンで割ったものです。 1キャンドルパワー(cp)は、重さ1/6ポンド、直径7/8インチ、毎時120粒燃焼の鯨蝋製標準ろうそくの光度であった。 現在、光度のSI単位はカンデラ(cd)である。 1カンデラは1キャンドルパワーと同じなので、10カンデラの光源は10キャンドルパワーの光源と呼ばれる。 CCDは通常、最大数百万個の個々の検出素子からなる線形または2次元のアレイで作られています。

Chromaticity

色度(CIE)座標

カラーマッチングで使用される標準三刺激値の割合です。

CIE

CIE (Committee Internationale de l’Eclairage) は、照明と色覚に関する国際標準化団体です。

Color Temperature

色温度とは、黒体が基準と同様の色を持つために加熱されなければならない温度をケルビン度で表したものです。 40Wの白熱電球の色温度は約2680Kで、正午の太陽光の色温度は約5500Kです。

Cosine Collector

コサインコレクターは、平らな表面からの放射の通常のブロックを補償する半透明の光コレクタです。 コサイン・コレクタは、表面の上の半球を通してコサインの法則に従って放射をサンプリングする。 1790>

Cosine Law (Lambert’s cosine law)

The flux per unit solid angle leaving or entering a surface is proportional the cosine of the angle with respect to the normal to the surface.また、コサインコレクターはLambertian surfaceと呼ばれることがあります。

カットオフフィルタ

カットオフ波長より短い波長の光を通さず、カットオフ波長以上の広い波長帯を通過させるフィルタ。 カットオフ波長は、最大透過率から0透過率への遷移に沿ったある点で指定されます。 同じフィルターでも透過率の指定によってカットオフ波長が異なる場合があります。 同じフィルターでも、50%透過点を基準に500nmのカットオフフィルターとして指定することもあれば、485nmの透過率を5%とする5%透過点の指定であれば、485nmのカットオフフィルターとして指定することもあります。

Dark Adaptation

人間の目が低光量に適応する能力。

Dark Signal (Current)

暗信号とは光検出器に光照射がない時に流れる信号のことです。 この信号は、熱電子(温度)効果により検出器や増幅回路内で生成されます。

濃度計

濃度計は、物質の不透明度や吸光度を測定するものです。 測定値は通常、AU(吸光度単位)またはOD(光学密度)で表されます。

Diffraction Grating

回折格子とは、光を波長に分離する光学部品です。 機能的にはプリズムに相当し、光を回折させる溝を利用して光をスペクトルに分散させます。

Diffuse Reflectance

高指向性または鏡面(ミラー状)表面とは対照的に、散乱表面からの反射光束に対する入射光束の比率。 通常、ダイナミック レンジは、数十年 (10 の累乗) またはビット数 (2 の累乗) で表されます。 5ディケイドのダイナミックレンジは、その装置で測定可能な最大信号と最小信号の間に10万倍の差があることを意味します。 ダイナミックレンジが16ビット(264)の場合、測定可能な信号の最小値と最大値の間に65,532の要因があることを示します。

Einstein

光化学反応を起こす物質の1分子が吸収するエネルギー量に相当する単位で、Stark-Einstein則によって決定されます。

Electromagnetic Radiation

振動する荷電粒子によって放射される放射線のこと。 電場と磁場の複合振動で、光速で空間を伝搬する。 電磁波のスペクトルは理論的には無限で、ガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波、電波が含まれる。

放射率

同じ温度と波長の黒体が放射する放射に対する物体の放射の比率。

Energy Density

単位面積当たり表面に到達する放射エネルギーで、通常1平方センチメートル当たりジュールまたはミリジュール(J/cm2またはmJ/cm2)で表わされます。 放射照度の時間積分である。 (

Etendue

光学系のスループットとも呼ばれ、入射口径とその口径で光を受け入れることができる立体角の積である。

Exposure

単位面積あたりの表面から出るフラックス

Exposure

表面でのエネルギー密度または放射束密度に対する、一般的だが緩やかに使われる用語。 (電子線硬化では厳密に定義された用語である。 1グレイ(Gy)=1J/kg、単位質量あたりの吸収エネルギーの尺度)。 他の技術では、この用語は通常、対象媒体内で吸収されるエネルギーに適用されるが、UV硬化では、対象媒体の表面に到達する放射エネルギー密度にのみ等しく適用される。 . また、「線量」または「投与量」と呼ばれることもあります。

Filament

ランプバルブ内に意図的に配置された薄い金属線で、電流を流すと可視、赤外線、紫外線の範囲の放射線を発生させます。 引張強度が大きく、耐久性に優れ、融点付近まで加熱しても蒸発しにくいタングステン材がよく使われます。 ランプのフィラメントは、特定のapplications.

