アントニオ・サリエリ

Antonio Salieri 1750年8月18日、アントニオ・サリエリとその妻アンナ・マリアの間に生まれる。 兄のフランチェスコ・サリェーリ(ヴァイオリニストで作曲家のジュゼッペ・タルティーニの元生徒)から家庭教師を受け、さらにレニャーゴ大聖堂のオルガニストでジョヴァンニ・バティスタ・マルティーニ神父の弟子のジュゼッペ・シノニから指導を受けるなど、故郷のレニャーゴで音楽の学習を開始した。 サリエリは、砂糖、読書、音楽への情熱以外、子供時代のことを後年ほとんど覚えていない。 兄が祭りの日に近所の教会で演奏するバイオリン協奏曲を聴くために無断で家出したこと(その結果、大好きな砂糖を失った)、地元の神父に敬語を使わず、父に叱られたことなどが語られている。 サリエリはその叱責に対して、神父のオルガン演奏が芝居がかったものであったため、不愉快になったと語っている。 1763年から1764年にかけて、サリエリは両親を亡くし、パドヴァの修道士である匿名の兄に一時引き取られ、その後1765年か1766年に理由は不明だが、ベネチアの有力貴族モチェニーゴ一族のジョヴァンニ・モチェニーゴ(このジョヴァンニが何者かはこの時不明)に預けられることになった。 サリエリの父とモチェニーゴは友人か仕事仲間であった可能性があるが、これは不明である。 ヴェネツィアに住んでいたサリエリは、オルガン奏者でオペラ作曲家のジョヴァンニ・バティスタ・ペシェッティに音楽の勉強を続け、ペシェッティの急死後はオペラ歌手のフェルディナンド・パシーニ(またはパッシーニ)に師事した。 パシーニを通じて作曲家フロリアン・レオポルド・ガスマンの目に留まり、彼は弟子の才能に感銘を受け、少年の将来を案じて、若い孤児をウィーンに連れて行き、サリエリの音楽教育の残りを自ら指導し、費用を負担した

Salieri and Gassmann arrived in Vienna on 15 June 1766. ガスマンはまずサリエリをイタリアの教会に連れて行き、彼の教育と奉仕を神に奉献した。この出来事は、その後のサリエリに深い印象を残した。 サリエリは、ドン・ピエトロ・トンマシ神父からラテン語とイタリア語の詩の指導を受け、ドイツ語、ヨーロッパ文学の指導を受けた。 音楽は、声楽とサラバを中心に学んだ。 和声や対位法などの音楽理論は、ヨハン・フックスの『グラドゥス・アド・パルナッスム』に基づき、サリエリはラテン語のレッスンのたびにそれを翻訳していた。 その結果、サリエリはガスマンの結婚後も同居を続け、その関係はガスマンが亡くなる年、そしてサリエリ自身が結婚する1774年まで続いた。 この時期のサリエリの作曲はほとんど残っていない。 サリエリは老年になってから、これらの作品は意図的に破壊されたか、あるいは教会のためのいくつかの作品を除いて失われてしまったとほのめかした。 これらの聖なる作品の中には、1767年8月2日に書かれた、「グローリア」なしのアンティーク・アカペラ形式のハ長調ミサ曲(おそらく教会の悔悛の季節のひとつに書かれたもの)が残されている。 また、1769年に作曲された(おそらく研究の集大成としての)オペラ「ラ・ヴェスターレ」全曲も失われている。

1766年から、ガスマンは皇帝ヨーゼフ2世の晩餐会で毎日行われていた室内楽演奏会にサリエリを紹介し始めた。 サリエリはすぐに皇帝に気に入られ、ガスマンは弟子を何度でも連れてくるように指示された。 これが、1790年にヨーゼフが亡くなるまで続いた、君主と音楽家の関係の始まりであった。 サリエリはこの時期、メタスタシオとして知られるピエトロ・アントニオ・ドメニコ・トラパッシやクリストフ・ウィリバルト・グルックと、マルティネス家で日曜朝に開かれていたサロンで出会っている。 メタスタシオはそこにアパートを借りて、毎週この集まりに参加していた。 その後数年間、メタスタシオはサリエリに韻律とイタリア詩の朗読を非公式に教え、グルックは非公式な助言者、友人、腹心の友となった。 このような長期間の勉強の末に、ガスマンが新しいオペラの依頼で呼び出され、劇場のプログラムに空きができたため、サリエリは完全にオリジナルなオペラ・ブッファの作曲家としてデビューすることができたのである。 1770年の冬とカーニバルの季節に作曲されたサリエリの最初のオペラ《Le donne letterate》は、モリエールの《Les Femmes Savantes》をもとに、作曲家ルイジ・ボッケリーニの弟で宮廷バレエのダンサーだったジョヴァンニ・ガストーネ・ボッケリーニの台本で書かれたものであった。

