シカゴのダニエル・バーナム建築を探る

シカゴは建築と都市デザインのメッカですが、その多くに建築家ダニエル・バーナムの功績があると言われています。 バーナムの2つのプロジェクト、1893年のシカゴ万国博覧会と1909年のシカゴ計画は、シカゴ大火の後に街を再建し、都市景観全体の様相を一変させました。 今日、万国博覧会とシカゴ計画が生き続けている歴史的な建築物と絵のように美しい近隣地域を見学することができます。

バーナムが設計した建築物を見学する

シカゴは、訪問者を歓迎するためにバーナムの建物がたくさんあり、とても幸運です。

The Rookery

The Rookery

1886年に完成したこのBurnham and Rootビルは、シカゴで最も古い高層ビルの一つで、街で最も写真撮影されたインテリアの一つを特徴にしています。 1905年にフランク・ロイド・ライトが設計し直した見事なロビーのライトコートに入る。 209 S. LaSalle St.

The Reliance Building

The Reliance Buildingは、光と風通しの良さが売り物です。 当時の重厚でブロック状の建物とは異なり、窓に覆われたこの建物は、クリーム色のテラコッタの薄い帯で覆われており、まるで重力に逆らっているかのようです。 美しく修復されたこの建物は、現在、ブティックホテル「ステイパイナップルホテル」とレストラン「アトウッド」に利用されています。アトウッドの名前は、1891年にルートが亡くなった後にこのプロジェクトを完成させたチャールズ・B・アトウッドにちなんで付けられました。 このレストランは、ルーツの死後、このプロジェクトを完成させたチャールズ・B・アトウッドにちなんで名づけられたもので、美しいインテリアに目を奪われながら食事をすることができます。 1 W. Washington St.

The Monadnock Building

1889年から1891年にかけて建てられたモナドノック・ビルは、その名の通り重く、実はシカゴの最後の石造りの高層ビルなのだそうです。 このビルは、初期の超高層ビルで一般的だった耐荷重性石造建築の堅実な例です。 底面の幅6フィートの壁が頑丈な支柱となり、16階建てのビルの全重量を支えています。 現在では、「ア・ニュー・リーフ」の美しい花や植物、「フロロドラ」の流行の女性服、「モナドノック・タバコ」の高級葉巻、「オプティモ・ハッツ」の昔ながらの帽子など、ユニークなブティックやカスタムストアが軒を連ねています。 53 W. Jackson Blvd.

Santa Fe Building

鉄道取引所ビルとしても知られているサンタフェビルの白いテラコッタは、バーナムの有名な「ホワイトシティ」にちなんでおり、1893年の万博で主役になったものである。 また、サンタフェビルはかつてバーナムの事務所があった場所で、1909年のプランが作成された場所でもある。 224 S. Michigan Ave.

Macy’s on State Street

Macy’s on State Streetは、シカゴのランドマークであり象徴的な存在である。 このクラシック・リバイバル建築の外壁にある有名な大時計は、ステート・ストリートを見守り、豪華な内装はステンドグラス、ティファニーのモザイク、バーナム噴水(「失われた噴水」としても知られる)でまばゆいばかりに輝いています。 111 N. State St.

Union Station

Union Station

Union Stationは文字通り、そして歴史的にも巨大な駅である。 このボザール様式の建物は、シカゴの中央駅として、街区全体を覆っており、219フィートの長さの樽型天井の天窓を備えた大ホールがそびえ立っています。 バーナムのシカゴ・ウェストループ開発のためのマスタープランの一部でした。 210 S. Canal St.

Relive the 1893 World’s Fair

The World’s Fairは国の歴史に決定的な影響を与えた瞬間でした。 そして、大通り、庭園、ボザール様式の建物からなる「ホワイト・シティ」に対するバーナムのビジョンは、シカゴの顔を永遠に変えました。

これらの観光スポットで万国博覧会を垣間見ることができます:

Osaka Garden

Jackson Park

Jackson Park は、1893年にすべての万国博覧会のマジックが起こった場所です。 現在、この公園には、The Wooded IslandにあるGarden of the Phoenixがあります。 日本政府が万国博覧会のために建てた鳳凰殿がその目玉でした。 現在では、春には桜が咲き乱れ、鯉の池、滝、橋など、本格的な日本庭園を見ることができます。 また、この庭園には、オノ・ヨーコが北米で初めて常設したアート作品「SKYLANDING」が展示されています。 6401 S. Stony Island Ave.