Filament Description

A filament description consists of a prefix letter, to indicate whether the wire is straight or coiled, followed by a number to indicate the arrangement of the filament on the supports.フィラメントは、フィラメントがサポートされているかどうかを示すために、数字で始まる。 接頭辞は通常3つのオプションのうちの1つです

  • S – Straight, there is no coil to the filament
  • C – Coiled, the filament is winding into a helical coil
  • CC – Coiled, the helical coiled filament are winding into another helical coil.
  • S – Coiled – Coiling and Coiled, The filament has been winding from the filament.

Flux

光ビームにおける1秒あたりのエネルギー(パワー)をワットまたはジュール/秒で表したもの。 (放射電力)。 測光測定では、光度は一般にルーメン(lm)で表されます。

Footcandle (fc) photometric measurement

フットキャンドルは照度の測定単位です(表面上の点に当たる光の量がどのくらいか)。 1790>

Footlambert (fl) photometric measurement

1/pカンデラ/ft2 に等しい輝度の単位です。 DNAは生殖に不可欠です。 UVC範囲の光放射は、DNA内の分子結合を破壊することができ、効果的に微生物を殺すことができます。

Hefner Unit photometric measurement

A unit of luminous intensity equal to 0.9 candle.

Illuminance photometric property

Luminous flux incident per unit area of a surface.It will be used for water treatment, and sterilization of foods and air purification, especially in hospital environments.

[光源装置]は、光の強度に関する単位で、特に病院の環境で使用されます。 1 lumen/m² = 1lux。

Infrared (IR)

0.75ミクロンから1000ミクロンに及ぶ電磁スペクトルの不可視部分。 近赤外線(NIR)の放射は熱の感覚を生み出します。

Integrating Sphere

中空球の内部に白い拡散膜をコーティングしたもの。 物体の拡散反射率や透過率、または完全に内部にある光源からの全光束を測定するために使用されます。

強度

立体角あたりの光束。 ラジオメトリック測定はW/srで行われる。

Inverse Square Law

逆二乗則は、点光源からのさまざまな距離における相対強度を相関させるものである。 相対的な強度は、距離の差の平方根のファクターに減少する。 例えば、光源から2mの位置での強度が16W/m²であれば、4mでは4W/m²、8mではW/m²となります。

Irradiance radiometric property

Radiant flux incident per unit area of a surface; the power incident per unit area.拡張した(非点)光源の場合、光源径の5倍に相当する距離で強度低下は逆二乗則に近づく。 放射線の単位はW/m²またはそのファクター(mW/cm²)である。

ジュール (J)

ジュールはエネルギーのSI単位。

Lambertian Surface

その発光または散乱がランバートコサイン則に従う表面。 コサインコレクター参照。

Linearity

入射放射と測定結果の値の間に、ある飽和点まで直接関係がある精度を指す。 線形性1%とは、入射放射の値に対する測定値の比が絶対値から1%以上変化しないことをいう。 1790>

Luminance photometric property

単位立体角あたりのフラックス密度。

Lux radiometric measurement

S.I. unit of illuminance equal to 1 lumen per square meter.

Mean Spherical Candlepower (MSCP)

light source の光度。 ランプのMSCP定格は設計電圧で測定され、光源から全方向に放出される光の総量です(積分球で測定)。

1MSCPは、1本の標準スペルマセチろうそくが全方向から放射するすべての光に相当します。 平均球形キャンドルパワーは、小型ランプの全光出力を評価する方法として一般に受け入れられている。 1MSCPは12.57(4π)ルーメンに相当します。

ミクロン
10-6 mに相当する長さの単位で、赤外線波長は通常ミクロンで測定されます。 分散素子を回転させ、狭いアパーチャまたはスリットを通して、狭い(単色)光帯域だけがモノクロメーターから出るようにします。 1ナノワット(nW)=10-9ワット

ナノメートル(nm)

10-9mに相当する長さの単位。

Narrow Band Filter

狭帯域フィルターは、限られた波長のみを通過させるフィルターです。 狭帯域フィルタは、通常、特定の中心波長、通過する波長範囲を示すバンドパス、バンドパスの限界における透過率で規定されます。 500nmの狭帯域フィルターで、バンドパスが10nm、カットオフが5%の場合、495nmから505nmの波長を通過させる。 これらの波長の上下の透過率は5%未満となります。

中性濃度フィルタ

エネルギーの相対的な分光分布を変えずに、通過する光の強度を減少させるフィルタ。 中性密度は、その減衰の対数底10で与えられます。 光学密度を参照。

Nit (nt) photometric measurement

明るさ(輝度)の単位で、1平方メートルあたり1カンデラに相当する。

ノイズ等価放射照度(NEI)

検出システムの固有ノイズに等しい信号を生成するために必要な放射束密度(W/cm2単位)。

Noise Equivalent Power (NEP)

