ヒゲは本当に冬になると早く伸びるのか?

silentrobさんからの質問です。

一般によく言われるのは、寒い季節に体を温めるのに役立つとされる進化の恩恵により、冬になると髪が早く伸び、太くなり、自然に長くなるということです。 しかし、これは本当に正しいのでしょうか?

前者については、イエスでもありノーでもあります。 後者については、ヒゲの成長サイクルにもっと興味深いことが起こっていることが判明しました。

まず、髪の成長サイクルが実際にどのように機能するかを理解することが重要です。 髪の長さは、毛包の成長期の長さによって完全にコントロールされています。 この期間がどのくらい続くかは、一般に遺伝とホルモンによってほぼ決定されますが、極度のストレス、栄養、活動レベルなどの要因が後者に影響します。

アナゲン期に続いて、カタゲン期があります。 カタジェン期が始まる要因はまだ完全には解明されていませんが、いったん始まると、根の外側は栄養供給(血液)だけでなく、新しい髪を作り出す細胞からも切り離されてしまい、髪の成長が止まります。 この段階は約3週間続きます。

次に来るのが休止期で、毛包は休止状態になり、髪は根元まで完全に死んだ「クラブヘア」になります。 この段階では、これらの毛は比較的簡単に抜けますが(ブラッシングやコーミング、洗髪の際に起こり得ます)、十分に長く持ちこたえると、新しい毛に押し出されて、サイクルが再び始まります。

明らかに、腕や足の毛は、頭皮の毛とはまったく異なる休止期を持つため、足の髪は、手入れをしなくても2フィートも伸びないというわけです。

頭皮の毛髪の場合、成長期の平均的な長さは約2~7年です。 腕、脚、眉毛などについては、この段階は通常、わずか30~45日しか続きません。 しかし、ごく稀に、頭皮の毛髪の成長期が、腕や足の毛髪の成長期と同じぐらい短い人がいます。 このような人の場合、頭髪が自然に数センチ以上伸びることはありません。

髪の約85~90%が成長期、1~2%が退行期、10~14%が休止期です。 しかし、極度のストレスがかかると、毛髪の成長期が早く止まり、体毛の70%までもが一度に休止期に移行してしまうことがあるのです。

ここで、季節と、それが髪に与える影響について考えてみましょう。 体毛の全体的な成長率は月ごとに大きく変わりませんが、ある月には成長期の毛髪の割合がピークに達し、他の月には休止期の毛髪の割合がピークに達するため、密度に差が出ることが研究で明らかになりました。

たとえば、抜け毛を訴える健康な女性の抜け毛の季節性に関する研究では、823人の女性を6年間にわたって調べた結果、休止期(抜ける)の毛髪の密度が夏にピークに達し、暖かくなり始める春にまた少し急増するという、周期的な抜け毛が顕著で比較的一貫した傾向であることが指摘されています。 休止期(成長期)の割合が最も低いのは冬で、体毛の密度が最大になります。 とはいえ、ここでの違いは、まもなく説明するように、比較的わずかなものです。したがって、これは、たとえ人が単に髪を伸ばして最大限の断熱性を確保したとしても、人間を暖かく保つかどうかに関して、実際には何の違いも生じないようです。 驚くかもしれませんが、この分野にはほとんど研究者の頭脳が投入されていません。 したがって、季節ごとのアノーゲン/カトーゲン/テロジン期のひげ毛の密度に関するデータは見つかりませんでしたが、月ごとのひげ毛の成長率を追跡した研究が1件あり、かなり興味深いことが明らかになりました。 このことは、ヒゲの成長の背後にある基本的なメカニズムと、交配との関連性の仮説を見ると、実際に理にかなっています。

その前に、1991年に発表された「Seasonal Changes in Human Hair Growth」という研究では、18~39歳のイギリスの男性グループを対象に、18ヶ月間のひげの成長と行動を追跡しています。 その結果、2月~3月頃の休止期が約90%とピークに達し、そこから9月まで順調に減少し、その後再び上昇に転じることが確認されました。 また、休止期のピーク(夏)には頭皮から1日あたり約60本の毛が抜け、冬にはその半分になることも直接測定しました。

