ロード・オブ・ザ・リング』の「シャドウファックス」が死去

『ロード・オブ・ザ・リング』三部作でガンダルフの見事な灰色の馬を演じた2頭のうちの1頭が、未知の腸の病気との迅速かつ激しい闘病生活の末、4月6日に死去しました。

ブランコはシンシア・ロイヤルが所有するサラブレッドのクロス種馬でしたが、症状が改善しないことが明らかになり人道的に安楽死させられたとのことです。 獣医師によるトップクラスの治療と充実した診断テストにもかかわらず、病気の原因を正確に特定することができず、治療には限界がありました。 病状が悪化するにつれ、シンシアは彼の苦しみを終わらせるという難しい決断を下しました。 1713>

ブランコと飼い主兼調教師のシンシア・ロイヤル

この素晴らしい馬は映画の走るシーンやスタントに使われ、ドメロというクローズアップ馬がセットで負傷したため、最終的にこのシリーズを完成させることができた。 イアン・マッケレンはブランコを「心を奪うような登場ができる馬」と呼び、ミナス・ティリスから白い木の中庭へと駆け抜ける、史上最も有名な馬の撮影シーンのひとつを演じた。 ガンダルフは彼の馬について「シャドウファクスには馬具がない」と語っている。 シャドウファクスに乗るのではない、彼は喜んでお前を運ぶのだ-そうでなくてもいいのだ」と語っています。 彼は中つ国のすべての馬の主であり、人間の言葉を理解することができ、ガンダルフとローハンの王たちにのみ忠実である。 シャドウファックスは何も装備していないという重大な指摘があったため、2頭の馬は画面の外で調教師による脚の合図と信号ですべてのスタントをこなすよう訓練しなければならなかった(ただし、イアン・マッケレンと彼の乗馬仲間は、いくつかのシーンでこっそり鐙を使った最小限の装備を使っていた)。 ブランコはまた、多数のコマーシャル、2013年のドキュメンタリー映画「Horse Medicine」、TVシリーズ「Hercules」のレギュラー役などにも出演していた。

『ロード・オブ・ザ・リング』のセットでシャドウファックスを演じるブランコと、ガンダルフ役のイアン・マッケレン

トールキンの代表的な三部作で、ガンダルフとシャドウファックスは、灰色の洞窟から不死の西方に向かう船、中つ国の優しい来世への通路に乗る準備をし、ガンダルフは死のビジョンを語っている。 “旅はここで終わりではない。 死は誰もが通る道に過ぎない。 この世の灰色の雨傘が巻き戻され、すべてが銀のガラスに変わる、そして、あなたはそれを見る。 白い岸辺、そしてその向こうには、速い日の出の下、はるかな緑の国」

馬の楽園、そこで我々はブランコに最高のホースネーション・サリュートを送る。

作者の注:シンシアがブランコの最後の、そして膨大な医療費を支払うためにGoFundMeに基金が設立されています。 寄付をご希望の方は、Blanco’s Funding Pageをご覧ください。

コメントする