ヒトのがんにおけるリボ核酸の生合成

白血病細胞を最初に認識したのはRudolf Virchow(1821-1902)とFridrich Miescher(1844-1895)で、窒素とリンを含む細胞物質を特定し分離したのに対し、Albrecht Kossel(1853-1927)は核酸を単離しました。 2つのプリン(アデニンとグアニン)と3つのピリミジン(チミン、シトシン、ウラシル)である。 しかし、がんは、細胞のDNAとRNAの複数の変化によって引き起こされる100以上の異なる病気のグループと定義され、それは細胞が攻撃的、侵襲的、時には転移的である制御不能な成長(有糸分裂)によって特徴付けられる。 また、ワトソンとクリックによるDNA分子の二重らせんの発見は、20世紀の科学に新たなマイルストーンをもたらした(図1)。 図1

核酸は一本鎖の RNA と二本鎖の DNA である。

DNA二重らせんの完全なターンは、34Ǻ(3.4 nm)の距離をカバーする10塩基対にまたがっています。 個々の塩基対は 34 Ǻ (3.4 nm) の間隔をあけて配置されています。 ストランドが交差する場所には、見る人に垂直に伸びる塩基対が隠されている。 内径は11Ǻ (1.1 nm)で、外径は20Ǻ (2.0 nm)である。 二重らせんの円筒形の輪郭の中には、ポリペプチド鎖が入るのに十分な大きさの溝が2本ある。 ヒトの最大の染色体である1番染色体は約2億2千万塩基対からなり、長さは85 nmである。 二重らせんの横にあるマイナス記号は、それぞれの鎖の全長にわたって、マイナスに帯電したリン酸基が多数あることを表している。 二本鎖のDNAとは異なり、RNAは生物学的役割の多くにおいて一本鎖の分子であり、ヌクレオチドの鎖もはるかに短くなっている。 しかし、RNAは相補的な塩基対形成により、tRNAのように鎖内二重らせんを形成することができる。 DNAはデオキシリボースを含むが、RNAはリボースを含む(デオキシリボースは2位のペントース環に水酸基が結合していない)。 この水酸基のために、RNAはDNAよりも加水分解されやすく、安定性に欠ける。 アデニンの相補塩基はDNAのようにチミンではなく、チミンの非メチル化体であるウラシルである

Adopted from: Watson J.D. and Crick, F.H.C. (1953) “Molecular structure of nucleic acid. A structure of deoxyribosenucleic acid”, Nature, vol.171, pp.737-738; Gregory, S., Barlow, K.F., McLay, K.E., Kaul, R., Swarbreck, D., Dunham, A., Scott, C.E., Howe, K.L. and Woodfine, K. (2006). 「ヒト1番染色体のDNA配列と生物学的アノテーション(The DNA sequence and biological annotation of human chromosome 1)”. Nature, vol.441 (7091), pp.315-221; Nelson, D.L. and Cox, M.M. (2008) Lehninger Principles of Biochemistry, 5th edn., pp.277-287. New York, NY: 5757>

このような遺伝物質が、すべての生きた細胞の機能において非常に重要な役割を果たす構造および触媒タンパク質として発現する詳細なメカニズムは、まだ明らかではありませんでした。 スタンレー・ミラー(1930-2007)とハロルド・ユーレイ(1893-1981)は、地球上の初期の生命が存在したと考えられる仮想的な条件をシミュレートする実験を計画し、生命の起源となる地球上の化学物質の発生を定性的にテストした。 H2、CH4、H2O、NH3の必須化学元素を無菌ガラスフラスコとチューブに閉じ込め、放電させると、タンパク質の構成単位である20種類のアミノ酸のほか、アデノシン三リン酸、脂質、いくつかの糖、RNAやDNAの塩基などの有機化合物が生成された(Lazcano and Bada)。

Crick らは、DNA とタンパク質の配列を分析し比較する技術がなかったにもかかわらず、遺伝暗号の性質を決定するためのエレガントな実験戦略を考案し、それが驚くほど正しいものであった。 遺伝暗号とは、DNA(あるいはそのRNA転写物)の塩基配列とタンパク質のアミノ酸配列の関係のことである。 遺伝暗号の特徴は以下の通りである。 (1) 3つのヌクレオチドが1つのアミノ酸をコードする、(2) コードが重複しない、(3) コードに句読点がない、(4) 遺伝コードが縮退している、です。