検出器の固有ノイズに等しい出力信号を生成する、指定波長およびバンドパスでの放射電力。 法線は、反射角、回折角、屈折角を測定する際の基準となる。 入射角0度の光線は、表面に対して垂直に届きます。

Notch Filter

バンドエリミネータフィルタをご参照ください。

Opacity

光をブロックする材料の能力を表す指標。

Optical Chopper

一様な周波数で光ビームを通過および遮断するための機械的または電気光学的な装置。 OD=-log10T。 ODが1であれば、透過率は10%に相当します。 ODが2の場合、透過率は1%となります。

Peak Irradiance UV curing

ランプ直下の集光パワーの強烈なピークを指します。 放射照度プロファイルの最大点。

Phot (ph) photometric measurement

照度の測定単位。 1ph=10,000ルクス(lx)。

Photodiode

フォトダイオードは、逆電流が照明によって変化する光放射感受性接合を持つ2電極の半導体デバイスです。 波長感度は、デバイスに使用されている材料の関数です。 シリコンフォトダイオードは、可視光領域のほとんどに感度がある。 InGaAsフォトダイオードは近赤外領域で感度が高い。

Photodynamic Therapy

病気の治療に光放射を使用すること。 光線力学療法は、乾癬などの皮膚疾患や新生児の黄疸の治療に用いられ、最近ではある種の癌の治療にも使用されています。 フォトメータは、人間の目の反応に合わせたバンドパスを持つフォトピックフィルタを採用している。 光電子増倍管(PMT)

光電子増倍管は、光陰極が光にさらされると電子を放出する真空装置です。 その後、電子は静電場を通して金属板に加速され、より多くの二次電子が放出されます。 これを何段階かに分けて繰り返す。

「フォトニック(Photopic)」とは、人間の眼の反応と同様の感受性特性を持っています。

Photoresist

光にさらされると不溶性になる化学物質です。 フォトレジストをマスクを通して露光し、露光していない部分を洗浄し、下の材料をエッチングすることで電気回路を作ることができる。

Photostability

多くの化学製品は、医薬品と保護コーティングの両方で、光にさらされると劣化する可能性があります。 光安定性の測定は、劣化の原因となる主波長と、製品の有効性に有害な変化をもたらすのに必要な暴露量(線量)を決定するために行われます。 光安定性の研究では、可視光の波長による影響を紫外線と区別する必要がある。 一般に、2つの検出器が採用され、ろ過により、それぞれ1つのスペクトル領域のみの測定に限定されます。 1 pW = 10-12ワット

Radiance radiometric measurement

単位ソース面積あたりの放射パワー、立体角あたり。

Radiant Emittance radiometric measurement

単位面積の線源から全球(4pステラジアン)に放射される放射電力で、W/㎡で表される。

Radiant Exitance radiometric measurement

Radiant flux per unit area emitted from a source.

Radiometer

A device for measuring the intensity or accumulation of radiant energy.

Adjusting schere is typically used to make this measurement.The integrating sphere is focused to be used to be used.

Radiometry

放射線測定の科学 選ぶ際の注意点。 特定の波長またはバンドパスで、あるいは広いスペクトルにわたって波長の関数として放射エネルギーを検出・測定すること。

Ray

光学系を通過する光路の幾何学的表現

Reflectance

表面からの入射フラックスに対する反射フラックスの比。 場合によっては、全反射光束の鏡面成分または拡散成分のどちらかで測定されることもある。 反射率はパーセントで表されます。

Relative Spatial Responsivity

検出器の相対空間応答性は、受け入れ角度と、その角度で検出器に当たる入射放射線のパーセントを表わします。

Responsivity (spectral sensitivity)

入射波長の関数としてのシステムの応答または感度を指します。

飽和

放射束密度が、入射フラックスに対して線形関係で電子を放出する光検出器の能力のいずれかまたは両方を超える状態、および/または検出器が生成する電流が、線形で電流を測定する電子機器の能力を超える状態を指します。

Scotopic

暗順応条件下での人間の目の波長応答性に関するもの。

Sensitivity

入力信号に対する検出器からの出力信号の比を指します。 これは、検出器のノイズレベルを超える出力信号を生成する最小入力放射照度レベルとして表現されることもあります。

SI

Systeme Internationale d’Unities; 単位の国際メートル系

Spectral Response

検出器の相対感度を入力波長の関数として表した指標。

Spectrometer / Spectrograph

光と物質間の相互作用を波長の関数として測定する装置。 分光器は通常、検出器が内蔵されたモノクロメータです。 分光器には出射スリットがないため、多素子検出器や写真板を用いて広帯域の波長を同時に測定することができます。

鏡面反射

鏡面からの反射で、反射ビームに入射ビームの干渉性が維持されることです。 これは、反射光がLambertianのようにあらゆる方向に広がる拡散反射とは対照的です。

Steradian (sr)

