クリスティ・ヤマグチ、26年後の1992年を振り返る

冬季オリンピックシーズンが到来し(こんにちは、フィギュアスケート!)、過去の大会でのお気に入りの瞬間や選手について思い出さずにはいられなくなりました。 90年代のフィギュアスケートの思い出といえば、1994年のナンシー・ケリガンとトーニャ・ハーディングのドラマが中心ですが、クリスティ・ヤマグチも忘れることはできませんね。

Advertisement – Continue Reading Below

ライバル関係が話題になる中、クリスティはナンシーとターニャを破り、1992年にフランスのアルベールビルで行われた冬季大会で初めて金メダルを獲得しました。 26年後、彼女の優勝を振り返ったとき、チームメイトのライバル意識は、彼女の心に強く残らなかった。 その代わりに、46歳のミルクライフのスポークスマンは、米国を代表し、勝利したことが最も記憶に残っていると語っています。

1991年、フィギュアスケート世界選手権でのトーニャ・ハーディング、クリスティ・ヤマグチ、ナンシー・ケリガン。
DIETHER ENDLICHER/AP/

「金メダルを獲得したことを知り、その瞬間の感動と高揚感は、ずっと私の中に残っています」とクリスティはGoodHousekeeping.comに語っています。 また、「オープニング・セレモニーも別物です・・・。 アメリカチームの一員として発表され、自分の国の最高のアスリートと一緒に行進するのは、とても特別な瞬間です。 もちろん、92年のオリンピックに出場するのは、決して簡単なことではありませんでした。

「ほとんど毎日、学校の前と、時には放課後にスケートをやっていたよ。 寝るのはいつも7時半頃、遅くても8時頃でした。 朝、疲れているのは嫌だと思ったし、コーチはいつも私たちが起きて準備万端であることを期待していました」

Advertisement – Continue Reading Below

リンクでの長い時間のための燃料補給として、クリスティは朝食にシリアル、昼食にサンドイッチとスープ(大会当日はパスタ)、夕食に肉と野菜などを選びました。 そして、ほとんどの食事で、クリスティはいつも自分のところに2つのものを置いていました。

「私は毎晩家族と一緒に牛乳を飲んでいました…そして、アジアの家庭で育ったので、毎食米を食べていました」と、クリスティは思い出します。 「今、母親として、それは一周回って、私は娘たちが朝と夕食にたくさんの牛乳を飲んでいることを確認します」

彼女の激しいトレーニングのレジメンのために、クリスティの社会生活は少し打撃を受けた。 時々、週末にスケート仲間と遊ぶことはありましたが、ほとんどの時間は練習や休息に費やされました。

「それはトレードオフの関係だった。 私にとって、それは犠牲ではありませんでした。 それは選択だったのです」とクリスティは言う。 「大会に出て、他の国の友人と出会うことは、間違いなく良いトレードオフだと思いました」

言うまでもなく、それはそうでした。 現在、クリスティは、平昌オリンピックに初出場するフィギュアスケーターのカレン・チェンに、自分の知識とアドバイスを伝えることに興奮している。 18歳の彼女を指導するだけでなく、大会期間中、コネチカット州スタンフォードにいるチームUSAを遠くから応援することも、クリスティは楽しみにしているのだ。

Advertisement – Continue Reading Below

「スピードスケート、スノーボード、そしてマディー・ボウマン、ジョス・クリステンセン、ジェイミー・アンダーソン、リコ・ローマンといったチームミルクの多くのメンバーを見るのが楽しみでならないわ。 正直、全部好きです。」

同じく、クリスティ。 SAME!

Follow Good Housekeeping on Instagram.

をご覧ください。

コメントする