初期のウィーン時代とオペラ(1770-1778)編集

『女人禁制』の成功を受けて、サリエリは1770年に新たに二つのオペラ(いずれもジョヴァンニ・ボッケリーニのリブレット)の作曲依頼を受けることになる。 1曲目は牧歌的なオペラ「無垢の愛」で、オーストリアの山岳地帯を舞台にした軽快な喜劇であった。 2作目は、ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』のエピソード「カマーチョの結婚でのドン・キホーテ」を題材にしたものである。 サリエリは、これらの最初の作品において、主に世紀半ばのオペラ・ブッファの伝統に基づきながら、特定のオペラ・ジャンルの既成の特徴を混ぜ合わせる実験的な傾向を示している。 ドン・チシオット》はバレエとオペラ・ブッファをミックスした作品であり、《ラモーレ・イノセント》の主役の女性は、ソプラノのためのオペラ作曲の異なる伝統を対比して強調するようにデザインされており、ローマのインテルメッツォに近い短い田園喜劇でありながら、コロラチュラの使用にはオペラ・セリアの様式的華麗さも借りていたのである。 また、最初のオペラと同様に、プロットの題材を選ぶ際にも、古典劇や文学に生涯にわたって関心を持ち続けたことがうかがえる。

サリエリの最初の大きな成功は、本格的なオペラの分野でのものだった。 1771年6月2日に初演された『アルミーダ』は、タッソの叙事詩『解放されたエルサレム』を題材にしたもので、何の依頼かわからないが、サリエリの最初の大成功作となった。 アルミーダ》は、愛と義理の対立を描いた物語で、魔法に彩られた作品である。 第一回十字軍を舞台に、バレエ、アリア、アンサンブル、合唱がドラマチックに展開し、演劇性、舞台の豪華さ、高い情緒性が融合したオペラである。 オルフェオとエウリディーチェ』『アルチェステ』から始まったグルックの本格的なオペラ改革を明確に受け継いだ作品である。 アルミーダの台本は、帝室劇場の館内詩人であったマルコ・コルテッリーニが担当した。 サリエリは、グルックとその脚本家ラニエリ・デ・カルザビージが『アルチェステ』の序文で示した教訓を守りながらも、伝統的なオペラ・セリア、さらにはオペラ・ブッファの音楽的アイデアも取り入れ、新しい総合的な作品を作り上げた。 アルミーダ》はドイツ語に翻訳され、北ドイツを中心に広く上演され、サリエリの重要かつ革新的な近代作曲家としての名声を確立するのに役立った。 1783年にカール・フリードリッヒ・クラーマーがピアノと声楽のためのリダクションを行い、本格的に準備した最初のオペラでもある。

アルミーダに続いて、サリエリが初めて本格的に成功したのは、カルロ・ゴルドーニ風のコメディア・ペル・ムジカ「ヴェネツィアの博覧会(La fiera di Venezia)」である。 この曲は1772年のカーニバルのために書かれ、1月29日に初演された。 サリエリはここで、若き日のジョヴァンニ・ボッケリーニとの共同作業に戻り、独自のプロットを作り上げた。 3カ国語で歌う登場人物、昇天祭の縁日とヴェネツィアのカーニバルの賑やかさ、大編成で長大なアンサンブルと合唱が特徴的な「ラ・フィーエ」。 また、舞台上の踊りと独唱・合唱を組み合わせた斬新な場面もあった。 これは後の作曲家が模倣したもので、特にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが『ドン・ジョヴァンニ』で成功させたのは有名な話だ。 また、サリエリは中流階級の人物を演じるソプラノのために、コロラトゥーラと協奏的な木管ソロを組み合わせた華麗なアリアをいくつか書いているが、これもコミックオペラとしては革新的であり、広く模倣された