プロリンだけがこの基本構造とは異なり、N末端のアミン基に珍しい環があり、CO-NHアミド部位が固定コンフォメーションになるよう強制されています … このように概念的なブレークスルーが得られると、タンパク質の生合成の多くの段階を解明する複雑な作業が実験室で始められるようになった。 タンパク質のアミノ酸配列は、遺伝子によって定義され、遺伝暗号としてコード化されている。 この遺伝暗号は20種類のL-α-アミノ酸を規定しているが、タンパク質中の残基は翻訳後修飾により化学的に変化していることが多い:タンパク質が細胞内で機能する前、あるいは制御機構の一部として。

遺伝子は、タンパク質を作るための命令を含む核酸でできています。酵素もタンパク質でできており、遺伝子を複製するために必要です。

あらゆる構造遺伝子のDNAの2つの相補鎖にコードされた遺伝情報は、DNAまたはRNAテンプレートからRNAの合成を触媒するDNA依存RNAポリメラーゼという酵素によって転写されます。 真核生物のRNAポリメラーゼ(pol-I 、pol-II、pol-III)は、多タンパク質の中心的な機械である。 DNA依存性RNAポリメラーゼは、mRNAと呼ばれる鎖の一方に相補的な一本鎖RNAのコピーを作る。 このリボソームは、直径25〜30nm(250〜300Å)の2つのサブユニットからなり、rRNAとロテインの比率はほぼ1である。 リボソームは、mRNAが翻訳される際のブラックボックスとして機能する。 翻訳という用語は、リボヌクレオチドの直列配列に含まれるmRNAの遺伝的内容が、アミノ酸の直列配列に変換されるすべてのステップを包含している。 mRNAは、ゲノム(DNA)から実際に遺伝情報が伝達され、タンパク質に翻訳されるために適切な細胞質部位に配置される手段であると考えることができるかもしれません。 オルガネラの生合成と維持には、新しく合成されたタンパク質が必要です。それぞれのタンパク質は、mRNAを翻訳するリボソームから、オルガネラのサブコンパートメントに正しく移動する必要があります … 興味深いことに、脂肪と肥満に関連する遺伝子はmRNA脱メチル化酵素の16番染色体上に位置していることが実証された、すなわち、mRNAのメチル化は人間のエネルギー恒常性に重要な役割を果たしている。 ヌクレオチドは、酵素を介した一連の反応によって合成されます。 リボースと異なる塩基の合成経路は別々に追求され、それらが集まってヌクレオチド三リン酸を形成する。 アデニン、リボース、3つのリン酸基からなるエネルギー運搬分子ATPは、RNAの合成に用いられるヌクレオチド構成要素の1つであり、他にはグアノシン3リン酸、シチジン3リン酸、ウリジン3リン酸がある …。 これらのヌクレオチドは通常、ATPからその二リン酸型ヌクレオチドにエネルギーが伝達されることによって合成される。 したがって、細胞内でRNAのビルディングブロックとして働くヌクレオチド三リン酸の一般的なプールがあります。 これらの自由なヌクレオチドは、RNA分子がDNAに存在するコード化された情報の一部が含まれている線形配列に組み立てられ、DNAがアデニンチミンの塩基対を使用してmRNAにコピーされると、グアニンシトシンは、DNA転写のプロセスである . mRNAの合成時には、DNAのアデニン・チミンとグアニン・シトシンの対の間の結合と、二本鎖構造が部分的にほどけ、2本の鎖が分離する。 遊離したヌクレオチド三リン酸の塩基と、分離したDNA鎖の一方の塩基は、新たな結合を形成する。 そのため、DNAはRNAの塩基配列を指令する鋳型の役割を果たす。 遊離ヌクレオチド中のアデニン塩基はDNA中のチミン塩基と対になり、遊離ヌクレオチド中のウラシル塩基もDNA中のアデニン塩基と対になります。 同様に、遊離ヌクレオチド中のシトシンはDNA中のグアニン塩基と対になり、遊離ヌクレオチド中のグアニン塩基はDNA中のシトシン塩基と対になる ………………….。 その結果、RNAの塩基配列は、DNAの塩基配列の鏡像である新しい塩基配列となる。 ヌクレオチドの塩基対形成の最大の利点は、DNAの2本鎖が簡単かつ正確に複製できることなので、各塩基は他の1つの塩基としか対にならない(チミンとアデニン、アデニンとチミン、シトシンとグアニン、およびグアニンとシトシン)。 したがって、元のDNAコドンがシトシン-グアニン-チミンという塩基配列を含む場合、mRNA中の相補的なコドン配列はグアニン-シトシン-アデニンということになります .

