カフェインを飲むと流産のリスクが高まる?

Q: 妊娠中で、コーヒーをやめるなんて考えられないのですが、母は流産の危険があると言います。

長年にわたり、産科医は、適度なカフェイン摂取でも流産のリスクが高まると考えてきました。 実際、2008年初めに発表されたある研究では、1日にコーヒー2杯、またはカフェイン入りのソーダを5缶(どちらも約200ミリグラムのカフェインを含む)飲むと、妊婦の流産のリスクが2倍になることがわかりました。

しかし、2010年8月に産科婦人科医のアメリカの大学によってリリースされたトピックに関する既存の研究の見直しは、カフェイン入りのコーヒーや1日1カフェイン入りソフトドリンクのカップは流産や早産のリスクを上げることはありませんことがわかった。

「これは喜ばしいニュースです、」Gene Burkett, MD, 医学のマイアミのミラー大学での産科と婦人科学の教授は述べている。 「率直に言って、1日1杯のコーヒーを飲むと流産のリスクが高まるという信頼できるデータはない。 その効果は1日2杯以上飲んで初めて現れるのです」

そのカップの大きさは? こう考えてみてください。 ドリップコーヒー1杯(8オンス)には、約137ミリグラムのカフェインが含まれています(インスタントコーヒーやエスプレッソ1杯はその半分程度)。 つまり、12オンス(約3.5リットル)のカップには200mgのカフェインが含まれていることになり、これが上限となります

コメントする