フランク・ロイド・ライトの珠玉の作品に満ちた米国の小都市

ニューヨーク州バッファローの人口は現在25万人程度だが、20世紀初頭にはエリー湖畔のこの都市は都市の中心であった。 100年以上前、バッファローは海運と製造業の工業港として、全米で8番目に人口の多い都市でもあった。 1901年には、カナダ国境に隣接するこの町は、アメリカのどの都市よりも一人当たりの富豪が多かった。 彼らは2つの住宅プロジェクトを依頼しただけでなく、工場のシンボルであるラーキン管理棟も設計しました。 1950年に消失しましたが、2つの邸宅と、ライトの設計に基づいて死後に建設された3つのプロジェクトは、見学することができます。 バッファローの寵児、マーティン・ハウス・コンプレックスは、この夏の初めに大規模な修復を終えた。 「これは、フランク・ロイド・ライトの建築物としては、アメリカで最も包括的で大規模、かつ高価な修復です」と、エグゼクティブ・ディレクターのメアリー・ロバーツ氏は言います。 以下では、バッファローを訪れるならぜひ見ておきたい建物を紹介します。

The Martin House

Photo: Patrick Mahoney

Parkside地区の歴史的な家屋に挟まれた、1エーカーの敷地に建つ15,000平方フィート、8ベッドルームのマーティンハウスは、庭師のコテージとダーウィンの姉と義兄のために建てられた家も併設されています。 1903年から1905年にかけて建てられたこの邸宅は、27年の歳月をかけて5200万ドルをかけて改装され、当時の景観に忠実な造りに生まれ変わった。 ライトの草原様式に基づき、ステンドグラスの「生命の樹」、モザイクタイルの両面暖炉、24枚のライトの錦絵、温室があり、すべての部屋から庭を眺めることができます。 ライトはこの家のために55の家具をデザインし、現在では5つを除いてすべてオリジナルとなっています。 1937年から1967年まで空き家だった後、建築家とバッファロー大学が所有し、現在はマーティンハウス修復公社が所有しています。ツアーには、トワイライトツアーと、建築をより深く理解するための景観重視のツアーがあります。 茂呂敏樹氏設計のガラス張りのグレートバッチパビリオンとビジターセンターは2009年にオープンし、モダンとミニマリズムが融合し、時折ヨガクラスも開催されています。

Graycliff

Photo:

パトリック・マホニー

エアコンが普及する以前、屋外の気温が耐え難いほど高くなると、前述のマーチン一家を含む富裕層は、エリー湖を見下ろすダービー近くの夏の別荘に逃げ込みました。 1926年から1929年にかけて建てられたこの邸宅では、3種類のインテリアツアーを楽しめるほか、ガーデン・トゥ・テーブル・ディナーや職人マーケットも随時開催しています。 グレイクリフ・コンサーバンシーが購入する前の1950年代から1990年代後半にかけては、ハンガリーの司祭がこの地に居住していました。 昨秋、グレイクリフは、リボン状の窓、片持ち梁のバルコニー、サンポーチなど、有機的な建築の主要な信条に焦点を当てた20年間の修復を完了し、有名な造園家エレン・ビドル・シップマンが行った造園も新しくなっています。 ライトのあまり知られていないデザインの中に、1927年にバッファローのダウンタウンで依頼された給油所があります。2つの暖炉(そのうちの1つは係員の部屋にある)、2本の45フィートの「トーテム」ポール、贅沢なバスルーム(ちょうど女性が運転を始めた頃だったので重要)、銅の屋根などの驚くべき設備があります。 バッファロー運輸ピアースアロー博物館のオーナーであるジム・サンドロは、タリアセンから17万5000ドルで図面の権利を買い取り、建築家のパトリック・マホーニーに実行を依頼した。 2012年に公開されたこの建物は、177,000平方フィートの博物館内にあり、風雨にさらされないよう、数百万ドル相当の精巧な修復済みビンテージカーに囲まれています。 ライトのシグネチャーであるチェロキーレッドとモーブの色彩に彩られたこの建物は、2階の「展望室」を誇り、顧客が自分の車の修理を待つ場所になっています。 ウィスコンシン大学のボートチームから依頼されましたが、学生たちが十分な建設資金を調達できなかったため、マディソンで実行されることはありませんでした。 マディソンから何キロも離れているが、水上スポーツとのつながりは変わらない。 現在、地元のボートチームによって使用され、クラブルームを含むプライベートなイベントにも貸し出されているボートクラブハウスは、エクスプロア・バッファロー主催のウォーターフロント「キャナルサイド入門」ツアーに組み込まれている。 過去12年間の修復は、主に川に面した窓を中心に行われ、ライトのデザインに一貫した木材であるオーク材で作られています。

Blue Sky Mausoleum

Photo: フレデリック・ロー・オルムステッドが設計し、バッファローで最も高い丘(というより緩やかな坂)があるフォレスト・ローン墓地のあるデラウェア・パークにあるこの霊廟は、ライトの1928年の設計に基づいて2004年に建てられたものです。 ダーウィン・マーティンの依頼で、彼の家族のための終の棲家として建てられたものです。 建築家のアンソニー・パットナムはライトの弟子で、ライトの遺作となったマディソンのモノナテラスの建築も手がけています。 ライトの言葉(「広い空に面した埋葬…全体として高貴な効果を失わないだろう」、このプロジェクトについてマーティンに書いた手紙から抜粋)がモノリスを飾り、広い階段は徐々に階段状になるようにデザインされています。

コメントする