Statue of the Republic

Jackson Parkは、シカゴの「黄金の女性」、Statue of the Republicが見られる場所でもあります。 万国博覧会の25周年を記念して1918年に設置され、万国博覧会の最も象徴的な特徴の一つであるダニエル・チェスター・フレンチの高さ65フィートのオリジナル像を、かなり小さく、少し修正したものです。 6401 S. Stony Island Ave. in Jackson Park

Museum of Science & Industry

この種の博物館としては西半球で最大規模の科学産業博物館は、驚くべき場所であります。 1893年の万国博覧会のためにパレス・オブ・ファインアーツとして建設され、バーナムの “ホワイト・シティ “から唯一現存する建物である。 この「宮殿」は十字架の形で構成され、その中心には大きなドームがそびえています。 ボザール様式に忠実に、完璧なシンメトリーで、イオニア式の柱、花輪、カリアティード(柱の役割を果たす女性像)など、古典的な構造とモチーフで装飾されています。 5700 S. Lake Shore Drive

Experience Burnham’s Plan of Chicago

The Plan of Chicagoは、ジャクソンパークとレイクパーク(現在のグラントパーク)を結ぶ公園、水路、公共スペースで、シカゴ湖畔を再デザインしたバーナムのビジョンです。

Navy Pier

Navy Pierは、街を再設計し、シカゴの人々と湖岸をつなぐというバーナムの計画の主要な部分であった。 彼が当初計画した2つの桟橋のうちの1つである。 現在では、観光名所、レストラン、ナイトライフ、劇場、エンターテイメント、ボートツアーなど、多感なアトラクションとなっています。 ピアパークでは、センテニアルホイールもお見逃しなく。 1893年の万国博覧会で公開された世界初の観覧車をモデルにしています。 現在のモデルは高さ約200フィートで、年間を通して空調の効いたゴンドラ(VIP用もあります)が設置されています。 600 E. Grand Ave.

Chicago Riverwalk

ダニエル・バーナムの1909年のシカゴ計画の一部として最初に構想されたシカゴリバーウォークは、シカゴ市のBuilding on Burnham構想の一環として、2016年に完成したものです。 バーナムの計画に忠実に、このイニシアチブは、市内全域の近隣地域のための自然とレクリエーションの機会に投資しました。 その結果、かつての航路と汚水捨て場に代わり、市内で最も美しいスターアトラクションの1つが誕生しました。 現在、リバーウォークの1.25マイルの歩行者専用区間は、ボート遊び、食事、飲酒、自然を楽しみ、街の芸術や文化を体験できる歓楽街となっています。 376 N. Michigan Ave.

Museum Campus

Northerly Island

Burnham はもともとミシガン湖畔を南に延びる5つの人工島を計画していましたが、実現したのは1つの島だけでした。 現在、ノーザリー島はミュージアム・キャンパスの一部となっており、湖畔にはフィールド博物館、シェッド水族館、アドラー・プラネタリウムが軒を連ねています。 ノーザリー島には、ハンティントン・バンク・パビリオンがあり、街のスカイラインとミシガン湖の壮大な景色を望むドラマチックな屋外円形劇場があります。 1521 S. Linn White Drive

Grant Park

シカゴの「前庭」として知られるグラント・パークは、人々のための湖畔というバーナムの夢を実現させています。 テイスト・オブ・シカゴやシカゴ・サマーダンスなど、シカゴで開催される多くの無料サマー・フェスティバルや、ベルサイユ宮殿のラトナ水槽をイメージした世界最大の噴水、バッキンガム・ファウンテンもここにあります。 通常、5月初旬から10月中旬まで、午前9時から午後10時35分まで、1時間に20分間、まばゆいばかりの水の演出が行われます。このショーでは、夕暮れ時から照明と音楽とともに、中央のジェットが150フィートの高さまで水を噴き上げます。 337 E. Randolph St.

にあります。

コメントする