ドリアンの栄養成分、ドリアンの健康効果

ドリアンフルーツの栄養、ドリアンの栄養効果、ドリアンフルーツのカロリー、ドリアンの効果

ドリアンはアジア各地で人気のフルーツですが、鼻にツンとくる辛さがある方もいらっしゃいますね。 大きな殻に包まれており、殻が割れたら食べられると考えられています。
果物としてはカロリーが高く、1個(100g)あたり約147kcalです。 また、脂質(100gあたり5g以上)、炭水化物も多い。 コレステロールは含まれていません。 減量中の方は、脂肪分の少ない他のフルーツを検討されるとよいでしょう。 そのため、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。 また、ビタミンB群、特にチアミン、リボフラビン、B6、葉酸も豊富に含まれています。 ビタミンB群は神経系によく効き、エネルギーを与えてくれます。 また、血圧を調整するマグネシウム、心臓を守るカリウム、消化によい食物繊維も豊富です。
低GIダイエットをしている人は、グリセミック指数が高いとされているこのフルーツを避けた方がよいでしょう。 ドリアンの種は有毒ですが、加熱すれば食べられます。

ドリアンの栄養成分を他の果物と比較してみましょう。

ドリアンの栄養価

615 kJ (147 kcal)

1.5 g

ドリアン、生または冷凍
100gあたりの栄養価
Refuse:68%(殻と種(生果物の場合))
科学的な名前.Durianの栄養価を比較します。 Durio zibethinus
Proximates:
64.99 g
エネルギー
タンパク質 1.47 g
炭水化物 27.09 g
脂質: 5.33 g
繊維質 3.8 g
コレステロール 0 mg
ミネラル:
カルシウム, Ca 6 mg (1 %)
鉄分, Fe 0.43 mg (2 %)
マグネシウム、Mg 30 mg (8 %)
リン.Phosphorus, P 39 mg (4 %)
Potassium, K 436 mg (9 %)
Sodium, Na 2 mg (0.1 %)
亜鉛, Zn 0.28 mg (2 %)
銅、Cu 0.207 mg (10 %)
マンガン、Mn 0.5 mg (1 %)
Mn 0.325 mg (16 %)
ビタミン類:
ビタミンC 19.7 mg (33 %)
チアミン(ビタミンB1) 0.374 mg (25 %)
リボフラビン(ビタミンB2) 0.200 mg (12 %)
ニャシン(VIT.B1)
1.074 mg(5 %)
パントテン酸(B5) 0.230 mg(2 %)
ビタミンB6 0.316 mg(16 %)
Folate (Vit. B5) B5 (Vit. B6) 36 mcg(9 %)
Vitamin A 44 IU(1 %)
パーセントは、成人のための米国の推奨一日摂取量(RDI)に関連しています

出典:Japanese Source: USDA National Nutrient Database for Standard Reference


Author: Lana Soko

You Might Also Like:

コメントする