バシリスク

ウィザードが育てた巨大な力を持つ闇の生物で、この猛毒の大蛇(体長は最大50フィート)は鮮やかな緑色で、細長いサーベル状の牙と球状の黄色い目を備えている。 最初のバジリスクは数千年前(FW)にHerpo the Foulによって作られた。

バジリスクは十分な食料供給があれば少なくとも900年は生きることができ、(人間を含む)ほとんどの脊椎動物を食べることができるので、これを達成することは難しくはない。 雄は頭の緋色の羽で雌と区別できるが、バジリスクは通常、魔法で繁殖させる。

バジリスクの繁殖は中世から禁止されており、現代では実験繁殖禁止法に該当するが、パーセルマスだけがバジリスクを制御できるため、闇の魔法使いでさえこの法律を破ることは稀である。

スリザリンの継承者がパーセルタングを使用して解き放ったとき、秘密の部屋に住んでいたバジリスクは獲物であるマグル生まれの学生を城内で探し回ったが、彼らは血の匂いで識別できたらしい(「I smell blood… 」と叫びながらパイプを歩き回ったそうである)。 フォークスによって目を突かれたとき、その鋭い嗅覚でハリーを襲いました。 ハリーは、剣をバジリスクの口の天井に突き刺して殺しました。

特殊な魔力と長寿の他に、バジリスクの特徴の多くは、蛇であることから自然に導かれたものである(参照)。 一般的な蛇と同様、バシリスクも一定期間ごとに皮を剥ぐ。また、その多様な食事は大型の蛇の典型で、自らの大きさと能力に応じてより大きな獲物を追い求める傾向がある。 ハリーが杖を持ち、かつ闇の魔術に対する防衛術の経験が豊富であれば、バシリスクを相手に見事な呪文を使おうとして敗れた可能性は十分にある。明確には書かれていないが、バシリスクの皮膚はおそらく竜の皮膚と同じ装甲特性を持ち、目と口の中だけが弱点となる。

  • 秘密の部屋のバジリスクはサラザール・スリザリン「またはその子孫」のみが操ることができ、その中にはパーセルマス(Pm)族であるゴーント一族も含まれている。
  • グリフィンドールの剣は「バジリスクの毒が染み込んでおり」、そのため分霊箱を破壊することができた(DH15)
  • ハリーは魔法無線で「ヴォルデモートはバジリスクのように視線で石化することができると考えている」と聞いて、よく笑った(DH22)

コメントする