適切な遊離ヌクレオチド三リン酸がDNAの対応する塩基と塩基対になると、酵素RNAポリメラーゼII(12サブユニット)によりヌクレオチドが互いに結合し、ヌクレオチド三リン酸からピロリン酸が分割されて、mRNAの糖-リン酸骨格を形成する。 この酵素はDNAの存在下でのみ活性化し、非存在下ではフリーのヌクレオチド三リン酸を連結することはない。 酵素はDNA鎖に沿って移動し、成長するmRNA鎖に一度に1つのヌクレオチドを結合させる。 RNAポリメラーゼII活性はDNA依存性である。つまり、RNA転写物を合成する前にDNA鋳型分子が必要である。 DNA依存性ポリメラーゼは、RNA合成を行うために、Mg2+とリボヌクレオシド5′三リン酸も持っていなければならない。 RNAポリメラーゼは、5′から3′までの新しいRNA鎖を作成する。

タンパク質の発現は、転写の速度およびmRNAの輸送、安定性および翻訳効率の変化につながる転写後のプロセスによって決定される。 これらの転写後のプロセスは、RNAの修飾、二次構造、マイクロRNA(miRNA)、および転写物の3′非翻訳領域にある調節要素を認識するRNA結合タンパク質によって媒介される。 ポリアデニレーションは、遺伝子の転写が終わるとともに始まるが、mRNAの細胞内代謝の多くの局面で重要な役割を担っており、mRNAにポリ(A)テールを付加する重要な細胞内プロセスである。 新しく作られたプレmRNAの3番目のセグメントは、まず一連のタンパク質によって切断される。次にこれらのタンパク質は、いくつかの可能な部位のうちの任意の1つでポリ(A)テールを合成する。 この切断により、mRNAの末端を規定する遊離の3′-ヒドロキシル基が生成され、この基に、反応を触媒するポリアデニル酸ポリメラーゼが直ちにアデニン残基を付加する:

$$ \mathrm{R}\mathrm{N} {mathrm{A} {mathrm{B + \mathrm{nATP}. \circ ledR} {pathrm{R} {pathrm{N}} {pathrm{A}}hbox{-}. {\left(\mathrm{A}\mathrm{M}\mathrm{P}\right)}_{\mathrm{n}} + {\mathrm{n}\mathrm{P}\mathrm{P}}_{\mathrm{i}} $$

ここで、n = 200-250 . ポリ(A)テールとその関連タンパク質は、酵素による破壊からmRNAを保護する可能性が高いです。 タンパク質をコードする遺伝子は、複数のポリアデニル化部位、すなわち「余分なRNA」を持つ場合があり、1つの遺伝子は3末端が異なる複数のmRNAをコードすることができますが、mRNAのポリアデニル化は切断部位を取り巻く様々なcis-作用因子とその結合因子により制御されています。 代替ポリアデニル化によって3′非翻訳領域の長さが変化するため、代替ポリアデニル化によって3′非翻訳領域が全体的に短くなることは、がんの新たな特徴であり、3′非翻訳領域が含むmiRNAの結合部位も変化することができる。 つまり、ポリアデニレーションは、tRNA、rRNA、snRNA、snoRNAなどの多くの非コードRNAを分解するためにRNAをマーキングする方法なのです。 RNAエキソソーム(30-100 nm)は、補因子と結合したときにのみ完全な活性を得る、保存された分解装置です。ポリ(A)テールは、ヒトRNA断片で、ホモポリマーのテールとヘテロポリマーのテールの両方が見つかっています . 特定のmRNAの制御されたポリアデニレーションは、卵形成、細胞周期の進行、シナプスの可塑性に関与している。 ポリアデニル酸ポリメラーゼを含む多くのポリアデニル化トランス作用因子は、細胞周期、アポトーシス、癌の予後に関与することが分かってきている . そのため、癌の進行過程でalternative cleavageやpolyadenylationを受ける遺伝子は、有用な新規バイオマーカーとなり、病気の予防や治療のターゲットとなる可能性がある。

