ウォルト・ディズニー・ワールドがマーベルのテーマパークを作らない理由はここにある

カリフォルニアのディズニーランド・リゾートは、最新の拡張計画を進めている。カリフォルニア・アドベンチャー・パークに、マーベルのコミックや映画のスーパーヒーローをテーマにした土地を建設するのだ。 このプロジェクトには、小売店、地ビール工場、キャラクターのグリーティングエリアなどが含まれ、今週、許可証が承認されました。

次はオーランドのマーベルランド?

そうとも言い切れません。

長年の裁判により、ミシシッピ川以東のディズニー・テーマパークでは、クラシックなマーベルのキャラクターの大半と、マーベルの名前さえも使用されていません。

2009 年に、ディズニーは現金と株式 40 億ドルでマーベル・エンターテイメントを買収したので、フロリダ州のテーマパークには、カリフォルニアや海外でオープンするマーベルのアトラクションと同じものができると思うかもしれません。

しかし、1990 年代に起こされた訴訟により、ディズニーのオーランド・パークからマーベルが締め出され続けることになりそうです。

ディズニーがマーベルを買ったとき、それ以前にマーベルがサインオフしたライセンス権をすべて手に入れたわけではありません。 X-MENがフォックスの映画の財産のままであり、スパイダーマンがまだソニーの財産であったのは、そのためです。 そして、ディズニーがウォルト・ディズニー・ワールドでマーベルの名前やキャラクターを使用する権利を持っていないのも、それが理由です。

Universal Studios はすでにオーランドのテーマパークでマーベルの権利を確保しており、当時 Disney CEO の Bob Iger は、マーベルにロイヤルティの小切手を払い続ける限り、ユニバーサルがそれらの権利を保持することを認めていました。 そして、ユニバーサルがそのゴールデンチケットを手放す気配はないのです。

映画取引は複雑で、近年、X-MEN をマーベルの映画世界に戻すための進展がありました。 スパイダーマンは今やアベンジャーズの一員だ。

しかし、フロリダのテーマパークにはマーベルがないままである。

ユニバーサル・スタジオは、ユニバーサルのテーマパークでマーベルのキャラクターを使用するための契約を、ディズニーがブランドを買収する以前から交わしています。 その契約は、アベンジャーズ、スパイダーマン、アイアンマン、ファンタスティック・フォー、その他多数のキャラクターを含む多くのマーベル・キャラクターの権利をユニバーサルに与えるものである。 ユニバーサル・オーランドのアイランド・オブ・アドベンチャーズでは、マーベル・スーパーヒーロー・アイランドは、インクレディブル・ハルク・コースターや、3Dライド「アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン」などで、最も人気のある施設の一つとなっています。

両社とも公には確認していませんが、推測では、ディズニーとユニバーサルは、現在ユニバーサル・オーランドのアイランド・オブ・アドベンチャー内で言及されていないキャラクターをウォルト・ディズニー・ワールドのアトラクションに使用できるよう、法的理解に至ったとのことです。 そのため、ディズニーは来年オープン予定のエプコットに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のローラーコースターを建設しているのです。

もっと見る。 2019年にテーマパークに登場する新アトラクション

しかし、ウォルト・ディズニー・ワールドはまだ、テーマパークのアトラクションの宣伝にマーベルというブランド名を使うことができません。 そのため、ディズニースプリングスにはマーベルグッズを扱う店があるのですが、その名前は「Super Hero Headquarters」です。 (スター・ウォーズのグッズも売っています)

ディズニーは西海岸でマーベルのキャラクターを使うことができるので、ディズニーランドはDisney California Adventureに新しい「スーパーヒーローをテーマにした」ランドをオープンさせることができます。 その新ランドにはスパイダーマンをテーマにした乗り物が登場し、ディズニーは「没入型、インタラクティブな体験」と謳っています。

So While there be some signs of more Marvel characters showing up at Walt Disney World, don’t expect a Marvel land any time soon.

Contact Sharon Kennedy Wynne at [email protected] このレポートにはLos Angeles Timesの情報が使用されています

コメントする