セレーナをスターにしたメキシコ系アメリカ人

Netflixの新しいシリーズは、メキシコ系アメリカ人のポップシンガーでテハノ音楽の女王と呼ばれたセレーナ・キンタニラの魅力、力強さ、ルーツに溢れています。 3599>

特に第3話では、若き日のセレーナが「ジョニー・カナレス・ショー」に登場するが、これは1986年にアメリカのテレビで実際に起きた歴史的瞬間を再現したもので、アメリカの作品が初めてメキシコでライブ観客を前にして収録されたのである。

ジョニー・カナレスは、セレーナや他の多くのアーティストを彼の荒れたステージから離陸させただけでなく、後の1994年-彼女が殺された年-の出演で、テハノ・アイコンの「コーパスクリスティ・クイーン」という愛称を最初に作った。

カナレスは1947年にメキシコのジェネラル・トレビーニョで生まれ、軍隊に従軍後、音楽ラジオ局とのコラボレーションを始め、1983年に自分のテレビ番組を持つに至った。 ラ・マフィア、ラ・ソンブラ・デ・シカゴ、ラ・ソノーラ・ディナミータ、ロス・ティグレス・デル・ノルテといったアーティストに対する当時のテレビの偏見をあまり持たずに放送された。

この番組は80年代にメキシコと米国で成功を収め、1996年まで続いた。

カナレスとキンタニーヤの関係はずっと良好で、彼女は1994年まで何度も番組に招待されていたが、23歳のとき、スーパースターは彼女の大ファンであるファンクラブ会長ヨランダ・サルディバルに殺害される。 ヨランダの資金横領をめぐる争いの末の殺人事件で、アイコンの死をめぐって米国やメキシコ社会で大きな騒動となった。

しかし、彼女の大陸間への到達と夢は、カナレスのような人物によって、長い間彼女のようなアーティストを要求していた観客と接触させることで、道筋がつけられたのである。 そして何より、当時から現在に至るまで、メキシコ系アメリカ人の夢を持ち続けるための舞台を提供したのである

コメントする