マイクロRNAは、ヒト遺伝子の3分の1を制御する転写後制御因子の内在性クラスで、長さは小さく(21-25 nucleotide長の断片)、1本鎖である。 既知のマイクロRNAの約半数は、非タンパク質コードRNA(イントロンおよびエクストロン)またはタンパク質コード遺伝子のイントロン内に存在することが研究により示唆されています。 マイクロRNAは、複数の標的mRNAの3′-非翻訳領域に存在する不完全な塩基対の相補的配列を認識して結合し、遺伝子発現の翻訳をブロックしたり、mRNAの切断を誘導して、標的mRNAの翻訳効率の低下や阻害を通じて多くの重要なプロセスを制御することができる。 最近の研究により、miRNAは、癌から心血管肥大症に至るまで、様々なヒトの疾患において異常発現していることが明らかになっています。 マイクロRNAは、全遺伝子の約60%を標的としており、ヒトの全細胞において100種類以上の標的を抑制するために豊富に存在している。バイオインフォマティクスによると、4種類のリボヌクレオチドからなる22ヌクレオチドの一本鎖RNAは、1013通り以上の配列の組み合わせが可能であるとされている。 つまり、細胞には通常1049個のmiRNAが存在するので、生物学的に有用なmiRNA-mRNA相互作用をもたらすために、特定のmiRNAオリゴヌクレオチド配列のみを利用する非常に高い発生・進化上の選択圧が存在するはずである … miRNAの生合成は、DNAの転写から始まる他のRNAと同様である。 miRNAは、RNAポリメラーゼIIによって処理された独立した転写物であり、リボヌクレアーゼIII(Mg2+依存性エンドヌクレアーゼ)、Droshaおよびその補因子Pasha(DGCR8)からなる「マイクロプロセッサー」複合体によって核内に結合されている。 細胞質では、リボヌクレアーゼIII(Dicer1 /TRBP複合体)により前駆体miRNAから成熟型miRNAが生成される . ダイサーは、二本鎖RNAをmiRNA断片に切断することでRNA干渉を開始する特殊なリボヌクレアーゼであり、TRBP(ヒト免疫不全ウイルス transactivating response to double strand RNA-binding protein)はダイサー含有複合体の必須成分である

多くの病気を含む新形成は細胞の分化、成熟、成長制御の異常である …。 Rupert Allan Willis (1898-1980) は新生物を「異常な組織の塊で、その増殖が周囲の正常組織のそれを上回り、協調しておらず、変化を誘発した刺激の停止後も同じ過度の状態で持続する」と定義し、この定義が広く引用されている。 また、いくつかの新生物および非新生物疾患には循環核酸が存在し、癌ではそのほとんどが腫瘍に由来することが示されている . また、Conrad H. Waddington (1905-1975)は、細胞環境と遺伝子が表現型決定に及ぼす影響との複雑な相互作用を報告し、その分子シグナルをエピジェネティック現象に帰着させた。 エピジェネティックなシグナルは、準安定な転写状態の確立、維持、反転に関与しており、プロモーターのハイパーメチル化、サイレンシングされた癌抑制遺伝子、上流の転写因子、DNA修復酵素と直接的な相関がある。 がんは究極的には遺伝子の病気であるため、エピジェネティック情報が細胞分裂を通じて伝達されるメカニズムは、複雑なエピジェネティック状態がいくつかの収束したシグナルによって編成されるため、依然として不明である。

生物学的に活性なRNAには、mRNA、tRNA、rRNA、小核RNA、その他の非コードRNAがあり、RNAの一部が折れて自分自身と対になって二重らせんを形成できるような自己相補性配列を持っています(図2)。

