” チャールズ・E・デュリア

1896年にデュリアモーターワゴン社を設立、米国で初めてガソリンエンジン車を製造販売

米国初の自動車レースでの成功を通じて、自動車の革新を鼓舞

他の自動車の先駆者がまだ単一車両に手を加えていたとき、デュリア兄弟は産業を立ち上げたのである。 チャールズ・デュリアは先見の明があり、1882年の大学の卒業論文で「自動車の出現」を予言した。 弟のフランクは優秀なメカニックであった。 自転車ビジネスで短いキャリアを積んだ後、兄弟は共同でガソリンエンジン車の開発・生産に取り組みました。 1895年のモーターワゴンは、シカゴからイリノイ州エバンストンまでの往復54マイルを10時間23分で完走し、今や伝説となっている「シカゴタイムズ・ヘラルドレース」で優勝した。 ドイツ製ベンツ3台、アメリカ製電気自動車2台を凌駕した。 デュライアが優勝したことで、他の機械工や技術者も独自の自動車を開発し、販売するようになった。 1896年、デュリア兄弟は、設計も構造も同じ13台のガソリン自動車を開発・生産し、アメリカの自動車産業の始まりとなった

コメントする