コービー・ブライアント、通っていたであろう大学を明かす

NBA

コービー・ブライアントは高校から1996年のNBAドラフトに直行したが、もし将来の殿堂入り選手が現在のワンアンドドンのルールを守らなければならなかったら、マイク・クシジェフスキの下でプレーしていたことだろう。

日曜遅くにTwitterでどの学校に通うか尋ねられたブライアントは「デューク」と答えた。”

Duke https://t.co/RDyzJ0PMUw

– Kobe Bryant (@kobebryant) November 20, 2017

「(ディーン)スミスコーチは僕を採用するのをやめた 、」 ブライアントは続きのツイートでそう語った。 「彼は僕がプロになると思っていて、幸運を祈ってくれたんだ。 しかし、そのようなことはありません。 2シーズン後、デュークは37勝2敗で終え、ブライアントはデューク史上最も優れたチームの1つであるジュニアになることがどんなものなのか、想像を絶するものだった。

「それについて多分ない、」ブライアントはデューク大学に行くかもしれないことについて2007年に言った。

ブライアントは、2007年にデューク大学に入学する可能性について語った。「テレビをつけてキャメロンインドアスタジアムを見るたびに、クシジェフスキビルのみんなを見て、クレイジーズが激しくジャンプして、建物がほとんど揺れるのを見て、コーリーやエルトンや他のみんなとそこでプレーしたらどんな感じだっただろうと思っています」

ブライアントは結局、米国代表チームでクシジェフスキとプレーし、2008年と2012年で二つのオリンピック金メダルとなった。

コメントする