次の二つのオペラは特に成功したわけでも、長く続いたわけでもなかった。 ラ・セッキア・ラピタ(盗まれたバケツ)」は、メタスタシアンのオペラ・セリアに見られる高揚した情感のアリアをパロディ化したものである。 また、3台のティンパニが初めて使われるなど、革新的なオーケストレーションが盛り込まれている。 ボッケリーニのリブレットは、ルネサンス文学の古典を題材にしたもので、バケツの盗難をきっかけにモデナとボローニャの間で戦争が起こるというタッソーニの滑稽な模倣劇が描かれている。 1538>

サリエリの数少ない器楽曲の大半もこの時期のものである。 サリエリの器楽作品は、様々な批評家や学者によって、舞台のための作曲に見られるようなインスピレーションや革新性に欠けると判断されている。 これらの管弦楽曲は主にガラント様式で、後期古典派への発展が見られるものの、同時期やそれ以降のオペラ作品と比べると、全体的に弱々しい印象を与える。 これらの作品は、ほとんど無名の機会や芸術家のために書かれたものである。 ピアノフォルテのための協奏曲ハ長調と変ロ長調(ともに1773年)、オルガン協奏曲ハ長調2楽章(中間楽章は自筆譜では欠落、あるいは即興のオルガンソロか)(同じく1773年)、協奏曲2作品、オーボエ、ヴァイオリン、チェロの協奏曲ニ長調(1770年)と、フルートとオーボエの協奏曲ハ長調(1774年)である。 1538>

1月21日、数年前に起きた馬車の事故が原因と思われるガスマンの死後、サリエリは1774年初頭、彼の後任としてイタリア・オペラの副監督に就任した。 1775年10月10日、サリエリは、最近亡くなった宮廷財政官の娘、テレーズ・ヘルファーシュトルファーと結婚した。 この時期、聖歌は優先されなかったが、1774年に合唱とオーケストラのための「アレルヤ」を作曲した。 この間に書かれた3つのオペラ全集は、彼の作曲能力の発達を示すものではあるが、商業的にも芸術的にも大きな成功を収めることはなかった。 1776年夏に上演された交響曲ニ長調と、1776年7月に上演されたメタスタシオのテキストによるオラトリオ《ゲス・クリストの受難》が、この時期の彼の最も重要な作品である

1777年に財政難からイタリアのオペラ団が破綻すると、ヨーゼフ2世はイタリアオペラ、フランスの口語劇、バレエの公演を廃止する決定を下した。 その代わり、宮廷所有の2つの劇場は、新たな経営のもと、朝廷の一部助成を受けて、新国立劇場として再開されることになった。 この劇場では、オーストリア(あるいはヨーゼフ2世)のドイツの価値観、伝統、考え方を反映したドイツ語の演劇や音楽が上演されることになる。 そのため、イタリアのオペラ・ブッファ団に代わって、ドイツ語の歌劇団が設立された。 ヨーゼフをはじめとする帝政改革の支持者たちは、多言語・多民族の国民を一つの共通語のもとにまとめる汎国民的な誇りを奨励し、その過程でかなりの額の経費を節約しようと考えていたのである。 1778年から、皇帝はドイツ語による新しい作品を、皇帝の明確な支持のもとに、自らの臣民が作曲し、舞台で上演することを望んだ。 そのため、サリエリの宮廷作曲家助手としての役割は、事実上、かなり縮小されたものとなっていた。 また、サリエリはドイツ語をマスターしていなかったので、オペラ監督助手を続けるにはもう力不足だと感じていた。 さらに、口語劇と音楽の歌劇が同等に扱われるようになったことも、サリエリのキャリアに大きな打撃を与えた。 若い作曲家にとって、宮廷から新たな作曲の依頼を受けることは、ほとんどないだろう。 1538>