図2

細胞における情報伝達の基本的なプロセス。

これらのRNAを分析した結果、RNAは高度な構造を持ち、長い二重らせんではなく、短いらせんの集合体がタンパク質に似た構造に詰め込まれていることがわかりました。 RNAは酵素の化学触媒作用に合わせて折り畳まれ、適合しています。例えば、ペプチド結合の形成と解放を解析するリボソームの活性部位は、すべてRNAで構成されています … 続きを読む rRNAは実際に翻訳が行われるリボソームの構造成分として必要であり、tRNAはアミノ酸の活性化、mRNAによるアミノ酸指定のアダプター、成長するタンパク質鎖とリボソームとの結合に必要である(図2)。 DNA転写の過程では、作られるRNA分子内のヌクレオチドユニットの位置は、鋳型となるDNAの制御下にある。 この鋳型が配列を決定する手段には、塩基対の相互作用と、タンパク質と核酸の特異的な相互作用の両方が含まれる。 各RNA鎖は、DNA鋳型上の特定の部位で開始され、鋳型上の別の種類の部位で終結する。すなわち、転写の単位が定義されている。 これは選択的なプロセスである。 DNAテンプレート中の特定のシグナルが転写装置によって認識される。 転写の開始はDNA中のプロモーター領域によって支配され、終結を支配する領域はターミネーターと呼ばれる。 DNAの塩基配列にコードされた情報が、その塩基配列に対応したmRNAを合成することにより転写される。 (2)翻訳 mRNAの塩基配列がタンパク質合成装置によって解読され、タンパク質のアミノ酸配列に翻訳される。 この情報伝達はドグマに包含されている。 DNA → RNA → タンパク質」

Hernández, G. (2012) On the Emergence and Evolution of the Eukaryotic Translation Apparatus, in Cell-Free Protein Synthesis, Biyani, M. (ed.), p.32. Retrieved September13, 2014 from http://cdn.intechopen.com/pdfs-wm/39965.pdf.

Archibald Garrod (1857-1936) is one of the first scientists to propose that inherited factors (genes) controlled the function of proteins .遺伝子がタンパク質の機能を制御していることを初めて提唱した科学者の一人。 代謝の欠陥(病気)は、特定の酵素が必須生化学反応を触媒できないことと関連している可能性がある。 タンパク質の合成(翻訳)は、mRNA分子によって指示される。 翻訳は、2つの段階で行われると見ることができる。 (1)mRNAのRNA塩基配列がアミノ酸の配列を決定する情報伝達と、(2)隣接するアミノ酸間のペプチド結合を形成する化学過程である。 翻訳に必要な構成要素は、mRNA、リボソーム(60Sと40S)、tRNA、アミノアシルtRNA合成酵素、および開始、伸長、終結に関わるアクセサリータンパク質である。 伸長には3つの過程があると考えられている。 (1)アミノアシル化された各tRNAを整列させる、(2)新しいアミノ酸をポリペプチド鎖に付加するためにペプチド結合を形成する、(3)リボソームをmRNAに沿ってさらに3塩基(1コドン)移動させる、である。 伸長は停止コドンに到達するまで進行する。 遺伝暗号には3つの停止コドンが存在する。 UAG, UGA, UAA .

非常に多くの農業、工業、家庭用化学物質の発がん作用を評価することは例外的に困難ですが、飲料水、沿岸水、海洋生物の汚染を引き起こす可能性のある様々な農業および工業廃棄物の廃棄によって、重大な危険がもたらされます . また、化学物質の発がん物質の同定は、その影響が劇的でない限り、化学物質の曝露と発がんとの間に長いタイムラグがあるため、問題がある 。

表1 ヒトの主な発がん性化学物質

ウイルスとは、タンパク質の保護膜に包まれた超微細なビリオンで、感染性物質、偏性細胞内寄生生物であり、組織培養における増殖はそのコアとなるDNAまたはRNAと宿主細胞のタンパク質合成過程に依存しているものです。 主な病原ウイルスは、アデノウイルス科、フラビウイルス科、ヘパドナウイルス科、ヘルペスウイルス科、ホミキソウイルス科、パポバウイルス科、パラミクソウイルス科、ピコナウイルス科、ポリオーマウイルス科、オルトミクスウイルス科、ラブドウイルス科およびトガウイルス科です。 ウイルス感染症は一般に臨床症状が現れると同時に複製機能として最適な時期に到達し、複製は以下のステップで構成されている。 (1)感受性細胞への付着・侵入、(2)非構造タンパク質の分解によるウイルス増殖に必要な核酸の確保、(3)転写・翻訳によるRNAまたはDNAの合成(図2)、(4)構造・機能タンパク質の合成、(5)成熟ウイルス粒子の形成と細胞からの遊離。 表2には、臨床的にウイルスの複製を阻止する抗ウイルス化学剤(ケモプロフィラキシー)を示した。