奇妙なことに、これらの男性の太ももの毛の成長率は、成長率が最も低い月と最も高い月の間のコントラストはそれほどないものの、ひげ毛の一般的な成長サイクルを多かれ少なかれ模倣していたのです。

さて、この研究で注目すべき点は、ヒゲの成長率に関する研究はほとんど行われていないこと、そして、例えばこの研究では、サンプルサイズはたった14人の男性で、全員が屋内での仕事を持っていたことです。 この差は、何が原因であるかの仮説を考えると、重要な意味を持つ可能性があります。 もしこの仮説が正しければ、たとえば南カリフォルニアに住んでいて屋外で仕事をしている男性は、季節によるヒゲの成長の違いがほとんど見られないかもしれません。 まず、研究者たちは、男性たちが夏に著しく活動的で、屋外で過ごす時間が長いことに注目しました。 このことから、屋外での活動が増えることで、日光に当たる機会が増え、ビタミン D が増加し、メラトニンの分泌が変化し (これがプロラクチン分泌に影響する)、さらに、テストステロンがわずかに増加するなど、その他さまざまなホルモンの変化が起こると推測されます。 これらはすべて、私たちの髪に見られる季節の変化、季節の抜け毛のごくわずかなサイクル、そして特にテストステロンの場合、ひげの成長率の変化に関与しているようです

では、テストステロンはどのようにこれを行うのでしょうか? それは、直接ではないことがわかった。 余分なテストステロンは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるより強力な性ホルモンの生成につながり、5αリダクターゼという酵素が、テストステロンからDHTへの変換を促進し、毛包でこの変換が行われることもあります。 本題ですが、DHTは男性型脱毛症の主な要因であるようです。 (

したがって、テストステロンが多ければ多いほど、DHTが顔の毛の成長を刺激するので、活動的な夏などには、ひげが早く伸びるのです。 少なくとも、現時点ではそのような仮説が有力です。 繰り返しになりますが、ヒゲは、多くの科学者が研究プロジェクトで博士号を取得するようなものではありません。 しかし、少なくとも手元にあるデータは、この方向に傾いているようです。

さて、ここで注目すべきは、一般的な考えとは異なり、濃くて流れるような髭を持つ男性は、必ずしも、斑点や自然の素顔の同胞よりもテストステロンが多いわけではないことです。 皮膚科医のジェニファー・シュワレク博士が言うように。 「ヒゲを生やせない男性や、ヒゲが薄い男性は、通常、テストステロン値が正常です。 それは、低テストステロンやテストステロンが不足していることの反映ではありません」

確かに多くの例外はありますが、特定の年齢と一般的なフィットネス、栄養レベルなどのほとんどの男性は、同じフィットネスレベル、年齢などの同胞と同じ量のテストステロンのボールパークであることが判明した。 したがって、ヒゲの生え方の違いは、通常、テストステロンの大きな違いとはあまり関係ないのです。 もし、そうであれば、例えば、長く流れるようなヒゲを持つ高齢の男性はそれほど多くないはずです。 むしろ、遺伝的なものであり、その結果、顔の毛包の密度や、そもそもDHTに対する感受性など、男性によってかなり異なる可能性があるのです。 テストステロンは毛包でジヒドロテストステロンと呼ばれるより強力なフォームに変換されます。 毛包の中には、この高濃度のテストステロン、ジヒドロテストステロンに非常に敏感な受容体があり、それが髪の成長を刺激します」

したがって、顔の毛が毛包のドラマクイーンのように(非常に敏感)な男性は、高い密度の毛と組み合わせると素晴らしいひげを作ることになります」

ここで、なぜ禿げた男性が最高の髭を育てることができると思えるかという疑問が出てきます。 前述のように、DHTについての興味深い点は、頭皮の毛が顔の毛とは異なって反応することから、それが男性型脱毛症の主な原因であるように思われることです。 しかし、顔と頭皮の毛の両方に余分な感受性がある場合、一方のケースでは、男性が禿げる可能性が高くなり、他方のケースでは、立派な髭になる可能性が十分にあります。 しかし、これに関する研究を行った人は見つかりませんでしたが、手元にあるデータからすると妥当な仮説のように思われますし、物事を決定的にするためにはさらなる研究が必要です。

この記事が気に入ったら、こちらもチェック!

