フロリダ博物館

恐竜が絶滅して約1000万年後に始新世が始まった。

植物食の哺乳類には、コンディラースと呼ばれる古代の蹄鉄動物がおり、肉食にはクレオドントという絶滅した犬のような獣のグループが含まれていました。 また、8フィートの高さの肉食の「恐怖鳥」も始新世に君臨した。

多くの「現代」動物のグループが始新世に初めて登場した。 ゾウ、コウモリ、クジラ、偶蹄目(artiodactyls)、奇蹄目(perissodactyls)の最初のメンバーが含まれています。 最初のウマ、ヒラコテリウム(別名エオヒップス)は始新世に出現した。 これは、すべての絶滅した馬と現代のEquus属を含む馬科の最も初期のメンバーである。

肉食動物や放散獣など、始新世の哺乳類の特定のタイプを認識し始めることができるが、それらは現代の対応するものとほとんど類似しているわけではない。

Photo by James St. John/Wikimedia Commons/CC-BY-2.0

ユタ-コロラド-ワイオミングのグリーンリバー層は広く、始新世の魚の化石で有名な湖成層です。

新生代の馬:

新生の間に生息した馬のことです。

コメントする