ネギの健康・美容効果

タマネギやニンニクと同じ科に属し、より穏やかな風味のネギは、長く寒い冬の間から早春までが旬の素晴らしく多用途な野菜です。 中央アジアが原産で、現在では北半球で広く栽培されているネギには、豊かな歴史があります。 ローマ人はネギを食べると喉に良いと信じており、皇帝ネロは歌声を良くするためにネギを好んで食べたことから「Parrophagus(ネギ食い)」と呼ばれるほどでした。 この丈夫な野菜は、ウェールズの兵士がサクソン人の敵と区別するためにヘルメットに刺したことから、ウェールズの国章となった。

ネギの健康効果

心臓をサポート

ネギに多く含まれるポリフェノールとケンフェロールは、フリーラジカルによるダメージから血管を保護し、ビタミンB葉酸が含まれているので心臓に良いということも意味しています。 この不思議なビタミンは、体内のホモシステインアミノ酸を調整する働きがあり、葉酸の量はネギ全体を通してほぼ同じなので、上から下まで心臓に良い野菜と言えます!

肌をきれいに保つ

アリウム科の野菜は興味深い抗酸化物質を豊富に含んでいて、ネギもその例外ではありません。 抗酸化物質は、有害な余分なフリーラジカルを中和するのに不可欠で、体の老化プロセスを遅らせるのに役立ち、私たちの肌に驚異的な働きをします。 ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEは、日焼けによるダメージを修復し、体内の鉄分の吸収を助けて、より健康で丈夫な髪と爪を作ります。

感染症対策

ネギの抗酸化物質は、切るとアリシンに変化します。 この化合物は、ニンニクにも含まれており、高い抗菌性、抗真菌性、抗ウイルス性を持っているため、感染症との闘いを助けるのに優れています。 ニンニクが免疫系をサポートするという評判は、アリシンの含有量によるものですが、ネギも同様に虫と闘う性質を持っているのです。 白血球と酸素の運搬を助ける葉酸と組み合わせることで、ネギは感染と戦い、私たちの体の防御力を最大限に保ちます。

治癒を早める

緑葉野菜はビタミンKの最もよい供給源の一つですが、これはネギも例外ではありません。 この重要なビタミンは、血液凝固を助け、軽い切り傷やかすり傷の治癒を早めることができます。

自分でネギを育てる

ネギは、3月から土に蒔き、翌年の冬に収穫します。 熟すのに時間がかかりますが、寒い時期には他の野菜がほとんど育たないので、その価値はあります。 自分で種をまきたくない場合は、5月から6月にかけて、ガーデンセンターでネギの苗を購入し、屋外に植えることもできます。

コメントする