  • Why Does Chemotherapy Make Your Hair Fall Out?
  • Why Don’t Humans Have More Hame as Other Primates?
  • Gravy Stockings and TNT Hair Dye – Fashion in WW2
  • Francis Russell and One of the Most Influential Haircuts in History
  • The little girl responsible for Lincoln’s Beard

Bonus Facts:

季節による陰毛の成長を調べた研究は見つかりませんでしたが、他の研究で、DHTが顔や太ももの毛と同様の影響を陰毛に与えることが示されていることは注目に値します。つまり、夏にひげの成長が加速するのと同様に、陰部の成長速度に季節による変化があるのではないかという仮説が成り立つのです。 他の研究で、精子の数、精液の量、精子の運動性が夏にピークに達することが示されています。また、陰毛が(わき毛と一緒に)人間に残っているのは、特定のフェロモンによって異性を引き付けるためだという仮説もあり、ここでも意味があると思われます。 (これについては、記事「なぜ私たちには陰毛と腋毛が残っているのか」をご覧ください。)

さらに、ひげと魅力との関連性を調べた驚くほどの数の研究によって、ひげも同様に交配に関連しています。 この点、研究ではかなり一貫して、女性は一斉に無精ひげから短いひげを持つ男性が最も魅力的であることを見つけることを示しています。 しかし、実際にその男性との交際を望むという点では、長くてふさふさしたヒゲの男性に有利な別の要素もあるようです。 例えば、2013年に行われた研究「The role of facial hair in women’s perceptions of men’s attractiveness, health, masculinity and parenting abilities」では、大多数の女性が、長く濃いヒゲの男性を、きれいに整えられたヒゲの男性よりも男らしいと感じる一方で、女性が最も妊娠しやすいサイクルになると、ヒゲの濃い男性の男らしさに対する評価がさらに高まることが分かりました。 さらに、女性たちは、長いヒゲを持つ男性ほど、良い父親になる可能性が高く、社会的に成熟していると評価しています。 さらに、この研究や他の研究でも、女性はどのレベルのヒゲの男性でも、ハゲた顔の男性よりも健康的だと評価しています。 このように、男性の精子の数と運動率が最も高くなる時期、つまり歴史的に子作りのリソースがピークに達する暖かい季節に、髭を早く伸ばすことの利点を潜在的に与えるように、すべてが組み合わさっているのです。

最後に、神話を否定するために、髪の成長は完全に表面下で起こっていること、毛包の中で起こっていること、そして遺伝とホルモンが髪の成長の長さと速度を決める主な要因であるという事実から推測されるように、一般に信じられているのとは反対に、剃ることによって髪の成長速度や髪色や太さが変わることは全くないのです。 このことは、研究により次々と明らかにされており、髪の成長のメカニズムを理解すれば納得がいきます。 ワックス脱毛では、発毛の厚みやその他の側面に影響を与えることが可能です。 しかし、髪がより太く/より黒く/より早く生えるということは決してありません。 実は逆なのです。 ワックス脱毛は、皮膚の下にある毛根にダメージを与えるので、時間が経つにつれて、ワックス脱毛をすればするほど、生えてくる毛が少なくなり、時には色が薄くなったり、薄くなったりします。

これをユーモラスに表現すると、映画『愛を読むひと』(2008年)では、女優のケイト・ウィンスレットが、映画製作者が満足するほど陰毛を伸ばすことができず(彼女が言うように、「長年のワックスのせい」)、代わりにマーキン(女性器のかつら)を作ってその部分を覆っています。 しかし、ウィンスレットはそのことを気にしておらず、インタビューで「みんな、私は陰部のかつらで線を引かなければならないつもりだけど、あなたは私自身のスナッチを間近で撮影することができます」と述べています。 女優の下半身が毛で十分に隠されている場合、MPAA は、その部位が映画でどのように表現されるかによって、時には別の見方をし、より制限の少ないレーティングを与えることがあるのです。 しかし、女性の下半身が短時間でも映っていれば、レーティングが甘くなる可能性はかなり低くなります。 そのため、ほとんどの監督は、ヌードシーンのために下の毛を伸ばすか、マーキンをつけるように指示します

コメントする