表2 抗ウイルス剤とその特性

Methodology

感染すると、ウイルスRNAはヒト宿主細胞膜に浸透し、いくつかの細胞のRNaseによって破壊されるか、リボソームに結合して増殖、分裂して無制限に速いペースでタンパク質を作るようになります。 転写サイクルは、プレイニシエーション、イニシエーション、プロモーターのクリアランス、エロンゲーション、ターミネーションからなり、腫瘍の成長性に大きな影響を与える。 宿主細胞がウイルス感染を認識し破壊できないのは、抗原がリンパ球と反応するのを助ける特定の共刺激分子がないことが原因である。 したがって、癌の基礎研究は、原因の特定と予防、診断、治療、治癒のための戦略開発を伴います。 この研究は、化学療法、ホルモン療法、免疫療法、ナノ材料、緩和手術、放射線療法、複合治療など多岐にわたり、その評価方法は主に以下の通りである。 (細胞診(剥離・吸引細胞診)、②フローサイトメトリー、③子宮内膜法、④免疫組織化学、⑤分子診断(アプタマー)、⑥腫瘍マーカー(ホルモン(カルシトニン, カテコールアミン&代謝物、異所性、ヒト慢性ゴナドトロピン-HCG)、オンコフェタル抗原(α-胎児蛋白、カルチーノ胚性抗原)、アイソ酵素、特異蛋白、ムチンや糖蛋白、新しい分子マーカー)。

制御することが可能なタンパク質合成の各ステップのRNAファージは、与えられたタンパク質の個々の相互関連生合成を示すものである。 開始複合体形成の速度は、ウイルスの各タンパク質の量を決定する 。 RNAポリメラーゼは、ウイルスRNA、悪性形質転換の最も中心的なメディエーターのプロセスを複製するために開始されます 。 RNAポリメラーゼI、RNAポリメラーゼII、RNAポリメラーゼIIIは、タンパク質コード遺伝子を転写し、前駆体rRNA 45Sの合成、クロマチンリモデリング、転写活性化、伸長、RNAプロセシングに関わる因子と相互作用している。

多細胞真核生物のヒト酵素は、核、核小体、ミトコンドリアなどの内部小器官を出発物質として分離して精製できるが、核酵素の一部は拡散性があるため、3つのRNAポリメラーゼすべてを同時に回収できないことがある。 JacobとRoseは、哺乳類RNAポリメラーゼの可溶化、精製、困難な方法について広範囲にレビューしている。

HeLa細胞は、しばしばRNAポリメラーゼ複合体の供給源となった。 10%ホルマリン固定パラフィン包埋組織標本は、病理組織学的検査が行われ、臨床研究にとって貴重な資源となるが、抽出された核酸は断片化し、化学的に変化しているため、分子研究には使用しにくい。 病理組織学的観察は、進行度、転移しやすさ、治療や放射線療法の感受性、予後などに利用されている。 興味深いことに、ラマン分光法は非侵襲的な手法であるため、固定や標識の手順なしに細胞内の生体分子をその場で観察することができます。

