ウサギのウンチのスクープ

*この記事にはアフィリエイトリンクが含まれていることがあります。 良い飼育員なら誰でも、動物のウンチがその動物の健康状態についてあらゆる重要な情報を教えてくれることを知っています。 ウサギも例外ではない。 食物連鎖の最下層に位置する動物であるため、病気を隠すのが得意なのだ。 ウサギの飼育者は、微妙な変化に注意を払う必要がある。 嫌なことかもしれませんが、ウサギ語を話せるようになるまでは、ウサギのウンチを「読む」ことは、ウサギの「具合が悪い」という言葉を聞くのと同じくらい良いことなのです。 (ウサギ語といえば、ウサギの行動の合図を読むという記事はこちら)

2種類のうんち

健康なウサギは2種類のうんちを出します。 まず、最も頻繁に出るのは、ゴミ箱にある乾いた丸い糞です(うまくいけば!)。 糞のペレットはたくさんあり、形も&大きさもかなり均一であるべきです。 ウサギ1匹につき1日に100個以上のペレットが出るのは全く正常なことです。 新鮮な時は少し柔らかいかもしれませんが、大部分はしっかりした&乾燥したものであるべきです。

2番目の種類の糞はセコトロープです。 この糞は実は糞ではなく、ウサギの健康に必要な栄養豊富な小さなパワーハウスなのです。 セコトロプはウサギの消化管の盲腸という特殊な部分で形成されます。 小腸を通過した後、消化が終わった食物は大腸に送られ、糞便ペレットとして処理されます。 未消化の食物は盲腸に送られ、そこで健康なバクテリア、酵母、微生物が大量に働いて、食物を消化できる形に分解します。

こうしてできたセコトロープは、栄養&のある微生物が凝縮した糞で、ウサギはこれを食べることになるのです。 すごく嫌な感じがすると思いますが、うさぎさんは絶対にそうは思っていませんよ。 セコトロープを食べないウサギは、やがて栄養失調になることがあります。 糞を排泄するとすぐに食べてしまう傾向があるので、糞をむしゃむしゃ食べていることに気づかないことが多いようです。 ウサギが自分の体をきれいにしているように下に手を伸ばすのを見るかもしれませんが、何かを噛んで出てくるでしょう。 ネコジャラシは柔らかく、光沢のある&濃い色をしており、ブラックベリーのように群れています。

うんちの問題

糞が出ない – あなたのウサギが何らかの糞をしなくなった場合、彼女の消化システムは、詰まっているか感染しているかのどちらかで、食べ物を処理するのをやめている可能性があります。 これは命にかかわる緊急事態です。 すぐに動物病院を受診してください。 うさぎの消化管うっ滞について詳しくはこちら

奇妙な形 – 糞便は丸い&かなり均一な大きさ(豆粒程度)であるべきです。 うさぎのうんちが急に小さくなったり、形がおかしくなったり、すごく硬くなったりした場合は、たいてい食事で繊維質を十分に摂取できていないことを意味します。 干し草を無制限に与え、冷たくて新鮮な水をたくさん与えるようにしましょう

ひも状のウンチ-特に長毛のウサギによく見られますが、毛をたくさん摂取すると、糞のペレットがネックレスのようにひも状になって出てくることがあります。 長毛のウサギを飼う場合、たまにひも状のものを見つけても気になりません(特に換毛期の場合)。 週に1回以上出てくるようなら、グルーミングの回数を増やすとよいでしょう。

過剰な糞便-健康な成うさぎでは、出てきた糞を食べるので、あまり糞便を見ることはないようです。 炭水化物や糖分の多い食事は、盲腸内のバランスを崩し、過剰に分泌されることがあります。 ペレットを無制限に与えたり、おやつを与えすぎたりすると、たいていこのような状態になります。 これは、うさぎの食事がおかしいという合図であると同時に、衛生面でも盲腸が増えすぎては困るのです。 床に落ちたり、うさぎの毛にくっついたりして、とても不潔です。 たまに見つかるのは当たり前ですが、それが当たり前になってしまってはいけません。 うさぎさんは、後々のために取っておくよりも、出たときにすぐに食べることを好むようです。 もし、うさちゃんがぽっちゃりしていて、手が全部届かないようであれば、全く食べなくなる可能性もあります。 高齢のウサギの場合、関節炎が原因である可能性もあります。 減量方法や痛み止めの薬について、獣医さんに相談してみてください。 未乾燥のセコトロープは、ウサギの栄養が不足していることを意味し、ウサギ用の囲いが臭くなったり、ウサギの毛に付着したりすることがあります。 乾燥したネコジャラシは、臭いがきついだけでなく&不快なマットの原因となり、ハエを引き寄せ、ハエストライクになる可能性があります。 水っぽかったり、ドロドロしているのは、たいてい食事に含まれる繊維質が十分でないために起こります。 干し草は無制限に与える。 ウサギ1匹につき1日1束、自分の体の大きさくらいを食べるようにします。 おやつ&ペレットを制限して、もっと干し草を食べるように促してみてもよいでしょう。 ネコジャラシが水っぽいときは、うさぎが病気や痛みを感じているサインである可能性もあります。 病気によるストレスがかかると、正常な生理反応として消化管の働きが鈍くなります。 尿路感染症、呼吸器感染症、歯の問題(ウサギの歯の手入れについてはこちらをご覧ください)

下痢-実際の下痢(通常の便が出ず水っぽい便)はウサギではかなり稀なことです。 コクシジウムやサナダムシなどの内部寄生虫のサインであることがあります。 子ウサギの場合、母親からの離乳が早すぎる(8週未満)場合に下痢を起こすことがあります。 授乳は、寄生虫から身を守るために必要な自然な抗体を提供します。 特に赤ちゃんの場合ですが、どのウサギにとっても、これは命にかかわる緊急事態です。 下痢を発見したら、すぐに動物病院に連れて行ってください。

このウンチをどうするか

捨てないで! ウサギの糞は、園芸家にとってはまさに金。 庭に加えることのできる、最も有用な&栄養価の高い動物肥料の1つです。 ウサギの堆肥は、牛や鶏のような従来の堆肥に比べて大きな利点があります。 ウサギのフンは「冷たい」肥料と考えられており、熟成させることなく、ガーデニングに直接適用できることを意味します。 牛や鶏、その他多くの家畜の糞は「高温」です。 高温の堆肥には窒素が多く含まれているため、熟成させずに施すと、柔らかい植物を文字通り焼いて枯らしてしまいます。

たとえば鶏の堆肥は、庭に施す前に少なくとも6か月間、堆肥化 & し熟成させる必要があります。 つまり、効果を得るまでに6カ月間、堆肥場の手入れをしなければならないのです。 ウサギの堆肥は、文字通りケージから取り出して庭に撒くことができます。 ウサギの糞のもう一つの利点は、ペレットが分解されるにつれて、土壌構造を改善し続け、&植物に栄養を与えるので、タイムリリース肥料のような働きをすることです。 庭のコンポスト化について詳しくはこちら

You made it! 最後に可愛いお花の写真でこのちょっとグロい投稿を終えましょう🙂

コメントする