ノルウェー宣教師団|ノルウェーのキリスト教宣教

ノルウェーの霊的ニーズ

フィヨルドと雪山で知られ、息を飲むほど美しい北国の風景と同様に冷たい世俗主義がある国、それがノルウェー。 ノルウェーにおける最大の霊的課題は、ポストモダニズム、物質主義、宗教的無関心、相対主義、そして人口約500万人の中の名目上の教会会員であり、難しい奉仕の場を形成しているのである。

1960年代以降、神学的自由主義とカリスマ運動はノルウェーの教会に大きな影響を与えた。 健全な聖書の教えと福音宣教が減少し、世俗主義が盛んになった。 国民の70%がルーテル教会の名目上の信者である一方(2012年に国教から外された)、2018年の欧州価値観調査によると、神を信じるかとの問いにノルウェー人の53%が「いいえ」と答えた。

ノルウェーの石油産業と安定した経済は、世界中の人々を惹きつけ、結びつけています。 スカンジナビア地域の多くの地域に福音を広めるための岐路にあります。 今日、神はみことばに飢え、福音に情熱を燃やす新しい世代の忠実な信徒を育てておられるのです。

Christian Missions To Norway

ABWE は人生を変える健全な聖書の教えを通して、ノルウェーに変化をもたらしています。 私たちの目標は、オスロ、ドランメン、スタヴァンゲル地域で教会を建てているノルウェー人の夫婦や独身者とともに歩み、リレハンメルからトロンハイムまでの既存の教会や聖書研究を支援することです。

国内グループとのパートナーシップは、キャンパス伝道、青年宣教、苦労している会衆の強化の機会へとつながっています。 また、神学を学び、宣教の準備をしている若い男性に奉仕しています。

必要ではありませんが、神学またはミニストリーの修士号はノルウェーでの信頼性の助けとなり、ミニストリーへの知的アプローチを取り入れることは、そこで奉仕する人々にとって有用です。 教会建設、指導、家族カウンセリング、伝道の促進、キャンパスアウトリーチ、ユースミニストリーにおいて、国民を援助する霊的に成熟した人々が必要です。 ノルウェーの次世代の情熱的な信者のそばに来るように神様はあなたを導いていますか?

コメントする