球の表面上の領域が差し引く立体角の単位で、球の半径の二乗に等しい。

Stilb (sb) photometric measurement

1candela/cm² に等しい輝度の単位。

Lamp

“T” number of a lamp

The lamp “T” number is the diameter of the lamp in increments of 1/8 inch.この数字は、1/8インチ単位のランプの直径です。 T-1」ランプは直径1/8インチ、「T-2」ランプは直径1/4インチなど。

タルボ測光

光量をルーメン秒で表すSI単位。

熱電対 Thermopile

接合部の材料の温度差により小さな電流を発生する異種の金属からなる装置です。 熱電対は、スペクトルの赤外線領域の放射の測定に使用することができる。

Transmittance

入射放射電力に対する材料を透過した放射電力の比率。 通常、透過率はパーセントで表される。

UV(紫外線)

1nm~400nmの波長を持つ電磁スペクトルの不可視部分。 この波長域は、医療、紫外線硬化、フォトリソグラフィーなど多くの用途で使用されています。 地球の大気(海面)はUVAより短い波長をすべて吸収しています。 1790>

UVB

UVBは、280nmから320nmの波長域をカバーする紫外線スペクトルの一部分です。 UVB放射は、一般的に紫外線硬化やフォトリソグラフィー用途、また特定の医療用途で使用されています。 ランプや電気アークからの)UVB放射への暴露は、重度の日焼けを引き起こし、目の損傷を引き起こす可能性があります。

UVC

UVCは、190nmから280nmまでの紫外線スペクトルの一部分です。 また、UVCは通常、水処理および殺菌用途に使用されます。 また、マイクロエレクトロニクス分野では、UV硬化やフォトリソグラフィーに使用されています。 ランプ、アーク、レーザーによる)UVC放射への暴露は、深刻な生物学的損傷を引き起こす可能性があります。

VUV (真空紫外線)

VUVは190 nm以下の紫外線スペクトルの一部です。 190nm以下の電磁波は、空気中の酸素に吸収されます。

可視スペクトル(VIS)

可視スペクトルは400nmから700nmの間に広がっています(CIEによる)。

Watt (W) radiometric measurement

Wattはパワーまたは仕事の単位です。 1ワットは1ジュール/秒に相当します。

波長

電子が振動すると、振動する垂直な電場と磁場が発生します。 連続する電界強度の最大値の間隔を波長と定義する。 可視光線の場合、これらの距離は非常に小さく、通常はナノメートル(nm)の単位長さで表されます。

電力:

1ワット(W):
= 0.27 lm @ 400 nm
= 25.9 lm @ 450 nm
= 220.0 lm @ 500 nm
= 679.0 lm @ 550 nm
= 683.0 lm @ 555 nm
= 430.0 lm @ 600 nm
= 73.0 lm @ 650 nm
= 2.0 lm @ 540.0 lm @ 400 nm
= 3.0 lm @ 400 nm
= 3.0 lm @ 400 nm= 4.0 lm @ 650 nm
= 2.78 lm @ 700 nm

l lumen (lm)
= 1.465 x 10-3 W @ 555 nm
= 7.958 x 10-2 candela (4p sr)

1 joule (J)
= 1 w*秒
= 1 x 107 eerg
= 0.2388グラム*カロリー

1 lm*秒
= 1タルボット (T)
= 1.464 x 10-3 ジュール @ 555 nm

IRRADIANCE:

1 W/cm²
= 1 x 104 W/m²
= 6.83 x 106 lux @ 555 nm
= 14.1ルクス。33 g*cal/cm²/min

1 lm/m²

=1 lux
= 1 x 10-4 lm/cm²
=1 x 10-4 phot (ph)
= 9.290 x 10-2 lm/ft²
= 9.290 x 10-2 フットキャンドル(fc)

インテンシティ:

1ワット/ステラジアン(W/sr)
= 12.566ワット(等方性)
= 683カンデラ@ 555 nm

1ルーメン/ステラジアン (lm/sr)
= 1カンデラ (cd)
= 12.566ルーメン (isotropic)
= 1.560ルーメン (isotropic)

1 ルーメン/ステラジアン (rms/sr)
= 12.560ルーメン (rms/sr)464 x 10-3 W/sr @ 555 nm

RADIANCE:

1 W/cm²/sr
= 6.83 x 106 lm/m²/sr @ 555 nm
= 683 cd/cm²@ 555 nm

1 lm/m2/sr
= 1 candela/m² (cd/m²)
= 1 nit
= 1 x 10-4 lm/cm²/sr
= 1 x 10-4 cd/cm²
= 1 x 10-4 stilb (sb)
= 9.290 x 10-2 cd/ft²
= 9.290 x 10-2 lm/ft²/sr
= 3.142 apostilbs (asb)
= 3.142 x 10-4 lamberts (L)
= 2.919 x

コメントする