イタリア公演(1778-1780)編集

1778年、グルックはミラノ・スカラ座の開場記念オペラ作曲の依頼を断り、その翌年にはミラノ・スカラ座の開場記念オペラ作曲の依頼を受けた。 ヨーゼフ2世の提案とグルックの許可を得て、サリエリが作曲を依頼され、快く引き受けた。 ヨーゼフ2世はサリエリに1年間の休暇を与え(後に延長)、スカラ座のために作曲し、イタリアを旅行することを許した。 1778年から80年にかけてのサリエリのイタリア公演は、スカラ座のための《エウロペ・リコノシウタ》(2004年、同歌劇場の大改修後の再オープン時に再演)の上演から始まった。 ミラノからベニス、ローマを経てミラノに戻った。 この間、3つの新作喜歌劇を書き、ジャコモ・ルストとは1つのオペラ《タリスマン》を共同制作している。 1538>

ウィーン中期とパリ・オペラ(1780-1788)編集

1780年に帝国の要請でウィーンに戻ったサリエリは、ドイツ歌劇『煙突掃除人』を作曲し、1781年に初演された。 サリエリの『煙突掃除人』と、1782年に同じ劇団のために書いたモーツァルトの『後宮からの誘拐』は、ドイツ歌劇の実験から生まれた唯一の大きな成功であり、モーツァルトのオペラだけが18世紀の終わりまで舞台で存続したのである。 1783年、イタリア・オペラ・カンパニーは、サリエリがイタリア旅行中に選んだ歌手たちによって復活し、新しいシーズンは、サリエリの最近の成功作である「ゲロシの学校」を少し作り直したもので幕を開けた。 その後、サリエリはリハーサル、作曲、指導の仕事に復帰した。 しかし、ウィーンの自宅での生活はすぐに終わり、グルックの後援でパリのためのオペラを書く機会が訪れた。 1538>

オペラ『ダナイード』は、5幕からなる叙情詩的な作品である。 筋書きは古代ギリシャの伝説が元になっており、その伝説をもとにエスキロスの三部作の第一作目『扶養家族』が作られた。 1783年から84年にかけてサリエリが受けた最初の依頼は、ほぼ完成していたパリのための作品を完成させるためにグルックを手伝うというものだった。 グルックは、喜歌劇で知られる若い作曲家のオペラをパリの批評家が非難することを恐れ、当初はグルックの新作でサリエリの助力を得たと報道され、初演直前にパリの新聞は、一部グルック、一部サリエリの作品と報道し、最後に舞台で人気と評判が出た後、グルックが大衆向けの手紙の中で、オペラはすべて若いサリエリの作品と認めている。 レ・ダナイード』は大好評を博し、観客や批評家からも好評を博したため、サリエリはパリの観客のために新しい作品をいくつか依頼された。 1760年代にグルックが始め、サリエリがオペラ『アルミーダ』で模倣した改革の伝統を受け継ぐ作品である。 サリエリの最初のフランス・オペラには、厳粛さと祝祭のシーンがあるが、その影には闇と復讐がある。 政治的な動機による殺人、親孝行と愛の葛藤、暴虐の限りを尽くし、最後には永遠の天罰が待っている。 暗い序曲、豪華な合唱、多くのバレエ・シーン、地獄の拷問を垣間見るような衝撃的なフィナーレなど、このオペラは40年以上にわたってパリの舞台に立ち続けられたのである。 1538>