ビシンコニン酸キットタンパク質定量法では、25-2000μg/mlの領域のタンパク質濃度を決定するのに広く使用されている。 細胞を低張緩衝液(20 mM Tris-HCl , 1 mM CaCl2, 1 mM MgCl2, 1 mM ZnCl2 containing 1% Triton X-100)で氷上5分間懸濁溶解し、ショ糖中で15000 rpm、4℃、15分間帯遠分離し、核小体と核質画分に分離、上清を採取、-20℃で再使用まで凍結保存したもの . この方法は、色素結合発色性タンパク質のバリエーションアッセイとして広く用いられているLowryらやBradford法を改良したものです。 Bradford 法は、特定のアミノ酸残基であるアルギニン、リジン、ヒスチジンが、酸性環境下でクマシーブリリアントブルーG-250色素の非共役基と結合することを利用したアッセイである。 色素とタンパク質の複合体が形成されると、赤褐色の酸性溶液のpKaは青色に変わり、595 nmで測定される。 Bradford dye は使い勝手の良いプロトコールで、迅速かつ比較的高感度ですが、ウシ血清アルブミンとウシガンマグロブリンの標準曲線に対して、いくつかの化合物がアッセイを妨害する可能性があります . もう一つのLowryらのタンパク質測定法は、アルカリ性条件下(pH10.0-10.5)でCu2+とペプチド窒素(s)複合体を形成し、その後Folin-Ciocalteayリンモリブデン酸試薬が還元されて750nmのスペクトルでヘテロポリモリブデンブルーとなりますが、EDTAは発色剤の生成を阻害することがあります .

Radio-immunohistochemistry is a very sensitive in vitro technique where a traceable radioactive isotope tags a marker to detect, identify and quantitate the concentration of specific ochemical neoplasia substances (s) …放射性同位元素をマーカーとして使用し、特定の化学腫瘍物質の濃度を検出する、非常に高感度な手法です。 ラジオイムノアッセイは、RNA ポリメラーゼ I、RNA ポリメラーゼ II、RNA ポリメラーゼ III、および mRNA の濃度を同定し、定量するために開発された。 逆転写酵素の指標として酵素活性よりも感度が低いが、微量のタンパク質を用いて、RNA腫瘍ウイルス産生細胞に対する阻害剤の存在下で抗原を検出することができる。 mRNAと多種類のノンコーディングRNAを合成するRNAポリメラーゼIIがほとんどで、成長中の細胞でのRNA生産は、大きなrRNAの前駆体を転写するRNAポリメラーゼIと、rRNA、tRNA、いくつかのノンコーディングRNAを転写するRNAポリメラーゼIIIによって行われる …。 Hossenloppらは、抗ポリメラーゼI血清を用いて、3つのRNAポリメラーゼを阻害する順番に分類している。 I > III > I、ポリメラーゼIとIIはポリメラーゼIとIIよりも近縁であることを示している .

所見と解釈

核および核質RNA sysnthesisに対する選択的阻害の差効果は、分裂様生化学反応および形態学反応を引き起こす異なる核および染色体RNAポリメラーゼの存在と関連している.また、核および染色体RNAポリメラーゼは、核および核質RNA sysnthesisに対する選択的阻害の差効果は、分裂様生化学反応および形態学反応を引き起こす。 また、HeLa 細胞におけるリボソーム合成は、化学物質がウイルス性有糸分裂の生理学的および構造的な遷移を引き起こすであろう 45S RNA 転写のレベルではなく、プロセシングのレベルで制御されていることが示された 。 表2には、ウイルスの複製過程を阻害すると考えられる治療薬をいくつか挙げている。

結論として、ヒトゲノム解読の出現は、浸潤性ヒト腫瘍細胞の診断、予後および治療法の目覚しい進歩を促進した。 また、有糸分裂に伴う細胞死(アポトーシス)を阻害し、化学療法抵抗性の腫瘍細胞を変性させ、タンパク質の発現を抑制する化学薬剤の研究も新たな分野となった。 Giri と Kumar は、ヒトのがん細胞におけるネオポリ(A)ポリメラーゼの過剰発現が、がん細胞イベントにおけるポリアデニレーションの重要性を示していると報告しています。 RNAと天然アルカロイドまたはその合成アナログとの間の静電的相互作用の特異性は、ポリアデネレーションにおける自己構造を誘導することができることを見出した。 したがって、多くのRNA構造に対して優れた結合親和性を示す新規化合物は、RNA標的癌治療薬の開発においてポリ(A)構造を調節するために利用することができる。 また、アプタマーのナノ粒子は、特定の抗原エピトープとその結合部位の反応をターゲットにするために出現しています。 これらは、臨床診断や治療において有望な技術である。 腫瘍の遺伝学に関するこのような新しい洞察は、与えられた腫瘍を治療し、縮小し、寛解を長引かせることができる新薬の開発への画期的な洞察を促している<5757>。

コメントする