ブルーチーズの嬉しいニュース

最近、ブルーベインチーズがグルテンフリーかどうかという質問が出ました。 ブルーチーズ(フランスのロックフォール、イギリスのスティルトン、イタリアのゴルゴンゾーラ、デンマークのダナブル、アメリカのメイタブルーなど)は、ペニシリウム菌由来のカビを使って作られていることを考えると、当然の質問といえるでしょう。 そのカビは、伝統的、歴史的にパンを基質として生育している。 そして、パンというのは、もちろんグルテンのことです。

カビを育てるためにパンが使われた場合、たしかにグルテンはチーズに混入する可能性があります(実際に混入しました)。

しかし、今日、多くの(ほとんどではないにしても)ブルーチーズは、グルテンを含まない化学基質を使って実験室でカビを成長させるという事実によって、グルテンフリーとなっています。 例えば、ベル・ジョイオーソ、ポイント・レイズ、ローゼンボーグの3つのチーズは、グルテンフリーです。

お気に入りのブルーチーズ会社のウェブサイトにグルテンに関する記述がない場合、そのチーズを製造している会社に問い合わせるのが一番でしょう。 グルテンフリーのブルーチーズを製造している会社は増えてきていますが、すべての会社がそうとは限りませんので、一番安全な方法は、問い合わせることです。 とはいえ、ほとんどのブルーチーズがグルテンフリーであることに変わりはありません。 ブルーチーズがお好きな方は、ぜひお試しください!

(質問を書いてくださった読者のマイクさんに感謝します!)

– Pete

.

コメントする