パリでの成功の後、ウィーンに戻ったサリエリは、ロレンツォ・ダ・ポンテと出会い親しくなり、モーツァルトと初めて仕事上の出会いを果たした。 ダ・ポンテは1784年にサリエリのために初めてオペラの台本を書き、『一攫千金』を完成させたが、これは成功しなかった。 サリエリは次にジャンバティスタ・カスティをリブレットとして起用し、このコンビからより成功した共同作業が生まれた。 一方、ダ・ポンテはモーツァルトと『フィガロの結婚』の共同制作を始めた。 1785年、サリエリはカスティのテキストで彼の最高傑作のひとつである『トロフォニウスの洞窟』を作曲した。これはアルタリア社から初めてフルスコアで出版されたオペラ・ブッファである。 この成功のすぐ後、ヨーゼフ2世はモーツァルトとサリエリにそれぞれ1幕のオペラや歌劇を提出させ、1786年の宴会で上演することにした。 サリエリはカスティと共同で、詩人と作曲家の関係をパロディ化した「Prima la musica e poi le parole(まず音楽、そして言葉)」を作曲した。 この短い作品では、高慢な2人のソプラノ歌手が舞台裏で繰り広げる典型的なおふざけも紹介されている。 その後、サリエリはパリに戻り、叙情的な悲劇『ホラッチョ』を初演するが、これは失敗に終わり、ボーマルシェの台本による次のパリ・オペラ『タラレ』で埋め合わせをすることになる。 この作品は、18世紀のワーグナーの理想を先取りした、詩と音楽の全く新しい融合であり、改革オペラのネク・プラス・ウルトラとなることを目指したものであった。 また、サリエリは聖なるカンタータ『最後の審判』(Le Jugement dernier)を作曲している。 1538>

後期ウィーン・オペラ(1788-1804)編集

1788年、サリエリはウィーンに戻り、生涯をここで過ごすことになった。 その年、ジュゼッペ・ボンノの死去に伴い帝国礼拝堂のカペルマイスターとなり、死の直前まで礼拝堂に付随する音楽と音楽学校を運営し、1824年に正式に引退した。 1824年、亡命したポルトガル王室とともに南米に渡り、ヨーロッパ全土で広く制作された。 1792年までに完成した『アクサー』とその他の新曲は、サリエリの人気と影響力の絶頂期を示すものであった。 しかし、1790年にヨーゼフ2世が死去すると、サリエリの名声は国外にとどまることなく、ウィーンでの影響力も弱まり始める。 ヨーゼフ2世の死は、サリエリにとって最大の後援者、庇護者を奪うことになった。 ウィーンでは皇帝が変わり、フランスでは革命が起こったこの時期に、サリエリはジョヴァンニ・カスティの台本による極めて斬新な音楽劇をさらに2作作曲した。 しかし、その風刺的であからさまに自由主義的な政治的傾向から、レオポルド2世や後のフランチェスコ2世の政治的反動的な文化の中で、2つのオペラは公開上演に適さないものとされた。 その結果、彼の最も独創的なオペラのうち、ロシアのツァリーナ、エカテリーナ大王の宮廷における独裁と陰謀を風刺した『韃靼のクブライ大王』と、キケロの執政時代にローマ共和国を転覆させようとしたカティリーナの陰謀を描いた半笑い・半悲劇『カティーナ』の2作品は彼の引き出しの中に追いやられてしまったのである。 これらのオペラは、それぞれ1787年と1792年に作曲された。 1787年と1792年に作曲されたこれらのオペラは、それぞれ1787年と1792年に作曲されたもので、その他にも、あまり成功せず長期的に重要でなかった2つのオペラと、大きな人気を博した『暗号』がある。

サリエリのオペラ《ペルシャ王女、パルミラ》序曲

サリエリの政治的地位が安定しなくなり、1792年にイタリアオペラ監督として引退させられることになった。 しかし、1804年に自ら舞台から退くまで、勅命を受けて新しいオペラを書き続けた。 晩年の舞台作品では、『アクサー』で確立した英雄的でエキゾチックな成功をもとに、『パルミラ、ペルシャの女王』(1795)と『ファルマクーサのカエサル』の2作だけが広く大衆に支持されることになった。 ウィリアム・シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』を題材にした晩年のオペラ『ファルスタッフ ossia Le tre burle』(1799)は、当初の評判以上に現代に幅広い聴衆を獲得している。 ゲオルク・フリードリヒ・トライチュケ(ベートーヴェンの『フィデリオ』の台本を書いた人)のテキストで、植民地時代のヴァージニアを舞台にしたメロドラマである。

