ヘイフリック限界は私たちを永遠に生きられなくするのか?

ヘイフリック限界の発見は、細胞の生殖に対する科学の見方が根本的に変わることを意味しました。 博士の発見以前は、細胞は不老不死が可能だと考えられていたのです。 ヘイフリック限界の現象は試験管内でのみ研究されていたが、やがて科学界で一般に事実として受け入れられるようになった。 何十年もの間、この限界は乗り越えられないと思われていたし、今でもそう思われている。 しかし1978年、テロメアと呼ばれる細胞内の非複製DNAが発見され、細胞の不死性の可能性に光が当てられました。 この糸は通常、靴紐のプラスチック製の端(アグレットと呼ばれる)に例えられ、靴紐がほつれないようにする役割を果たしています。 テロメアも同じように染色体を保護しますが、染色体対の末端にあるテロメアは、細胞分裂のたびに短くなっていきます。 最終的にテロメアは枯渇し、アポトーシスが始まります。

広告

広告

テロメア発見がヘイフリック限界を支持しました;結局それは細胞が老化に入る物理メカニズムだったのです。 しかし、それからわずか 10 年足らずで、細胞の老化に関するもう 1 つの画期的な発見がありました。 テロメラーゼはすべての細胞に存在するタンパク質だが、正常な細胞ではオフになっており、何もしていない。 ところが、腫瘍や生殖細胞のような異常な細胞では、テロメラーゼは非常に活発に働いているのである。 テロメラーゼにはRNA鋳型があり、老化した細胞の染色体末端に新しいテロメアを作り出すことができます。 まず、テロメラーゼは腫瘍の中で自然に活性化し、尿からも検出されるため、テロメラーゼの有無を調べることで、がん患者をより効果的に検査できるようになります。 第二に、テロメラーゼを抽出し、合成する方法が明らかになったことである。 もし、テロメラーゼを正常な成体細胞に加えれば、ヘイフリック限界をはるかに超えて複製を続けることができる可能性がある。 この考えを裏付ける研究として、テロメラーゼを導入した細胞は通常の寿命より20倍も多く複製され、今もなお分裂を続けていることが報告されています。 プログラムされた細胞死には、テロメアの破壊以外にも無数の要因があるようです。 しかし、人間が死を恐れる限り、細胞であれ何であれ、私たちの不死に対するこれらの自然な障害を克服するための研究は常に行われるでしょう。

コメントする