ジュディ・ブルーム伝記、人生、興味深い事実

Judy Blumeは1938年2月12日にアメリカ、ニュージャージー州で生まれました。 彼女は1960年代から書き始めたが、70年代には有名になった。 小説『神様、そこにいてください』を発表し、高い評価を受ける。 It’s Me, Margaret “という小説を発表し、高い評価を得た。 1974年、『Blubber – 1974』を発表し、その筆力を世に知らしめた。 1975年には、『Forever』というベストセラーを発表した。 また、「ワイフ」(1978年)や「思いがけない出来事」(2015年)など、大人の読者向けの本も発表した。 ラルフ・サスマンとエスターの2番目の子供として生まれた。 父親は歯科医、母親は専業主婦だった。 ブルームの兄はデビッドという。 ブルームが幼い頃、両親は彼女の創造性が妨げられないように最善を尽くした。 そのため、彼女はピアノをはじめとするさまざまな楽器を演奏したり、ダンスのレッスンを受けたりしていた。 本を読むことに興味があったのは、最初から明らかだった。 その後、バッティン高校に進学し、1956年に卒業した。 その後、ボストン大学へ入学した。 しかし、単核球症にかかり、1学期で退学した。 1961年、ニューヨーク大学で教育学の学位を取得した。

作家活動

ニューヨーク大学在学中に、ジュディ・ブルームは恋人のジョン・ブルームと出会う。 ブルームの父親が亡くなった直後に結婚した。 二人の間には、ランディとローレンスという二人の子供が生まれた。 彼女はプロの作家としてのキャリアを開始した時点で、ブルームは2人の子供を持っていたし、彼らは幼稚園に通い始めていたこと。 彼女は、作家としてのキャリアをスタートさせた当初は、さまざまな挫折を味わった。 しかし、1969年に『真ん中にいるのは緑のカンガルー』を出版したことで、彼女は光明を見出した。 1969年、『真ん中にいるのは緑のカンガルー』が出版され、作家としての未来に希望が持てるようになった。 その1年後、『イギーの家』というデビュー作を出版した。

同じ年の1970年、ジュディ・ブルームは『神様、そこにいてくれますか』を出版し、若い読者の間でより高い評価を受けるようになった。 It’s Me, Margaret』を出版し、若い読者から高い評価を得た。 その後、『Deenie』(1973年)や『Forever』(1975年)などの本で若い読者にインスピレーションを与えている。 これらの初期の成功作は、セクシュアリティに関する10代の実体験に焦点を当てたものであった。 1970年代の他の作品には、『Tales of a Fourth Grade Nothing -1972』『Blubber -1974』『Starring Sally J. Freedman as Herself -1977』などがある。

70年代後半、ジュディは最初の夫と離婚し、すぐに物理学者トーマス・キッチンズと2度目の結婚をする。 しかし、結婚生活は長くは続かず、1978年に離婚した。 1978年、『ワイフ』を出版。 その後、若い読者向けの本の執筆に追われながらも、1983年に『スマート・ウーマン』を出版した。 80年代には、『スーパーファッジ』(1980年)、『タイガーアイズ』(1981年)などの作品がある。 後者は、『Tales of a Fourth Grade Nothing』の登場人物を取り上げたものである。 タイガーアイズは、愛する父を亡くした彼女の苦い思い出を描いた作品である。 その後、Just as Long as We’re Together -1987, Here’s to You, Rachel Robinson -1993など数冊の本を出版している。

論争

ジュディ・ブルームは、作家としての成功を収めたものの、検閲により、彼女の繊細な大人向けの本のいくつかが本棚から取り除かれるという、一連の不幸な出来事に直面する。 最も挑戦的な本のカテゴリーに挙げられた作品には、『Forever』、『Tiger Eyes』、『Are You There, God? これをきっかけに、彼女は知的自由のために戦うつもりで、検閲に反対する全国連合に参加しました。

私生活

ジュディ・ブルームは3度の結婚歴がある。 最初の結婚相手はジョン・ブルーム、2番目の結婚相手はトマス・キッチンズである。 3回目の結婚相手はジョージ・クーパーである。 いずれの関係でも、2人の息子がいる。

コメントする