スリーピング・ベアのマニトゥー諸島への乗客を運ぶフェリー・サービスは、今年は運行されません

LELAND, MICH. — スリーピング・ベア・デューンズ国立湖岸の歴史上初めて、マニトウ・アイランド・トランジット・ボートは、この夏、公園の双子の島へのキャンパーや日帰り旅行者のためのフェリーを運航しないことになったのです。

Manitou Island Transitは火曜日に、両島のドックの安全上の問題を理由に、2020年シーズンのフェリーサービスを停止すると発表しました。

「私たちは心を痛めています」と、1917年に初めて島へ郵便や貨物を運び始めて以来、家族がフェリーを運営しているMegan Munozは言いました。 「

ウェブサイトに掲載された手紙の中で、同社は両島のドックについて以前から懸念があったことを指摘した。

南マニトゥー島の問題の一つは、ミシガン湖の高水位がドックを杭から持ち上げ、それを使用不能にしていることである。 北マニトゥー島では、砂がドックの周りに徐々に満ちてきて、フェリーボートが安全に着陸するには水深が浅くなりすぎている場所で、浚渫が必要です。 ミシガン湖とヒューロン湖で記録された史上最高の水位は、達成にそれほど時間はかからないだろう

Munoz は、過去 5 年間、彼女の家族は、島のドックを所有する国立公園局に、発展中の問題に取り組むためにお金を割り当てるよう頻繁に要求してきたと述べています。 スリーピング・ベア・デューンの職員は、ノース・マニトウで必要な浚渫を長い間認識していたが、それを完了するために財政と必要な承認を得ることは長いプロセスであったと述べた。

「多くの障害があり、その多くは残念ながら官僚的です」と、公園の副管理者であるTom Ulrichは言った。 「

米国陸軍工兵隊は、7月中旬にノースマニトゥーのドック周辺を浚渫するために持ち込まれると、Ulrichは言った。

Munoz氏によると、ノース・マニトゥー島のドックが8月までに使用可能になったとしても、フェリーサービスが賠償保険で損をするのに十分な旅行をするには季節が遅すぎるため、2020年にはサービスがまったく戻ってこない。

自分のボートで島に行く訪問者は、沖合に停泊してディンギーで行くか、ノースマニトゥーの場合、一時的にドックに繋いで下船して荷物を降ろす必要があります–ただしパークサービスは通常そのために30分の時間制限を設けています、とUlrichは述べています,アグ。

一方、チャーター船は、団体を島に運ぶことを希望する場合、商業使用許可証 (必要なフォームはスリーピング・ベア・デューンズのウェブサイトにあります) を取得しなければなりません。

すでにこの許可証を持つマニトウ・アイランド・トラジット社は、会社の存続を助ける手段として、夏の間は島への小グループのチャーターを提供するだろうと Munoz は言います。

同社がフェリーの運航を再開する時期については、現時点では2021年の予約さえ受け付けていないとMunoz氏は述べた。 「

パークサービス関係者は、島をすぐにアクセスできるようにするために、ドックの問題に取り組むことを約束すると述べた。

「島を巡る訪問者のごく一部とはいえ、それは本当にユニークな経験なので残念です」とUlrichは言った。 願わくば、それが今年だけであってほしいものです」

RELATED:

アイル・ロワイヤル国立公園がさらに開園を延期、フェリー運航は2020年夏に中止

ミシガン湖のグッドハーバー湾近くに新しい水辺の自然保護区を確保

DNRがキャンプ場や港の公式開園日を発表

コメントする