オペラ後の人生(1804-1825)編集

舞台から引退したサリエリは、芸術様式が変化したことを認識し、自分にはもはや適応する創造力も続ける精神的欲求もないと感じていた。 また、ヨーゼフ2世時代の啓蒙的な改革や、フランス革命で期待された改革が、より過激な革命思想に取って代わられるのを見て、サリエリは年齢とともに、より自由な政治姿勢から徐々に遠ざかっていった。 政治的状況がオーストリアを脅かし、ついにはフランスの政治勢力に何度も押しつぶされるようになると、サリエリの最初の、そして最も重要な伝記作家イグナツ・フォン・モーゼルは、この政治、社会、文化の激変が作曲家に与えた感情的影響を記述している。 モーゼルは、こうした激変、特にオーストリアの侵攻と敗退、ウィーンの占領が、同時期にサリエリを襲った個人的な損失と絡み合って、オペラ活動から撤退することになったと述べている。 モーゼルは、ベートーヴェンの時代に起こった音楽趣味の急激な変化について、「その頃から、音楽趣味が自分の時代とは全く逆の形で徐々に変化していることに気づいた」と述べている。 1538>

帝国礼拝堂での指導と仕事を続けるうちに、彼の職務は多くの聖なる作品の作曲を必要とし、晩年、サリエリはほとんど宗教作品と指導に専念することになった。 礼拝堂のために書かれた作品には、2つのヴェスパーの全曲、多くの漸進曲、オファートリー、4つの管弦楽ミサがある。 1808年3月18日、ハイドンの『天地創造』を演奏中にハイドンが倒れ、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番、第2番、ウェリントンの勝利などの初演を行うなど、サリエリは公的な指揮活動を続けた。

この時期に残された世俗的な作品は、愛国的なテーマや国際的な政治状況に対応して書かれた大規模なカンタータとオラトリオ「ハプスブルク」、声楽の生徒を助けるために書かれた教育的作品、そして最後に家庭娯楽として書かれた簡単な歌、回章、カノン、多くは作曲者のオリジナル詩によるもの、の3つに分類される。 また、1815年には、後期古典派のオーケストレーションの研究として、大規模な器楽曲を1曲作曲している。 ラ・フォリア・ディ・スパーニャ」という主題によるオーケストラのための26の変奏曲である。 この主題は民謡に由来するものと思われ、「ラ・フォリア」と呼ばれている。 この単純な旋律と和声の進行は、多くのバロックの作曲家にインスピレーションを与え、後のロマン派、ポスト・ロマン派の作曲家にも使われることになった。 サリエリが作曲したこの曲は、短調の陰鬱な作品で、原曲の旋律から離れることはほとんどなく、オーケストラの色彩を巧みに、かつ多様に扱っていることが大きな特徴である。 ラ・フォリア」は、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」以前の最も記念碑的な管弦楽変奏曲集である。

彼は新進の若い音楽家の指導を続け、作曲(通常は声楽)の弟子にはルートヴィヒ・ファン・ベートーベンやアントニオ・カシミール・カルテリエリ、リスト、フランツ・シューベルトなどがいる。 参照 音楽家の師匠別弟子リスト R〜S#アントニオ・サリエリ また、カテリーナ・カンツィをはじめ、長いキャリアを通じて多くの著名な歌手を指導した。 1538>

サリエリは医療に専念し、最後の1年半は認知症を患った。 1825年5月7日にウィーンで74歳で亡くなり、5月10日にマッツラインスドルファー・フリードホーフに埋葬された。 1825年6月22日の追悼式では、1804年に作曲された自作の「レクイエム ハ短調」が初めて演奏された。 その後、彼の遺骨はゼントラルフリードホーフに移された。 彼の記念碑には、弟子のヨーゼフ・ヴァイグルが書いた詩が飾られている:

Ruh sanft! Vom Staub entblößt,
Wird Dir die Ewigkeit erblühen.
Ruh sanft! In ew’gen Harmonien
Ist nun Dein Geist gelöst.
Er sprach sich in zaubervollen Tönen.
Jetzt schwebt er hin to unvergänglich Schönen.

Rest in peace! 塵に覆われず
永遠はあなたのために咲くだろう。
安らかに眠りたまえ!
Your spirit is now set free.
It expressed itself in enchanting notes.
Now it is floating to everlasting beauty.

Your spirit is free.
In eternal harmonies.
Your spirit is now set free.
Your spirit is free.
Industaining in the world.

コメントする